同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 近大に敗れるも課題見つけた春リーグ:アーチェリー部
第96回関西学生サッカーリ...
関大に惜しくも敗北
10得点で大勝。秋季リーグ...
選手コメント
西谷監督へのインタビュー
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
近大に敗れるも課題見つけた春リーグ:アーチェリー部
2017/05/31 HEAD LINE NEWS

第57回関西学生アーチェリーリーグ戦 (2017年5月7日)

42日から57日にかけて行われた第57回関西学生アーチェリーリーグ戦、および優勝決定戦。同志社はブロックを5連勝したものの、優勝決定戦において近大に破れ準優勝となった。

初戦の対戦相手は京都大学だった。結果は5126-4802と大差で勝利。続く第2戦も順調に勝ち進んできた。この日の試合は、1年生の大隅(社1)、光永(商1)がリーグ初出場ながらチームに貢献し、大いに盛り上がらせた。


優勝決定戦ーー。決勝戦は70m12本で決まる。選手も応援も『攻め』の姿勢を忘れず、自分自身に向かい合っていた。毎年決勝戦で必ず戦う相手はもちろん近畿大学だった。立ち上がり、相手を意識してしまったのか点数が少し下がってしまった。しかし、主将の岡田は「粘り強くいこうと練習してきたのだからこのまま頑張ろう」とチームの士気を高め雰囲気を作っていく。「もうちょっとのところまできている」(岡田)。どうしても近大に少し先を行かれてしまう。点差を縮めることができず、グランドトータル4932-5131で幕を下ろした。


リーグ初出場の長田


悔しくも結果は準優勝だったが、このリーグ戦を振り返ってみると収穫もあった。まずは、今年入部した1年生の光永、大隅、そして長田(理工1)の存在だ。今回のリーグ戦初出場にして好成績を納め、チームに大いに貢献した。次に同志社が克服すべき課題だ。6射、12射目までずっと意識しプレーを行なっていくということだ。そこで踏ん張ることができれば新たなステップに進めるだろう。そして7月には王座が控えている。チームの目指す先は決まっている。今年こそ、同志社らしいプレーを魅せて頂点を射止めてほしい! (副島和奏)


主将の岡田


岡田

振り返りーー。

内容的にはダメだったけど、雰囲気は盛り上がってよかったと思う。点数的には個人みんなあと20点は足りないので、そこをどういう風に埋めていくかが次にかかってきているのかなと思う。

良かった点ーー。

最近、練習量も増えたので、アーチェリーの勘はかなり戻ってきたかな。

悪かった点ーー。

長くなったり、狙いにいき過ぎたり、重心が上がったりと悪かったけど、今回の優決は少しずつ感覚が戻っていたのでよかった。

次の目標ーー。

個人としては、王座で勝たせるというか勝つ試合をしたいと思う。泥臭くても良いので最終的にはチームで優勝ができればいいなと思う。自分が1回生の頃から王座は優勝を目指してきているので、とりあえず勝たせるということを頭に入れてやっていきたいと思う。


1年生ながら優決にも出場した光永


光永

振り返りーー。

3戦出場したけど、リーグに出ることを目標にしてきたので特に優決に出られて良かった。もっと点数を出していきたかった。大学のリーグ戦が初めてだったので、対応できず本来の実力を出せなかったところがあった。自分のパフォーマンスも射ち方もあまり良くなかった。来年以降の課題かな。今日は近大戦だったので、やりにくい試合展開を想像していたけど、意外と自分にとっては射ちやすかった。コンディションも良かったけど、攻めきれない部分もあってあまり点数は伸びなかったなと思う。だいたい毎回2エンド目までは緊張してしまって。今回も緊張が2エンド目までだったので意外といつも通りなんだと思いました。だからこそ点数が伸びなかったから悔しい。もっとできたな。

良かった点ーー。

初戦の試合から優決にかけて状態は良くなっていった。パフォーマンスが良くなったので適応能力はあるのかなと思った。

悪かった点ーー。

全部通して攻めきれなかった。

目標はーー。

70m650点を出していきたい。それが出せれば660点。上手くなります笑。


スコアを取っている行場


行場

振り返りーー。

今日は、自分の中で最後のフォローをすることを意識してやってきて、実際できたので成長したかなと思う。全体を通しては、意識していた射ち方や攻めの気持ちで最後のフォローするまで打ち切ることができたのでよかったけど、最初の点数があまり良くなく、点数を取るために時間がかかってしまったので前半が良くなかったところ。

