同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 創部初2部降格:ラクロス部
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
’17春の展望 「居合道部」
'17春の展望「...
男女全勝優勝! [フェンシ...
[準硬式野球部]関西選手権...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
創部初2部降格:ラクロス部
2017/04/07 HEAD LINE NEWS

関西学生ラクロスリーグ戦最終節 (2016年10月16日)

10月16日に大阪大学豊中キャンパスにて行われた、関西学生ラクロスリーグ戦最終節、対阪大。

同志社は1Qで先制点を決めるも、後半で実力差を見せつけられ2-7で敗北。リーグ戦通算成績を1勝5敗とした。この結果により、1部リーグ7位となり、創部初となる2部降格を言い渡された。



今回の試合に勝てば入れ替え戦、負ければ2部降格。この崖っぷちの状態の中、選手たちからはいつもと違った雰囲気が感じられた。選手たちの意気込みはもちろん、応援の声がいつも以上に大きく、会場は同志社の応援の声に包まれていた。



そんな中、迎えた第1Q。試合開始5分、#11池葉(経4)が貴重な先制点を決め1-0。その後も相手に鋭いショットを打たれるも、ゴーリー#16吉岡(経4)のナイスセーブで相手に得点を与えない。しかし、1Q終了間際に1点を追加され1-1。



ナイスセーブを見せた#16吉岡




迎えた第2Q。今年のリーグで不調だった、主将・毛呂(社4)が最後に意地を見せつけ1点を追加した。このままの勢いで強豪・阪大をたおせるのか。選手たちは死に物狂いで、ボールに向かった。しかし、2点を奪われ、勝ち越されてしまった。その後の3.4Qでも得点が出来ず、大量失点で2-7。最後まで諦めなかった同志社。しかしこの試合で4回生は引退となった。また、この結果により、2部への自動降格を言い渡された。この屈辱的な結果に選手たちは悔し涙を流した。



得点を狙う毛呂



悔し涙を流す選手たち



組織改革から一から行い、継続性を課題といてきた男子ラクロス部。リーグ戦第2節立命戦では、第4Qで5点を追加を追加し、逆転劇を起こすなど、勢いを見せていた。しかし、その後の試合では1つのクオーターで大量失点を許してしまうなど、勝ち星を挙げることはできなかった。



最後の挨拶をする毛呂



長い間1部の舞台で戦ってきたラクロス部にとって、2部への降格は屈辱的だ。しかし、一方でもう1度組織を見直すきっかけになったはずだ。

来年、必ず1部昇格を果たし、先輩方が目指していた「関西制覇」を目指してほしい。(松原美月)




☆コメント☆



○主将 #1 MF 毛呂(社4)

・4年間振り返ってーー。

大学からはじめたラクロスで、自分の力を試してみたいっていうのが最初のきっかけ。本当に結果が出さないといけない4年生の時に、3回生の時に比べて、得点なり数字の結果が残らなかったのが悔しい。逆にこれを活かせればよかったですが…。


・主将としてこの1年間を振り返ってーー。

自分自身迷った時に、助けてくれたのはやっぱり同期やった。リーダー陣たちに任せることも結構多かった。意見することもあったけど、しっかり自分の中で信じてやってこれたのは仲間がいてくれたからやと思う。


・後輩に向けてーー。

本当に後悔ない4年間やったかというと、特に最後のシーズンは2.3回生の時みたいに点もいっぱい取れたわけじゃなかったし、後悔することも多かったけど、チームスポーツやから個人で出来へんことがいっぱいあって、自分がチームに対して何ができるのかってことを立場とかも考慮して常に考えないといけない。そこで、上回生の難しさっていうのはあると思うから、4年生は4年生の中でしっかり役職関係なしに常に改善し続けれるような関係性があったらいいんじゃないかなと思う。自分自身今年あまりできなかったから。2.3回生はまだのびのびできると思うし、プレー面でも運営面でも助けてあげてほしい。批判ももちろんあると思うけど、批判した後に改善点もしっかり提示してあげたら4回生も助かると思う。その改善点も含め、一方通行にならないようにコミュニケーションをとる、という役割を学生主体の運営ではやってほしいかなと思う。ぜひ来年は1部に上がってほしいと思います。



○副将 #20 LMF/DF 駒井(商4)

