同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > ”歴史的大事件”の再現ならず…阪南大に逆転負け:サッカー部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
”歴史的大事件”の再現ならず…阪南大に逆転負け:サッカー部
2016/09/15 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカーリーグ (2016年9月14日)

914日にヤンマーフィールド長居で行われた関西学生サッカーリーグ後期第2vs阪南大。同志社は2-3で敗れた。



誰もが目を疑う光景だった。前期リーグ第1vs阪南大。MF鶴崎光とFW岡村悠矢の得点で、昇格組が昨季インカレ2位チームを2-0で破る大番狂わせを演じてみせた。そこから5カ月、開幕戦のジャイアントキリングは同志社にとってここまで今季唯一の勝利となった。あの日、後期の同カードまで勝ち点3を積み上げることができないとは誰も予想できなかったはずだ。開幕戦とは異なる意味で、信じがたい現状。主力の負傷離脱が相次ぐ中、今回は鶴崎も岡村もピッチにはいない。それでも、あの日と同じ勝ち点3が必要だった。



DF5奥野滉平


DF2吉村弦



前節からのメンバー変更は2人。左サイドハーフには前節初得点のMF川本紘平、左サイドバックには守備力の高いDF奥野滉平を起用。前節の関学大戦で狙われ、今節も望月慎之監督が「右の14番と10番には要注意」とポイントに挙げる左サイドの修正を目指した。中3日とタイトなスケジュールながら、カウンターのリスクマネジメントも確認。前節の後半はカウンターからピンチを招いただけに、攻撃時の後ろのバランスを意識した。



MF23川本紘平



試合は序盤からリーグ首位を走る阪南大のペース。絶対的司令塔のMF重廣卓也を欠いても、彼の不在を感じさせない中盤のパス回しからリズムをつかんだ。逆に同志社は阪南大守備陣を前に、アタッキングサードに入ることさえほとんど許されなかった。MF安井修平とDF吉村弦のコンビネーションで右サイドを崩すシーンは何度かあったが、前線には空中戦に強い選手がおらず、クロスは無意味なものとなった。試合が動いたのは36分、エリア中央で阪南大FW山口一真がボールをキープ。この動きに同志社守備陣が寄ってしまい、横でフリーになったFW草野侑己に先制点を献上した。



このプレーで安井がPKを獲得


PKを決める松井


得点後喜ぶ松井


喜ぶ選手たち



ビハインドを負って迎えた後半だったが、「前半は最少失点で抑えられた」(松井修平主将)と、13本ものシュートを浴びながら1失点に抑えた前半を、選手たちはポジティブに捉えた。56分にFW竹田そらを投入し、前線にターゲットが生まれると、前線でボールをつなぐ回数は一気に増えた。59分、エリア内で安井がファールを受けてPKを獲得。これを松井が落ち着いて決めて同点。流れを変えた同志社は、ピッチを横に大きく使い、サイドを生かすシーンが増えた。68分、松井が左の川本に展開、DF1人かわしてクロスを上げると、途中出場の竹田が頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。ルーキーの公式戦初ゴールで、試合をひっくり返すことに成功した。蘇る開幕戦の記憶、5カ月ぶりの勝利はすぐそこまで近づいていた。だが喜びも束の間、83分と86分に連続失点で阪南大が再逆転。勝利どころか、勝ち点1を奪うことさえ叶わなかった。



得点後ガッツポーズの竹田


ベンチへと走っていった


歓喜に沸く同志社スタンド



上位チームとの連戦は2連敗に終わったものの、2試合とも復調をうかがわせる戦いぶりだった。前期は8得点と得点力不足に悩まされた攻撃陣も、2試合で4得点と不安を解消する結果を出している。望月監督も、「関学戦にしろ今日にしろ、自分たちの時間は作れたし、スライドの早さなど修正はできているので、何もできていなかったわけではない。勝ち点を積み上げなければならない3節目以降につながる内容だった。」と高く評価。見えないトンネルの出口はどこにあるのか。もしかすると、次節17日のvs関大戦こそが出口になるかもしれない。(西村健汰)



コメント

望月慎之監督

阪南は上位にいるチームだし、一人一人がどう戦うかよりも、局面でどう数的優位を作れるかと。特に前節では相手の10番が形を作っていたので、そこに対しての対応がどれだけできるかが大切だった。ポジションもメンバーも代わって、予想とは違う展開になったが、1014番がうちの左サイドを攻めてくる展開で、立ち上がりは危ない部分もあった。失点は、2列目からの飛び出しについていきながら、そこからのパスに遅れて剥がされてしまった。押し込まれた後に足が止まって、いい時間帯に決められてしまった。どうしてもボールしか見えていなくて、後ろの選手に気づけていなかった。交代で入った選手が点を取ったのはプラスだが、それ以外の守備や残り時間でポイントになれたかということを考えると、まだまだ物足りない。関学戦にしろ今日にしろ自分たちの時間は作れたし、スライドの早さなど修正はできているので、何もできていなかったわけではないし、3節目以降につながる内容だった。

MF10松井修平主将

前半最少失点で抑えられて、後半立ち上がりからいい流れで得点できて、最後は運動量が落ちて攻撃のサポートが遅れて相手の攻撃が多くなった分、ゲーム自体が難しくなってしまった。前節からの距離感を確認しながらという感じだったし、つなぎのところで速いパスを入れるところは関学戦の方ができていたし、最後は焦って相手の陣内まで入ってもやり直しがきかなくなってカウンターを食らってしまった。後半はやり直しだったりボールを動かすことができていた。後半はバランスがよくなってお互いを確認しながらポジションをとることがある程度できていたからスムーズに攻撃できたし、2次攻撃3次攻撃ができた。いつもは取られてカウンターを食らうのが多かったけど、そこは前節と比べて修正できていた。前節とは違って、後半点を取りに行くときの後ろのマネジメントを意識させて、カウンターになっても後ろのバランスを保ってやれた。セカンドボールも拾えたが、メンバーが代わってバランスが少し崩れてしまった。PKはボールに集中して、阪南の選手からガヤが飛んでいたけど、落ち着いて蹴れた。前期よりは自分が前に関わる回数も増えているし、そういう意味ではもっとゴールに絡んでいきたい。今日の2点目も自分が起点になれたので、突き詰めていけばもっとチャンスも増えてくると思う。今日は後ろに引いてバランスが崩れる時間帯もあったので、それを90分続けていかないといけない。

FW128竹田そら

得点シーンは、上手いことポジションをとれて、いいボールが上がってきたので自分は触るだけだった。関学戦も何度も得点のチャンスがあった中で決めることが出来ず負けてしまったので、今日は絶対に点を獲ろうと思って試合に入った。点をとって安心したが、チームとして勝てなかったことが残念。監督にはポジショニングについて言われていた。交代する前は向井さんが前で、奥野さんが1個下のポジションをとっていたが、交代後自分を前に入れてもらって向井さんに1個下に行ってもらった。夏からAチームになったが、入部当時はDチームで前期は全試合スタンドで応援している側だったので、だからこそピッチ立てずに応援してくれてる選手やベンチで応援してくれてる選手と喜ぶため、得点後はベンチの方へ向かった。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について