同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 痛い敗戦:サッカー部
日本学生トライアスロン選手...
近畿学生トライアスロン選手権大会
’17春の展望 「居合道部」
'17春の展望「...
男女全勝優勝! [フェンシ...
[準硬式野球部]関西選手権...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年4月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
痛い敗戦:サッカー部
2017/04/07 HEAD LINE NEWS

京都府学生サッカー選手権大会 (2017年3月26日)

319 日から26日にかけて行われた京都府学生サッカー選手権大会3位決定戦対京大戦。PK戦の末敗退となり、同志社は今大会を4位で終えた。



絶対に負けられない戦いに挑む同志社イレブン



同志社は新チーム始動時から新たに取り組み始めたフォーメーション3-4-3-でスタートした。試合のペースを握ったのは”格上”同志社。しかし、中々ゴールネットを揺らすことは出来なかった。試合が動いたのは前半終了間近の40分。川本(心理3)のクロスに金(商3)が合わせ、待望の先制ゴールを決めた。だが、“格下”京大も黙ってはいない。後半14分、杉原(スポ3) のバックパスが敵陣で奪われ、京大のゴールを許す。1-1と試合は振り出しへと戻った。反撃を狙う同志社だが、圧倒的なシュート数はあるものの肝心のゴールは決まらなかった。後半44分には安井(商4)がゴールエリア右脇からシュートを放つが、わずかに外れる。また、後半45分金が倒され、ペナルティーエリア後方でフリーキックを得るが、キャプテン福川(商4)のシュートは惜しくもクロスバーを超えた。



先制点を決めたFW金潤求


クロスでゴールを演出したMF川本紘平



白熱した戦いは90分では収まらず、延長戦へと突入した。延長前半13分途中出場駒形(経2)がカットインからシュートするも得点にはならず。延長後半の終了間際、金に決定機が訪れるがチャンスを物にする出来ず、決着はPK戦に委ねられた。

両チームとも1人目は成功。京大2人目のキッカーはGK山谷(京大4)。キーパー対決は同志社の守護神白岡(商3)が読み切って、勝負を制する。しかし、京大3人目のボールを白岡が1度は弾いたものの、ゴールラインをわり、ゴールを許してしまう。一方、同志社のキックは金と杉原がまさかの失敗。「最後(延長後半)の決定的なチャンスを外してしまったのでPKで挽回したかったけど、上手く決めきれなかった」(金)。同志社は1-1PK3-4で敗北を喫した。



守護神、白岡ティモシィ



3-4-3というフォーメーションに変わり、プレスをかけて高い位置での相手ボールを奪取する数は増えた。ポジティブな材料もあったが、やはり課題の見つかる大会となった。昨シーズンから続く、ポゼッションがあるものの”勝ちきれない”試合での得点力不足という課題は新体制後初の公式戦である今大会で再確認された。リーグ開幕までの時間はまだ少しある。残された時間でどれだけ課題克服するかが鍵となる。スタートはこれからだ。紫の戦士たちは走り出す、一部昇格というゴールを目指して。 (岡本 真子)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について