・4年間振り返ってーー。

毛呂と藤野を含め、1年生の時から回生リーダーを任してもらって、当時からかなり4年生になったことを考えてミーティングを重ねてやってきたので、今年の結果に関してはかなり悔しい。自分自身今年から副将という役割に変わって、できることを考えて、まあグラウンドおるときは全力で声だして、それに対して下回生はかなり応えてくれて、全力だしてくれて、人間的にも成長してくれて…と自分自身思ってる。だけど、どうしても同期が就活終えて、遅刻とかが増えて、熱量という部分が衰えていったのが、変えれなかった自分の未熟さがあったと思う。


・後輩に向けてーー。

自分たちは1部という舞台を残せなかったので、特に今年理念であったり色々変えてきたところで、良かった点を来年活かして、1部に上がる日を自分たちはOBとして何かしらいい方向でかかわれていったらいいと思います。



○副将 #9 MF 藤野(法4)

・4年間振り返ってーー。

まだ整理はできてない。色々悩みながら苦しいことも楽しいこともあった4年間でした。


・後輩に向けてーー。

まずは本当に申し訳ない。本当にごめんなさいという気持ちでいっぱいです。ただ、まだ今年自分が貢献できることっていっぱいあると思うから、それを最大限に伝える。自分が経験してきた4年間っていうのをちゃんと伝えるようにしていきたいと思う。


・幹部としてどんな気持ちで1年間過ごしたかーー。

常にしんどかったし、その分今も責任を感じていている。今こうなって閉まった現象の中で、思い描いていたのとギャップがある。なぜそのギャップが起こってしまったのかを、心の整理がついたら、そこの部分をしっかり解明して、同じ失敗を繰り返さないようにする。自分自身のためにも、後輩のためにも、同志社ラクロスのためにも、しっかりやっていきたいと思います。



○主務 MG 見尾(心理4)

・4年間振り返ってーー。

マネージャーは私が入った時よりも仕事が増えて、仕事少ない時はマネージャーにきてくれた後輩には私が頑張りたいからってめっちゃ頑張らせちゃったから、申し訳と思うけど、来年からも頑張ってほしいと思う。自分は9割しんどかったけど、それでも勝ちたいなと思ったから、最後まで頑張れたかなと思う。


・1年間主務としてーー。

今まで納得いかないと思ってたこととか、主将もうちょっとしっかりしてって、去年は先輩に思ってたけど、幹部をするってこんなに大変やっとこともわかったし、色んな人にサポートしてもらってるから、その分がんばらなあかんなと思えた。でも、そうやって思いながらやってる選手はもっと大変やなと思った。その人たちがちょっとでも楽になればいいなと思って、自分ができる仕事は全部やろっと思ってやってきたつもりです。


・後輩に向けてーー。

私たちの真似はしなくていいと思うし、真似してこんな思いもして欲しくないけど、手を抜けば悪い方向に向かっていくから、踏ん張りどころやと思って、スタッフだけは崩れないように頑張り続ける後輩であってほしいと思うし、そういう子もいると思うから、頑張って欲しい。応援してます。



○#5 DF 田附(商4)

・4年間を振り返ってーー。

最後の年は僕はなにも役職がなくて、他の4回生が頑張ってくれてたので、感謝しています。


・後輩に向けてーー。

みんなフィジカルが強かったり、技術があったり、ポテンシャルは高いと思うので、頑張って自分たちの成し遂げれなかった目標を達成してほしいと思います。



○#7 AT 香川(商4)

・4年間振り返ってーー。

色々思い出があって、楽しかったです。今年1年間結果に結びつかなかったので、かなり辛かったです。


・後輩に向けてーー。

申し訳ないという気持ちです。



○#8 DF 有薗(法4)

・4年間振り返ってーー。

自分がライドリーダーっていう立場でいたんですけど、1年間かたまって戦術をやることができなかった。リーグ戦の途中で戦術を変えてしまって、申し訳ない結果になってしまった。


・後輩に向けてーー。

同志社は精神的に他大に負けていると思うで、来年は気持ちの面でどう変えていくか、そこを重点的に話し合って、結果を残してほしいです。



○#11 MF 池葉(経4)

・4年間振り返ってーー。

4回生になって、チームをまとめる側になってこの結果はくやしい。だけど、その中でも勝った時の喜びとかのために必死に頑張ってきたんですけど、最後勝てなくて、いい結果が残せなかった。部活動というプロセスもそうですけど、結果残せてなんぼやと思うので、そこを残せなかったのが非常に悔しいです。


・後輩に向けてーー。

今日で2部に降格させてしまった。自分たちが卒業するまで、できることを自分たちでやって、あとはとにかく1部に上がってもらうこと。1部に上がって、自分たちの成し遂げれなかった目標を達成してほしい。



○#16 G 吉岡(経4)

・4年間振り返ってーー。

辛かった。最後の1年間はより自分のポジションに対する責任感をもってやれたかなと思うし、周りの支えを一番感じた1年間でした。


・後輩に向けてーー。

がんばれ!



