同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 山岸連日の大活躍!近大に2連勝:硬式野球部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
山岸連日の大活躍!近大に2連勝:硬式野球部
2016/09/11 HEAD LINE NEWS
近大000002000-----230
同志社000021000-----380

関西学生野球連盟秋季リーグ戦 (2016年9月4日)

9月4日、わかさスタジアム京都で行われた関西学生野球連盟秋季リーグ戦第1節対近大2回戦。福原(政策2)の2点タイムリー、山岸(法3)の2戦連続となる勝ち越しタイムリーで勝利。開幕節を2連勝で飾り、今季最初の勝ち点を手にした。



2戦目の先発は1回戦でもリリーフでの登板を果たした平尾奎(法4)。2回に二者連続死球でピンチを招くも、味方の好守にも助けられホームを踏ませない。その後はストライク先行でテンポよく投げ込み5回まで近大打線をノーヒットに抑える快投を見せた。



應援團不在のため選手たちがスタンドで声をからした


5回までをノーヒットに抑えた平尾奎



ニューヒーローのバットから先制点が生まれた。5回裏、白水(スポ4)、山岸の安打などで2死満塁とこの日最大のチャンスをつくる。打席に入るのはこの試合1番として出場する福原。「期待に応えたかった。どんな球が来ても初球から振っていこうと」、言葉通り初球のストレートを引っ張ると打球はサードの頭を越え先制の2点タイムリーヒットに(2-0)。左ピッチャー限定、「代役」のリードオフマンが最高の場面で結果を残して見せた。



先制の2点タイムリーを含む2安打3出塁と大活躍の福原



二塁走者・西田悠(社3)もホームイン



しかし、いい流れが続かない。1死からヒットで出塁を許し、2死二塁。ノーヒットが途切れ嫌な流れをつくらないためにも後続を断ちたいところだが、「自分の配球ミス」(山岸)。二者連続でタイムリーツーベースを浴び同点に追いつかれる(2-2)。



チームを救ったのはまたもこの男だった。先頭・竹中(商3)が今季初ヒットで出塁すると白水、平山(社3)がつなぎ2死満塁のチャンス。ここで1回戦で2本のタイムリーを放つなど大当たりの山岸が打席に入る。「自分の配球ミスで点を取られたので、ここで打って取り返そうと」。フルカウントから7球目のスライダーにバットを出すと打球はレフトの前へ。恐怖の8番打者の連日の活躍で貴重な1点をもぎ取った(3-2)。



1回戦に続く3出塁と好調を維持する白水


先日に続いて勝ち越しタイムリーを放った山岸



1点を勝ち越した同志社は継投策に入る。2番手としてマウンドに上がるのは平尾拓(経3)。1回戦のリリーフ失敗を引きずらず凡打を築いていく。8回2死、1回戦で逆転本塁打を放った竹村を打席に迎えたところでピッチャーは福島(法2)にスイッチ。この日もタイムリーツーベースを放っている難敵だが、「相手チームで一番振れているバッターだったので、抑えられたら流れを持っていける」(福島)。竹村をサードゴロに打ち取ると9回も3人で抑えゲームセット。3投手によるリレーで逃げ切りに成功した。



1回戦に続き1点差ゲームを制し、2連勝を飾った。1回戦では土壇場からの逆転劇、この日は追いつかれた直後の勝ち越し。春以上の勝負強さで接戦をものにしている。どんな状況になっても相手に食らいつく粘り強さは、まさにチームのスローガンを体現している。



7回から好リリーフを見せた平尾拓

一人も走者を出さず試合を締めた福島


「春に負けているし、何とか勝ち点を取りたい」(白水)。2節目の相手は昨季、唯一負け越している関大。2試合ともに逆転負けを喫するなど、V逸の大きな原因となった1戦だ。10勝でのリーグ制覇のためにも、ここで勝ち点を逃すわけにはいかない。悲願への第一関門で、春との違いを証明して見せる。(吉田 諒)



▼コメント
#1白水
(開幕2連勝ーー)
今日勝たないと昨日勝った意味がなくなるから勝ててよかった。
(次節に向けてーー)
春負けてるんで何とか勝ち点を取らないといけない。まだ10勝のうち2勝。一つ一つ勝っていきたい。

