同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 拙攻響き連敗:硬式野球部
関西大学ラグビージュニアリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
新人戦スプリント準優勝
劇的逆転も...9回裏に悪夢。
'17秋の展望「...
これぞエース:福島孝輔
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
拙攻響き連敗:硬式野球部
2017/09/20 HEAD LINE NEWS
同大000000001-----180
関大00000011------240

関西学生野球連盟秋季リーグ戦 (2017年9月19日)

9 月 19 日、南港中央野球場 ( 大阪府 ) にて行われた関西学生野球連盟秋季リーグ戦第 3 節対関大 2 回戦。初戦を落とした同志社は 1 - 2 で敗れた。関大の強力投手陣の前にこの日も打線は沈黙。今季通算 2 勝 3 敗と早くも負けが先行した。

 


同志社の先発は溝田 ( スポ 2) 。故障により春季では登板のなかった右腕が今季初の先発を任された。「逃げていたらダメ」(溝田)。序盤から懸命に腕を振り打者の内角を中心に攻めた。相手打線の 1 巡目では力みで四球も許した溝田だったが、 2 巡目からはストライク先行で関大を料理していく。 4 回までは毎回奪三振、 5 ~ 6 回は 3 者凡退と 3 塁を踏ませぬ好投で味方の援護を待った。



 

初先発の溝田。



前日、阪本大の前に 5 安打完封に抑えられた打線。山本を前にこの日も精彩を欠いた。四球や単打で出塁するが、犠打や盗塁を失敗し進塁させることができない。溝田の好投に報いることができずスコアボードには 0 だけが並んでいく嫌な展開になってしまう。



 

2安打の前田。



同志社の拙攻に助けられた関大には試合巧者ぶりを見せつけられた。 7 回裏 1 死から溝田が 5 番太田に三塁打を許すと、同志社ベンチは動く。快投を続けてきた溝田から左殺しの村居 ( スポ 2) にスイッチ。すると関大も代打で右打者の前田を送る。勝負は 3 球目、打球はサード前田 ( 商 3) の正面へ。必死のバックホームも間に合わず野選で先制点を許す。わずか 1 安打で 1 点を叩き出された。



 

先制点を献上してしまう。



9 回には前日 100 球以上を投げた福島が登板するも、関大の走力と小技の前に追加点を献上。打線は 9 回に四川 ( 社 1) と前田の連打で 1 点を返すも時すでに遅し。 7 連敗中の関大を相手に連敗ストップをもくろんだ一戦はあっけなく 2 時間で終わった。



 

スタメン起用に応えた松本。


チャンスメークを果たした四川。


溝田の復活が真なら投手陣の安定は期待できる。課題はやはり野手陣か。初スタメンの四川と松本 ( スポ 2) 、あたりのなかった福原 ( 政策 3) がマルチヒットを記録したことは前向きに捉えたい。ただ、いくら出塁しても小技や走塁の精度を上げなければホームは遠いままだ。勝った関大は 4 安打、敗れた同志社は 8 安打。 2 試合で関大 6 盗塁、同志社盗塁無し。こうした問題を解消しない限り厳しい戦いは続くだろう。投手陣を見殺しにする試合はもう観たくない。 ( 本林大将 )


◇スターティングメンバー◇

1福原(左)

2山内(中)

3四川(一)

4前田(三)

5平山(遊)

6宮﨑(二)

7松本(右)

8山岸(捕)

9溝田(投)


▼コメント

溝田

・初先発に選ばれて

昨日負けたこともあったが、自分がどうというより、チームが勝てるように投げようと思った。

・怪我は大丈夫ですか?

完全に治りました

・怪我のあいだは

足は全然鍛えられなかったので、足が治ったら上半身出来上がってるように(練習)した。

足が治ってからは下半身を強化した。

・今日こうしようとかはありましたか

逃げてたらだめだと思った。インコース狙いで、(データをもとに)バッターの苦手なところを狙った。

・最初の1・2回はボールが先行したがそこからどうやってもちなおしたか

どうやって直したかというより、最初は力が入っていた。

3回ぐらいから普通に投げられるようになった。

・良かった球種は

まっすぐとスクリプト。毎回ベンチに帰って山岸さんと「次の回はこうしよう」と話し合って決めた。

・7回に変えられた時

投げたかったとは思った。でも監督にも考えがあって、チームには必要なんだろうなと思った。次は変えられないようにしたい。


村居

・6回の登板はどう言い渡されたか

結構前からピンチになって左打者がきたらいくぞと言われてたから準備は出来ていた

・投げてみて

どんな形であっても点が入ってしまったので、それが先制点になって負けてしまったので悔しい。しっかり抑えたかった。

・昨日は三者連続三振、今の調子は

悪くないし、春と違って攻め方とかも出来てきてるので続けていきたい。

・これからの意気込み

全部の試合負けられないので、しっかり勝ちきれるようにチームに貢献していきたい。


松本哲弊

・今日の調子は?

監督にいつでも行けるようにと言われていた。昨日は出場はなかったが、打席でのイメージは昨日からできていた。

・具体的には大学入ってからどんな練習をされているのか?

高校の頃は冬しかやっていなかったウエイトトレーニングを通年やっている。あとマシンを使って140〜150㌔ぐらいのボールを打つようにしている。

・敦賀気比高校時代は甲子園で史上初の2打席連続満塁本塁打、そして現日ハムの平沼らとともに甲子園優勝。そんな松本選手から見ても大学はレベルがちがったんですか?

はい、ガタイがまず全然違うなって。バットも木に変わるし。そういう感じで全然足りないなと実感したので、しっかりビルドアップしてきたという感じです。関西学生にいいピッチャーが多いのもある。

・平沼は高校でどんな感じでした?また意識はしていますか。今日着ているアンダーシャツも平沼のですが。

やっぱ何やっても1番でしたよ。一人違いましたね。僕高校の初めピッチャーでしたが、もう全然敵わないって感じです。まあでも意識はしています。いつか追いつきたいです。

・なぜプロに行かずに同志社へ?話は多少あったと

んー全く考えなかったです。地元が京都なのと、高校時代は遠くの学校まで出してもらっていたので。京都の大学だと近いんで親も見に来やすいしいいかなと、喜んでくれているし。

・いつか平沼と同じプロへ?

んーまあ長く野球をやりたいですね。

・大学での目標は?

神宮に行きたいです。自分のバッティングで貢献できるように頑張ります。


四川

・初スタメンを知った時の心境

今日の朝に「行くぞ」と監督に言われて、ずっと竹中さんが出てたんですけど、いつでも行ける準備をしようと思ってたんで ( 問題なかった ) 。

・3 番という打順については。高校時代慣れ親しんだと思うが。

大学入って初めてで久しぶりだったので、高校時代のことを思い出しながら 3 番がどういう役割なのか、チャンスメイクしたりチャンスで ( 走者を ) かえしたり、役割を果たそうと思った。

・そういった中マルチヒットで逆方向への長打も出て、手ごたえをつかんだのでは。

最後 ( の一本 ) はフェンス直撃打てて、最初はあんなに飛ぶと思わなかったけど、打った感触は良かったので風もあったと思うんですけど打ててよかった。

・盗塁を試みた場面があったが走塁への意識は。

自分の一番弱い部分。練習の時から走り込み等意識高くやっていきたい。

( 盗塁を試みた場面では ) エンドランのサインだったが打者が空振りして盗塁になった。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について