○#18 MF 岸本(経4)

・4年間を振り返ってーー。

しんどいことばっかりやったし、最後は結果出したかったんですけど、努力が足りなかった。他の大学の人の方が練習はしてたから、頑張りが足りんかった。後輩には同じあやまりをしてほしくない。


・後輩に向けてーー。

言いたいことは山ほどあるんですけど…笑 同志社での上手いは他大学では上手くないので、井の中の蛙にならんといてほしい、もっと広い世界をみてほしい。頑張っている基準とかももっと上げてほしいと思います。



○#24 DF 菰生(心理4)

・4年間を振り返ってーー。

しんどいことも多かったけど、楽しかったです。


・後輩に向けてーー。

2部に落ちてしまって本当に申し訳ないです。



○#32 AT 藤澤(経4)

・4年間振り返ってーー。

やっと終わったという感じです。この1年間はあんまり上手くいってなかったんで、そこで頑張るのがしんどかった。


・後輩に向けてーー。

頑張ってください。



○#71 MF 吉田(理工4)

・4年間振り返ってーー。

3.4回生の間はずっとAチームとBチームの狭間にいて、最後まで辛かった。最後にAに上がれて、2試合でれず、その次の試合の前に怪我をしてしまって、結局チームに貢献できなかったのがすごく申し訳ない気持ちです。後悔もあります。


・後輩に向けてーー。

これからA.B分けとか辛いこともあると思いますが、Bになっても気持ちをもって、ひたむきに努力し続けれてば、必ずチャンスはくるから、そのチャンスを逃さないで、努力を継続してください。



○#77 MF 松尾(経4)

・4年間を振り返ってーー。

しんどいことの方が多かった。自分自身3回生の頃から試合出てて、3回生の時も入れ替え戦、今年は自動降格っていうかたちになって、試合の結果だけみてよかった点とかはあんまり出せなかった自分自身の実力の無さがろてんしたのかなと思う。


・後輩に向けてーー。

チームスポーツなんで自分がどれだけやろうとしても、上手くいかないことも多いので、しっかりと上下関係とか横の回生も関係なく、全員でコミュニケーションをとっていかないと、チームで勝利をつかむことは難しいってことを伝えたい。



○#85 MF 都築(社4)

・4年間振り返ってーー。

一言で言うとすごい辛かった。自分はそんな上手くなくて…。2回生の頃に前人靭帯切って、辛くて、その時もBチームやったんですけど、今後出れるんかな、このままでいいんかなって思ってたんですけども、復帰するまで半年以上かかったんですけども、それでも4回生の時に試合に出たいっと思ってやってきた。結果的に4回生の半年間はAチームでやらせてもらってよかったんですけど、リーグ戦始まる前日にメンバー外されて、そこから出れてなくて、すごい不甲斐ない終わり方やった。やっぱりそれを振り返ると、自分の甘さがどこかにかったのかなと思って、それを今後の人生でも反省して生きていかないといけないと思いました。


・後輩に向けてーー。

自分ではできてると思ってても、たぶんもっとできることって色々あると思うから、後輩たちは最善を尽くして、1位で1部に上がって欲しい。



○AC 馬場(法4)

・4年間振り返ってーー。

常にあの時ああしとけばよかった、というのを思い続けていました。コーチについてももうちょっと考えてプレーしとればよかったとか、練習しとけば良かったとかも思っていた。去年のウィンターの時ももうちょっと、一年生にこういうことを教えとけばよかったとか、今年も運営をこうしとけばとか、リーダーとかにこういう働きかけをしとけばとか思うのもすごく多かった。後悔なり、この判断は果たして本当によかったんかなっていうのをよく考えた4年間でした。


・後輩に向けてーー。

今年1年間を通して、最初にチームとしてこういうことをしましょうということを完結できてなかった。4回生がもうちょっと徹底すべきところが徹底できてなかったから、次の4年生はちゃんと自分たちで決めたこととか、当たり前のことをちゃんと徹底したほうがいい。次の2.3回生は、ラクロスは学生主体のスポーツだから運営やってて、上回生に不安が出ると思うけど、それを踏まえた上でちゃんと4年生をサポートしてほしい。批判するんじゃなくて、もうちょっとこうしたほうがいいんじゃないですか、とかプラスな意見を出してあげて欲しい。全員がしっかり主体性をもって、自分がチームを良くするんだという気持ちでチームに接してあげたらもっといいチームができると思います。