後半はよかった。

目標ーー。

自分のフォームをつかんだ上で、立ち上がりをよくする。部の試合では、王座のメンバー入りを果たすこと。個人の目標では70mで常に650点を射つことが目標です。


的を見つめる菅野


菅野

振り返りーー。

精神的な弱さが出た試合だったかなと思う。自分の中で最近招致がよくなくて、1回的から外してしまった時は慌ててしまい気持ち的に余裕がなくなった。相手もうまかったしリカバリーができない弱さが見つかった。緊張感のある試合ってあまりないので感謝して王座に勝っていきたい。個人的にも大会が控えているので、頑張っていきたいと思います。

目標ーー。

王座にまず出られるように安定感を出して試合で使ってもらえるようにしていきたい。個人的には国体予選が控えていて、試合スパンが短いので安定感を見つけていきたい。


高得点を叩き出しチームに貢献した大隅


大隅

振り返りーー。

前半は自分のプレーができた。大事な試合でも点数が出せることがわかった。後半になってプレーを維持できなくなってしまったので疲れてきて自分の課題が見えてきた。優決以外のリーグは特にうまくいけてリーグでは個人で6位に入ることができたので、自分の中では上出来かな

よかった点ーー。

最後まで射ち残すことと射ち切ることができたところ。

悪かった点ーー。

攻めきれなかった。前半が良かったから後半守り過ぎた。

目標はーー。

650点はコンスタントに取れればいいと思う。

王座で近大を倒して優勝したい。1回生は特に攻められる代だと思うので、守らずに攻めて王座で優勝します!


今回総合6位となった小笠原


小笠原

振り返りーー。

自分的には悪くない。全体的にも悪くなかったと思います。

よかった点はーー。

きちんと55点っていうような高得点が出せたこと。

悪かった点ーー。

風がなかったから逆に当てようとして点数を下げる場面があったところ。

目標ーー。

全日本選手権があるので優勝。全部優勝して活躍したい。


全てのリーグ戦に出場し、チームを引っ張った齋藤


齋藤

振り返りーー。

今年は思うような調子が出なくて、苦しんだところもあったが、きちんと優決にでることやチームを支えるという点では半分くらいはできたかな。欲を出せばもう少し点数を出してみんなを安心させてあげられるような存在になりたかった。

目標点数はーー。

ショートでは、670を超えて70でも絶対に切らない点数は630点を設けたかったなと思う。

100点満点で例えるならーー。

50点。まだまだ半分はダメなので、逆に半分が自分のやりたかったことができたのかな。

やろうと思っていたことーー。

悪いにしてもチームの足引っ張ることはダメだと思った。劇的に悪い点数を出していなかっていうのと端っこで打つことが多かったけど、声を出して雰囲気作りはできたのでよかった。チームとしても雰囲気は悪くなかったと思うので、そういう意味での点数と雰囲気の中で雰囲気は今回できたのでよかったと思う。

課題はーー。

後半になると集中力、体力が切れる。どういう風にして試合運営をうまくやるのか。

目標はーー。

何らかの形でチームに貢献していきたい。得点や雰囲気など様々な面でバックアップしていけたら良いなと思いました。


チームを外からみて支える井上


井上(スポ4)

振り返りーー。

1エンド毎にもっと流れを切って1戦目からもっと全力でやっていけたらいいなと思った。そこまでしないと近大戦で突然全力は出せないかな。

点数的にはーー。

甲南でやった試合は唯一満足いったかな。他の試合はまだまだ満足していない。初めの出だしが良くならなかったのでそこが課題かな。

良かった点ーー。

しつこく応援もフルパワーで選手は打つことしかできないので、応援を足すことで盛り上げていこうと思った。応援と少しづつ攻めていくことができてきたかな。あとはリズムよく打てるようになったかなと思った。

目標はーー。

王座まであと2ヶ月あるんですけど、その間に1ヶ月単位で区切って、選手に選ばれた子と選手以外の子のモチベーションを下げずに試合まで盛り上げていくということが目標です。全体で勝っていく意識を持っていけたらいいと思う。


試合結果

1戦 対京大

○5126-4802


2戦 対神大

○5215-4969


3戦 対大工大

○5171-5022


4戦 対甲南大

○5200-4936


5戦 対摂南大

○5138-4805


優勝決定戦 対近大

4932-5131


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について