同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > ルーキー初優勝!:アーチェリー部
日本学生氷上競技選手権大会...
第90回日本学生氷上競技選...
課題の冬迎える
後期全勝優勝で幕を閉じる
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
ルーキー初優勝!:アーチェリー部
2017/08/31 HEAD LINE NEWS

第40回関西学生アーチェリーフィールド選手権大会 (2017年8月23日)

822日から23日、白梅スポーツクラブ(京都府)にて行われた第40回関西学生アーチェリーフィールド選手権大会。同志社からは、大隅一樹(社1)が優勝を果たした。


初優勝を果たした大隅


アーチェリーは本来平坦な場所で行うが、この大会では足場の悪い場所から行射しなければならないポストも存在する。いかに自然を読み、安定した場所を見つけられるかが鍵となる。ここまで休みなくアーチェリーをやってきた大隅もターゲットから気持ちを切り替えてこの大会に挑んだ。


業者を終え、移動前の大隅


同志社勢の中で唯一予選を通過した大隅は、移動中終始笑顔が絶えなかった。選手が他の選手の的をみて得点を伝え合うコミュニケーションも必要である。「何よりも楽しむことを考えていた」。疲労もたまり、あとはこのフィールドだけという場面、落ち着いてプレーできた。


大隅以外は3回、4回生と先輩であるにもかかわらず、確実に点数を獲得していく。他の選手も高得点を連発したりと僅差の中での試合だった。


弓を構える大隅


そして最後の行射が近づくにつれて緊張感が出てきた場面も。疲労もたまり、決して本調子とは言えない状態だったが、落ち着いたプレーをみせた大隅は大学生になって初めての賞状を手にし、優勝を勝ち取った。


優勝を決めた時の大隅


フィールドで優勝した大隅はインカレへの切符も手に入れた。最高のプレーをインカレでも見せて欲しい。(副島和奏)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について