○AC 松井(法4)

・4年間を振り返ってーー。

1日1日を大切にすればよかった。2年間コーチとして貴重な体験ができた。1年目は結果出たけど、2年目は同じ考え方でいったらうまくいかなくて、やっぱり常に考えて動けるように。1回成功したからといって次うまくいくいくわけではないということを2年間やって思いました。


・後輩に向けてーー。

後悔ないように、頑張ってほしい。



○TR 高橋

・4年間を振り返ってーー。

4年間色々ありながらやってきた結果が、こんなもんなんかな、順位もそうですし。なんか儚いというか…。言葉がでない。


・後輩へに向けてーー。

オフシーズンの体作りはちゃんとした方がいい。シーズン入ってからまるごと体作りのことを発信していったんですけど、それじゃあやっぱり遅かった。他大とかに比べても、体の強さだったり、あたり負けないとか走りきるとか、最後まで気持ちについてくる体があるのかと言われたら、ちょっと足りなかった。来年2部からというところで、周りのレベルも下がると思うけど、1部に上がろうと思ったら、入れ替え戦であったり、圧倒的に強い京大も入って来るので、そこにしっかり勝って1部に上がってほしい。今からがスタートやと思って、しっかり体づくりを頑張ってほしい。



○TR 相木

・4年間振り返ってーー。

本当に辛いことがめちゃくちゃ多くて、終わってみたら全然大したことなかったなと思うことが多くて、どんどん4年間通して、自分の学年が上がって、立場が上になるにつれて、見えるものが変わってきたりとかしてきた。4回生になってからは、普段と練習とか試合とかでも1勝する重みがどんどん増してきて、それが不思議な感覚だった。本当に一瞬だったなと思って、辛かったことも多かったけど、私TRやってて、今年からメニューの作り方とか変えたりとか、トレーニングの方法も変えていって、それが結局は負けちゃったんですけど、どんどん成果がでてきたりして、プレーヤーが試合で足を釣らなくなったとか、4Qになっても走り負けてないことが多くなったりとか、そういう小さいことでも本当に4年やってきてよかったなと思う。今日負けちゃったけど、みんな頑張ってたし、そういうのがあったから4年間やっててよかったかなと思いました。


・後輩に向けてーー。

私が結構、後輩に助けてもらうことがすごく多かった。精神的に。結構しんどくなることが多かったけど、後輩がいたから私も4年間続けることができたかなと思う。なので、誰が辛い人がいたりとか、そう言うことも絶対あるし、お互いに尊重できる部分を見つけて、助け合っていけたら絶対最後まで続けられるし、それぞれの良さを引き出して、影から支える立場のスタッフだから、プレーヤーのことだけを考えるだけじゃなくて、スタッフ同士がどうやったらまとまれるかっていうのを、まず一番に考えて、そこから頑張っていったら来年はもっといいスタッフ組織になると思うので、頑張ってほしいなと思います。



○MG 桐田(法4)

・4年間振り返ってーー。

はやかった。大学の私生活の中でも一番中心となっていたので。やっぱりこれを中心して動いてたっていうのは、いい経験というったら簡単な感じになるが、それこそコミュニケーションだったり、人間関係だったり、色々な面で考えさせられることが多かったので、そういった面でいい経験になったかなと思う。今後も絶対に必要になっていくようなことを、ここでしっかり学べたってことはいい経験やったと思います。昨年の2.3月からマネージャーをやっていて、特にマネジメントってことで、選手を外から見るっていう立場にいたので、そういった面で、自分がもともと思い描いていた4年間ではなかったが、それでもどういう展開で転向したはあれ、なれてよかったなと思います。最後の2年間は特に充実したものになったなと思います。


・後輩へ向けてーー。

楽しんでほしい。特に4回は重責がありますし、楽しめないところというか部活が嫌になるってことも絶対出てくると思うんですけど、その中で同回生、特に同じポジションの人はやっぱり接点ありますし、そういったところで、しっかり話とか支えあったりして、助けてほしい。次の一回生はわかんないですけど、2.3回やったら今年はそんな感じはなかったんですけど、チームの中心なれるというか、底上げするような立ち位置になると思うので、盛り上げていってほしいなと思います。今年は2.3回は個人的には仲良くしてても、チーム全体で盛り上げていこうという感じはなかったので、盛り上げて、2部とはいえ、4.3.2回生で活気づけてやっていってほしいと思います。






同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について