同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 平山今季1号同点弾!先制許すも京大に先勝:硬式野球部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
平山今季1号同点弾!先制許すも京大に先勝:硬式野球部
2016/10/05 HEAD LINE NEWS
同志社012010000-----471
京大100000000-----180

関西学生野球連盟秋季リーグ戦 (2016年10月5日)

10月4日、南港中央球場(大阪府)で行われた関西学生野球連盟秋季リーグ戦第5節対京大1回戦。同志社は初回に先制を許すも平山(社3)の今季初ホームランを含む2打点の活躍で逆点に成功。4-1で京大に先勝した。



関大戦からオーダーを組み代えた同志社。負傷で戦線を離れていた辻(商2)が1番ファーストでスタメン復帰。3番には好調の福原(政策2)が入った。初回、さっそく辻が死球で出塁しチャンスメーク。1死二塁で中軸に回すが後続が倒れ、幸先よく先制とはならなかった。



スタメン復帰の辻。安打は出なかったものの先頭打者として2出塁とチームに大きく貢献した



先発の福島(法2)は不安定な立ち上がりを攻められた。1死から2安打を浴び2死一、三塁のピンチ。「力勝負でいってしまった」(福島)。ライト前タイムリーヒットを浴び、まさかの先制点を奪われた(0-1)。



一撃で流れを変えた。先頭打者として打席に入っったのはここ2試合ノーヒットの平山。「開き直って初球から思い切りいった」、初球低めのまっすぐを強振し、打球はレフトスタンドへ(1-1)。不振にあえぐ平山が、一振りで勝負を振り出しに戻した。



今季1号のソロホームランを放った平山



続く3回には勝ち越しに成功。またも先頭で打席に入った辻が出塁し、大西(商4)がエンドランを決め無死一、三塁。上位打線が機能し、最高の得点機をつくり出した。福原が併殺に倒れるも、井手(スポ4)が四球で出塁。5番白水(スポ4)の打席で、キャッチャーの捕逸により三走が生還。相手のミスで1点を勝ち越した(2-1)。さらに2死一、三塁で1打席目にホームランを放った平山が打席に入る。「1打席目と同じで、とにかく初球のストライクから思い切りいこうと」(平山)。ストレートを右前にはじき返し、貴重な追加点を挙げた(3-1)。5回には2死二塁から白水がライト前タイムリーヒットを放ち点差を広げた(4-1)。



センター前ヒットでチャンスを拡大した大西


貴重なタイムリーを放った白水


3番で出場の福原。4点目のホームを踏み、チームメイトとハイタッチを交わした



打線の援護にエースも粘投で応えた。2回以降も毎回のように走者を出すが、要所で三振を奪いホームは踏ませない。6回までを1失点で投げ抜き、勝利投手の権利を持ちマウンドを降りた。



6回1失点の粘投で今季初勝利を挙げた福島



7回裏、エースからバトンを受けたのは溝田(スポ1)。「カーブが投球の幅を広げてくれた」。変化球でカウントを取り、打たせて取る投球で京大打線に反撃を許さない。3回を投げ被安打1と完ぺきな内容で試合を締めた。



完璧なリリーフを見せた溝田



「言い方は悪いかもしれないけど、優勝するためには今日は勝ってそれほど喜ぶ試合ではない。チーム一丸となって明日も勝ちに行きたい」(白水)。開幕節以来の勝利となったが、歓喜の瞬間はまだ先にある。最後に笑うため、明日もナインは全力で勝利を狙う。(吉田 諒)




▼コメント

#1白水

(近大戦以来の勝利ーー)

とりあえず勝てたことは良かった。ただやるべきことをもう少しやらないと春のリベンジは果たせないのかなと。

(やるべきこととはーー)

守りのミスも出たし、攻め切れなかった。自分も走塁面で本塁でアウトになってしまったりと数字に残らないミスをしてしまっていた。内容的には、優勝するためにはまだまだ。

(明日に向けてーー)

