同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 接戦の末、京大に敗北。:硬式野球部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
接戦の末、京大に敗北。:硬式野球部
2017/04/30 HEAD LINE NEWS
京大101020000-----4
同大000001200-----3

関西学生野球連盟春季リーグ戦 (2017年4月30日)

4月30日、南港中央野球場(大阪府)にて行われた関西学生野球連盟春季リーグ戦第4節対京大2回戦。先勝し迎えた同志社だったがこの日は打線が沈黙する。投手陣も踏ん張れず、野手陣が終盤に反撃を見せるも及ばず敗北。1勝1敗とした。



先発の渡邉(スポ4)。



終始、同志社は流れが悪かった。モチベーションの差。目標を失った同志社ナインと1つの勝利に全員で挑む京大ナイン。昨日は何とか飲まれることなく逃げ切ったが、2日連続で通用するほど甘くなかった。



代打の布上(スポ3)。


リリーフの村居(スポ2)。



やはり切り替えられていなかったのか。初回から京大打線はそれぞれが勝つために役割を果たしていた。先発の渡邉(スポ4)がいきなり四球でランナーを出すとバント、進塁打で3塁まで進めてタイムリーヒット。全員がそれぞれの役割を全うしている。3回も同様に四球からつけ入りヒット1本で得点と実に効率的だった。一方の同志社。「出塁できる可能性が高い選手を前に出した」(澁谷監督)。打線を組み替え、臨むも不発。残塁の多さが課題だった同志社だったが今日はそれどころかランナーを得点圏に運ぶことができない。5回までにわずかヒット1本。3度の四球も2度の盗塁死でアウトを献上し京大バッテリーを助ける。

6、7回に前田(商3)の2試合連続タイムリーなどで3点を返すも京大がエース樋川(京大)を投入するとヒットを放つことができない。またしても1点差で競り負ける結果となった。



今季初出場の大谷(商3)。



かみ合わない。その言葉が今の同志社の全てを物語っている。嫌なムードが漂い続けている中、明日3戦目に臨む。勝ち点をこれ以上落とすわけにはいかない。京大は長らく遠ざかっている勝ち点を取りに全力で挑んでくるだろう。その勢いに負けない気迫を見せてほしい。(藤田大輝)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について