同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 接戦制し、最終戦全勝対決へ:ラグビー部
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
天理大に快勝、1部残留![...
日本代表ならず…成長、課題...
'17春の展望 ...
’17春の展望「日本拳法部」
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
接戦制し、最終戦全勝対決へ:ラグビー部
2016/12/03 HEAD LINE NEWS

関西大学ラグビーAリーグ (2016年11月27日)

11月27日(日)、神戸総合運動公園ユニバー記念競技場にて行われたムロオ関西大学Aリーグ第6節、同志社vs立命大。接戦の末、同志社が24-23で立命大に競り勝ち、リーグ戦6連勝を飾った。



リーグ戦全勝で最終戦を迎える



細かい雨粒が降りしきる中、死闘が繰り広げられた。一進一退の攻防。水飛沫を上げながらグラウンドを駆け、幾度となく激突を繰り返した。両校のプライドをかけた同立戦は激闘の末、紺グレに軍配が上がった。


徹底的なFW(フォワード)戦で勝負を挑んだ立命大に同志社は真っ向から立ち向かった。序盤、互いにハイパントの応酬でエリアの獲得を試みる。前半12分、先にペナルティを犯した同志社はPGを献上して先制点を許す(0–3)。同19分にも、ラックサイドを相手SH(スクラムハーフ)に走られ被トライ(0–10)。前半の20分間はリードを許す展開となった。


同志社はその後もFW勝負に苦戦した。約4分間、敵陣ゴール前でラックサイドを粘り強く攻め続けるも2度のヘルドアップインゴール(トライゾーンでボールキャリアがグランディングできないように捕らえられた状態)でノートライ。だが、ここで機転を利かせた同志社は左サイドのスクラムからBKで勝負にでる。SH大越(商4)が右サイドに持ち出し、ブラインド(逆)サイドから走りこんだWTB(ウイング)安田(商2)にパス。デイフェンスの隙間を抜けてインゴールに飛び込んだ(7-10)。「コンパクトに1人ひとりが強いプレーをした」(安田)。雨の影響もあり、ロングパスを選択できない状況でも落ち着いた判断を下す。大越が防御網に接近して短いパスを放つ“すれ違いパス”でトライが生まれた。


安田のトライ



このトライでもリズムを掴みきれない同志社。同30分、またもやPGを献上して失点(7-13)。同33分にLO(ロック)堀部(社1)がラックサイドで1本トライをもぎ取り、SO(スタンドオフ)永冨健(スポ4)のコンバージョンゴールも成功。14-13と一時は逆転するも守りきれず。同36分、自陣22mライン付近のスクラムで押し込まれ、相手No.8が持ち出しインゴールと駆け込んだ(14-18)。前半はスクラムで2つのペナルティ。警戒していたセットプレーに不安を残した。また、ノットロールアウェイ(球出しを妨げる)の反則も重なり、自らのミスで流れを掴むことはできなかった。


4点ビハインドで迎えたハーフタイム。LO山田主将(社4)は「いつも通り平常心でやっていこう。」とチームに語り、後半の逆転を信じてグラウンドへと駆け出した。


後半の25分間は沈黙状態。雨の影響でボールが手につかない場面も見られた。均衡を破ったのは後半27分のPR(プロップ)海士(商4)のトライ(19-18)。この後の10分間はまさに一進一退の死闘が繰り広げられた。


後半34分、自陣ゴール前でターンオーバーするもSO永冨健がキックチャージを受けて絶体絶命のピンチを迎えた。ゴールまで残り5mの位置で立命大スクラム。チャレンジャーはこのスクラムに魂を込めて猛プッシュ。同志社は8人の塊になす術なく押し込まれてトライを許した(19-23)。


キックは外れて、4点差、残り5分。今季を象徴する“負けない同志社”がここから反撃にでる。同39分、ラックから出たボールはタッチライン際のWTB安田へと渡る。狭いスペースで1人をステップで抜いて前を向く。決死の守りで立命大が安田の足首にタックルを浴びせたが、倒れない。そして決着の時が来た。「抜けてくれると信じてたから走り続けた」。FL(フランカー)丸山(商3)がパスを受け、インゴールに楕円球をねじ込んだ(24-23)。激戦を制した紺グレが関西連覇へ弾みをつけた。



開幕から全勝。本日14:05より、西京極の地で天理大との決戦を迎える。(小林洋貴)


※コメント後日掲載

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について