同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > リベンジならず、大体大に敗北:バスケットボール部
関西学生体操選手権大会新体操の部
王座奪還!悲願のインカレ優勝!
届いた表彰台
主将セレクション「スキー部」
主将セレクション「日本拳法部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年3月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リベンジならず、大体大に敗北:バスケットボール部
2016/09/11 HEAD LINE NEWS

関西学生バスケットボール選手権大会 (2016年9月11日)

911日に大阪経済大学にて行われた関西学生バスケットボール選手権大会6日目、対大体大。前半は流れを引き寄せた同志社だったが後半、相手のペースに飲まれ同志社60-68大体大で敗北。2連勝はならなかった。



試合開始のブザーが鳴る。



昨年のリーグ戦、そして今年の全関でも打ち破ることができなかった相手、大体大。勝ってリベンジを果たしたいところ。スターティングメンバーは、岩坪(政策3)、村井(スポ2)、柳原(文情2)、古村(1)、田邉(1)。試合開始後すぐに相手に先制を許すも村井のシュート、岩坪のスリーで積極的に攻める同志社。ディフェンスもちゃんとできており、相手に隙を見せない。中盤、ファウルを連続し相手にフリースローのチャンスを与えてしまうが下田(2)のシュートで勢いがつく。残り1分で下田がシュートを決め、21-165点差で第1Qを終えた。第2Q、交代で入った野見(2)が相手のボールをカットしそのまま村井がスリーを決めるなど、チームプレーができていた。一時は9点差まで広げるもチームファウルが重なり4点差まで追いつかれる。後半、田邉のリバウンドからの得点が多く35-28で終了。



前半、下田の活躍に笑顔を見せる選手たち。



7点差で始まった後半戦、第3Q。序盤は古村、柳原のシュートで11点まで差を広げるが相手のスリーが決まりついに同点に追いつかれてしまう。残り10秒で古村が得点し55-51で第3Qを終える。4点差で迎えた第4Q。開始後すぐに連続得点され同点。オフェンスリバウンドがなかなか取れず、相手のスリーにつながってしまう。ここからシュートが入らなくなり、ついに逆転される(55-58)。後半、相手のミスが多くフリーのチャンスが与えられるが肝心なところでなかなか入らない。流れは変わらず相手のペースのまま試合が終了(60-68)



この試合、活躍を見せた野見(法2)



昨年のリベンジを果たせなかった同志社。さらにリーグ戦通算成績15敗となってしまった。残る戦いは大院大、京産大、関大の3試合。「残り3つは必ず勝つ」(尾前監督)と気合は十分だ。残りの試合、勝・勝・勝で彼らの底力を見せてくれることに期待したい。(畠中美空)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について