同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 開幕2連勝:ラグビー部
日本学生氷上競技選手権大会...
第90回日本学生氷上競技選...
課題の冬迎える
後期全勝優勝で幕を閉じる
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
開幕2連勝:ラグビー部
2017/09/28 HEAD LINE NEWS

関西大学ラグビーJr.リーグ (2017年9月24日)

9月24日、関西大学千里山キャンパス千里山中央グラウンド(大阪府)にて行われた関西大学ラグビージュニアリーグ。関大と対戦し、59-10で同志社が勝利。リーグ通算成績2勝とした。


リーグに先駆けて開幕したジュニアリーグでの2連勝で、次につながる試合となった。

スクラムを組む同大と関大


最初のスクラムは関大ボールだった。同志社がターンオーバーに成功し、課題であったスクラムは徐々に成長しつつあった。先制したのは同志社。前半11分、敵陣5m付近のラックからSH山田(神4)がボールを持ち出し、SO古城(スポ2)へとつなげトライ。コンバージョンゴールも決まり7-0。途中、WTB鶴田(法4)がボールを持ち独走する場面もあったが得点とはならなかった。しかし、前半25分敵陣5m付近のマイボールラインアウトからモールを形成し、HO山﨑(社4)のトライ。得点を14-0とした。直後、関大にトライを決められ得点は14-5。同時にWTB山本(商2)がハイタックルでシンビンを取られ、残り12分を一人少ない状態で戦うことになった。だが、関大にリードされることはなく、35分のFL弓削(社2)のトライでゴールも成功。21-5でさらに点差を広げた。


相手をハンドオフではね返そうとする高井(スポ4)



後半2分、やはり魅せたのは鶴田だった。相手のキックをFB高井がキャッチし鶴田へと回す。ゴールへと駆け上がる鶴田に追いつけるものはいなかった。そのままトライ、さすがの走りだった。この試合の主人公は彼だけではなかった。後半6分にラックから山田がボールを持ち出して弓削へ渡り、トライ。25分にもラックから弓削が持ち込んでトライを決め、きわめつけは34分の敵を跳ね返してのトライだ。弓削は今試合で計4本のトライを決めチームに大きく貢献した。全体で同志社は計9本のトライを決め、ゴールも7回成功。59-10で関大に快勝した。


走り抜ける鶴田


相手に絡まれながらも耐える弓削



今回の試合では相手の流れに飲まれることは少なく、スクラムでも優勢を保っていた。30日にはいよいよ関西Aリーグが始まる。この勢いをそのままに開幕戦も白星で飾りたい。(於保いちこ)



○コメント

鶴田桂樹

・個人的な今日の振り返りー

今日は夏合宿で怪我してそっからの復帰戦だったので、自分の絶好調の時のプレーに比べたらできてたことがまだ完全に感覚的に戻ってないものも多くて、ボールを失ってしまうシーンが多かったので。でも結果的に勝利に貢献できるトライも決めれて良かったです。


・チームとしてはー

ジュニアリーグの正式な初戦としてチーム一丸となって、チームに勢いをつけるっていう意味で全員で本気で臨んで、勝って反省できる試合になったので良かったと思います。


・リーグにつながるものはありましたかー

春からやってきたことがジュニアの試合でチームとして出せたので、これは同じことをAチームもやってきてるんで、Aとしても通用する部分がたくさんあったかなと思います。個人的にもレギュラーに食い込んでいくチャンスを頂いてると思うので、まだ今週1週間しっかりやり通して、最終的にはレギュラーに食い込んでいきたいと思います。



松野泰樹(政策2)

・個人的な今日の振り返りー

セットプレーで自分の飛んだところは全部取ったし、相手に競られることもなくて、対応はしっかりできたので良かったと思います。


・チームとしてはー

今日はディフェンスフォーカスで、しっかり体張ってディフェンスのゲインライン取ってて相手にゲインされることが少なかったので。でも、前半最初10分がちょっと相手のペースになりかけたとこがあったから、そこ修正して。

相手ボールになってもブレイクダウンで勝ってたので、そこでターンオーバーして相手のペースにならないように。



山﨑翔太

・試合の振り返りー

先週はA主体のジュニアでした。今週は本格的にジュニアリーグのメンバーで、臨みました。Aチームも日本一になろうと言っているけど、ジュニアも日本一のジュニアになろうという話をしています。質にこだわってラグビーしようという中で、前半から耐えて耐えて、そしてこういう点差で勝てたのは嬉しいです。しかし、今日の試合では伸びしろ、課題も見つかりました。来週の試合に向けてまた練習したいです。Aチームも優勝を目指しているが、もちろん、ジュニアチームでも優勝したい。個人的には、ラインアウトなどのセットプレーがすごく安定していて、そこから攻撃に繋げられたことは良かったです。でも、自分の持ち味のアタックがなかなかできなかったと言う部分が来週に向けての課題。チームとして全体のセットプレーから攻撃につなげられました。バックスが強く取りきれるメンバーが揃っていると言うのが強みなので、フォワードとバックス一体となって、もっと連動性を高めたいと思っています。今日の試合はチーム力で戦えてきているなと感じました。課題としてはディフェンスのミスが多かったように感じられました。ミスを減らしていけるようにしていけたらもっといいラグビーができると思います。


Aの開幕戦についてー

出る出ないは関係なく、自分はチームの一員であることは間違いないので、Aが優勝できるように頑張っていきたいです。



弓削周翼

今試合での4トライについてー

トライを取ること、攻撃力は自分の強みだと思っているので、ボールをもらう回数をしっかり増やして、走ることができました。


チームについてー

セットプレーとか練習してきたことが試合でしっかりとできた。エリアをとったり、しっかりと実行できたと思う。キックの後のディフェンスとかはもう少し、もうちょっとできたかなとも思います。


今日見つかった自身の課題ーー

ディフェンス。タックルを何回か外してしまった。もうちょっと激しくできるようにしたいです。


今後の抱負ー

Aチームで試合に出れるように頑張りたいです。






同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について