言い方は悪いかもしれないけど、優勝するためには今日は勝ってそれほど喜ぶ試合ではない。負けれないし、去年は4敗して2位。今年は今から5勝1敗、うまくいけば5連勝でいきたい。チーム一丸となって明日も勝ちに行きたい。


#3平山

(悪い流れを断ち切る同点ホームランーー)

ここ最近不調が続いてたから開き直って1打席目初球から思い切りいった。打ったのは低めのまっすぐ。泳がされたんでどうかなと思ったけど入ってくれた。

(2打席目も貴重なタイムリーヒットーー)

まっすぐ。ストライクなら初球から振ろうと。1打席目と同じで、調子が悪いからとにかく思い切り行こうと思った。

(チームは立ち上がりに先制を許したがーー)

前までは先制されたら気持ち的に苦しくなっていたけど、今は1点2点くらい取られても返せるし、最後まで諦めずに勝負できるとみんな思っている。


#2山岸

(今日の試合を振り返ってーー)

関大に2タテくらってるので、京大戦でしっかり勢いをつけて関学戦に臨みたいので、勝ち癖をつけるためにも大事な試合だった。

(初回に先制を許すがその後は無失点ーー)

立ち上がり打たれる事は仕方がないこと。その中で福島がしっかりと頑張ってくれたなという感じ。

(福島のリードについてーー)

いつも通りだった。狙い球を絞られないようにいろんな球を混ぜていった。

(継投した溝田へのかけ声についてーー)

とてもいいピッチャーなので、いつも通り投げれば打たれないと思い、「思い切って投げろよ」と声をかけた。

(明日の試合に向けてーー)

関学戦が大事なのでしっかり勝つ。そして不安な部分をなくしていきたい。


#35福原

(3番での出場ーー)

辻が出ると決まってからは言われていた。2週間空いたからその間の紅白戦とかかで3番だったし準備はできていた。

(1番と比べて役割の意識に変化はあるかーー)

自分としては1番の方が思い切りできてやりやすい。ただ3番の方がチャンスメークよりチャンスで決めるという意味ではチームに貢献しやすいと思う。明日もチャンスで回ってくると思うのでしっかりタイムリーを打って貢献したい。

(明日に向けてーー)

3戦目までもつれ込んでしまうと、関学戦以降にも響いてくる。明日しっかり勝ちにいきたい。


#9辻

(試合に出場できなかった期間の心境はーー)

いつでも出られる時はAで出られるように、いつでも準備していた。

(先頭打者として2度出塁ーー)

1番の仕事は塁にどれだけ出るかなので、1.2打席目出れたことは本当に大きかった。

(明日の試合に向けてーー)

出れたらいいなと思う。出たら頑張ります。


#11福島

(調子、内容ーー)

調子は良かったが簡単にいきすぎた。まっすぐの力勝負でいってしまった。配球としては変化球多め

(京大打線の感想ーー)

まっすぐに強い。ただコースに振っていけば問題はない

(明日以降に向けての意気込みーー)

負けられない状況は続くので、勝てるように準備をしていきたい。


#19溝田

(調子、内容ーー)

調子は悪く無かった。点差もあったので投球自体は楽に行けたカーブが投球の幅を広げてくれた。後は山岸さんの配球に任せた

(京大打線の印象ーー)

京大がまっすぐ一本張りというかんじだったので、その裏をかいて変化球多めの投球になった。まっすぐが強いので、気を抜けない今日はベストを尽くした。

(明日に向けてーー)

明日も中継ぎをまかされると思うので、チームのために投げて勝てればいいです。



▼スターティングメンバー

1...(一)辻...商2

2...(二)大西...商4

3...(左)福原…政策2

4...(三)井手...スポ4

5...(中)白水...スポ4

6...(遊)平山...社3

7...(右)西田悠...社3

8...(捕)山岸…法3

9...(投)福島…法2


▼バッテリー

同志社...福島、溝田ー山岸

関大...平田、樋川、大山ー村山

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について