#18平尾奎
(2戦目のマウンドに緊張はーー)
元々言われていたし、緊張はなかった。オープン戦では立ち上がりを抑えたあとに点を取られがちだったので、2、3回と抑えられたのでよかった。6回に打たれたのは相手のレベルが高かった。
(5回までノーヒットも6回で降板ーー)
やっぱり物足りない。でもその裏に点を取ってくれて勝ち投手になった。信頼できる二人が後ろにいるので、抑えてくれると信じていた。
(昨日、今日の投手陣ーー)
上出来。昨日の(平尾)拓のあとの松井もだし、後輩が抑えてくれる。自分もやらないとという相乗効果が生まれるので、みんなでさらに状態をあげていきたい。
(開幕節で勝ち点を取れたーー)
春の関大戦の2連敗がなければというのがあった。いいスタートがきれたのでのっていくしかない。

#6京田
(緊急出場となったがーー)
いつでも行ける準備はしてきたのでやってきたことやるだけやなと思いました。井手はずっと調子悪くて打ててなかったのでそれでも皆頑張って勝てたので大丈夫やと思ってました。緊張してたので自分を奮い立たせるためにも声出しとこうかなーと。
(今後の出場についてーー)
今までと同じか、井手がダメなら最初からもあると思う。今更できることが多くなったりはしないと思うので自分ができることをしっかりやりたい。
(今後に向けてーー)
勝ち点5で優勝するのが最大の目標。今節でも1点差をものにして強くなった。どんどん勝っていきたい。

#3平山
(開幕2連勝、チームの調子はーー)
でかい。良いと思う。ピッチャーが安定しているから、試合がまとまっている。
(逆に今の課題はーー)
先制点を取れているところは大きいけど、追加点がなかなか入らないところ。打線の繋がりが甘い。
(今日2安打、打撃の調子はーー)
調子はオープン戦の頃からそんなに良くない。スイング自体は悪くないと思うけど、良い当たりがヒットにならない事もあるし、運もあるかな。
(今後に向けてーー)
春では負けている。ピッチャーが良いから、厳しい試合になるとは思うけど、守り勝ちたい。そして要所で点が取れるように、打撃力をあげたい。

#2山岸
(今日の試合を振り返ってーー)
福原のおかげで2点先制できたんですけど、自分の配球ミスですぐに点を取られてしまった。その後、チャンスが回ってきて、ここで打って取り返したろうと思って、打てて、守り切って、勝てて良かったです。
(昨日に引き続き勝ち越しタイムリーヒットーー)
よっしゃー!って感じなんですけど、自分の配球ミスで2点とられてしまっていたので、ほっとした気持ちの方が大きかったです。真っ直ぐを狙っていたけど、スライダーを打ちました。
(ピッチャー陣の調子はーー)
みんなよかったです。完封できた試合だったなぁと思いました。自分のミスで点を取られてしまったので奎太(平尾)さんには申し訳ない気持ちが強いです。
(次節に向けてーー)
春に唯一勝ち点を許している関大が相手なので、毎節毎節気合いを入れていますが、ここが山場だと思って、必死のパッチで頑張ります。

#11福島
(リリーフとして出場はーー)
昨日みたいな展開にしたいとは聞いていて、もうちょっと後からの登板だと思っていましたね。でも、準備はしてたんで大丈夫でした。
(登板直後、昨日ホームランを打った竹村との対戦ーー)
相手チームで一番振れているバッターだったので、8回裏で抑えられたら流れを持っていけると思っていました。
(次節に向けてーー)
春は自分のせいで勝ち点を落としてしまったので、借りを返さないといけないといけないという思いはあります。絶対負けられないので、自分はどんな形でもチームが勝てるようなピッチングがしたいです。

#35福原
(先制タイムリーヒットーー)
どんな球が来ても初球から振って行こうと。球種は関係無い。ストレートの真ん中の外角を引っ張った。嬉しかったし、期待に応えたかった。
(今季に向けての取り組みーー)
色んなパターンでの出場が考えられる。どの投手にでも対応できるようにしたい。


▼スターティングメンバー
1...(左)福原...政策2
2...(二)大西...商4
3...(一)竹中…商3
4...(三)井手...スポ4
5...(中)白水...スポ4
6...(遊)平山...社3
7...(右)西田悠...社3
8...(捕)山岸…法3
9...(投)平尾奎…法4

▼バッテリー
同志社...平尾奎、平尾拓、福島ー山岸
近大...岡田、坂口、横山ー山野
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について