同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 女子団体形、結成1年で全国準V!男子は悔しい3位:空手道部
関西学生ラクロスリーグ戦・女子
確実な成長を見せ、全国ベスト4
全国に繋がる西日本V
'17ルーキー特...
´17ルーキー特集「スキー部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年8月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
女子団体形、結成1年で全国準V!男子は悔しい3位:空手道部
2016/11/29 HEAD LINE NEWS

第60回全日本大学空手道選手権記念大会 (2016年11月19日)

11月19日と20日の2日間に渡り日本武道館(東京都)で行われた第60回全日本大学空手道選手権記念大会。同志社は女子団体形が準優勝、男子団体形が3位入賞を果たした。



初の全日本出場にして見事、準優勝に輝いた女子団体形。「とりあえず絶対に残ることに重点を置いていた」という予選ではセーパイを披露し2位通過を果たした。続く準決勝では大正大と対戦。「勝てる!いける!大丈夫!」と互いには励まし合いコートに立った。演武したのは、全関西団体後に本格的に取り組み始めたというスーパーリンペイ。「相手校の形のイメージをかき消すよう、インパクトのある形を演武し、旗をもぎ取りたい」(南本)と強い気持ちで挑んだ。判定の時、3本の旗が同志社に上がり、決勝進出を決めた。



初の全国の舞台でも堂々と形を披露した女子団体形メンバー



武道館の照明が一気に明るくなり、中央コートに会場中の視線が注がれる。決勝の相手は絶対王者の帝京大。日本一を目の前にした緊張の走る場面にも、リラックスして臨めたというメンバー。「小さくならず攻めの姿勢で大きく思い切って演武することだけを考えた」(南本)。堂々と披露した、決戦の形はクルルンファだった。キレのある動き、彼女たちの表情は見る者を引き込む。判定は0-5と帝京大の壁に阻まれたが、結成1年目での決勝進出は大きな自信になったに違いない。



唯一の2年生メンバーとしてチームを引っ張る南本(商2)


キレのある動きで会場を魅了する岩本(スポ1)


息の合った分解を披露する㊧南本㊨清水(スポ1)



今大会を振り返り、「練習通り、さらに練習以上に良い演武ができた」と南本。大舞台にも動じることのない強心臓ぶりを発揮した。さらなる飛躍に向けては「もっと形自体に圧倒的な強さとパワーが欲しい」と意気込む。1年生と2年生だけで結成された若いチームの挑戦はまだ始まったばかり。彼女たちなら必ずや同志社を日本一に導き、新たな歴史を刻むだろう。



まさかの準決勝敗退となった男子団体形。予選は、仲谷陸、宮原、西山の3人でクルルンファを披露し3位で通過。トーナメントにコマを進めた。



予選でクルルンファを披露する男子団体形メンバー㊧宮原(スポ4)㊥仲谷陸(スポ4)㊨西山(スポ3)



準決勝に臨んだのは仲谷陸、年代、西山。「予選よりも思い切って演武できた」(仲谷陸)というスーパーリンペイを演武するも判定は2-3。旗1本の差で決勝に進むことはできず。3年連続全国準優勝の同志社がここでまさかの敗退。会場はどよめきに包まれた。「あっけないの一言。最後の年に絶対日本一になると決めて練習してきたのに3位という結果に終わり、負けるとはこんなものかという気持ち」(仲谷陸)。「全国制覇だけを見据えて稽古してきた。決して油断することもなく、稽古で力を抜いたということもないので本当に悔しい思いばかり」(年代)。悔しさは隠し切れないが、「ただ自分たちより相手の方が上手かった」と国士舘大をたたえた。



準決勝ではスーパーリンペイを披露した㊧仲谷陸㊥年代(商4)㊨西山



今大会が最後の団体形となった仲谷陸、年代、宮原の3人。「同志社という看板を背負わせていただきこのチームで戦えて本当に幸せだった」(年代)。全国の頂には惜しくも手が届かなかったが、彼らの演武が皆の心に残り続けることは間違いない。(髙宮未咲)



☆コメント☆

年代海里

(今大会を振り返って――)

何よりも悔しい気持ちは強く残っているが、人生で一番稽古し、納得のいく質の高い形を稽仕上げ、実際にそれが出せたと思うので後悔はない。同志社という看板を背負わせていただきこのチームで戦えて幸せだった。できるなら、まだこのチームで戦いたいというのも本心ですけどね(笑)

(4年間を振り返って――)

荒波のような4年間だった。1回生の頃には難病になり、そこからおいていかれる訳にはいかないと克服して2回生では何とか(全日本)個人3位になった。けれど団体メンバーには入ることができなかった。3回生ではルール変更に苦しめられ、個人予選敗退。その悔しさを団体にぶつけ(全国)準優勝できました。本当にいろいろなことがあったが、結果だけではない成長ができたと思う。


仲谷陸

(4年間を振り返って――)

言葉では言い表せない。人生の基盤になるような4年間だった。

(後輩へ向けて――)

ついてきてくれたのに勝てなくて申し訳ない。今年はみんなを負けて泣かせてしまったけど、来年はみんなを勝って泣かせてほしい。いつまでもみんなの前を走り続ける予定だから何かあったら言ってこい!




同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について