同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 2連勝!:サッカー部
日本学生氷上競技選手権大会...
第90回日本学生氷上競技選...
課題の冬迎える
後期全勝優勝で幕を閉じる
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
2連勝!:サッカー部
2017/10/02 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカーリーグ2部A (2017年10月1日)

 

集合する選手


10/1に行われた関西学生サッカーリーグ2A。同志社vs龍谷大の一戦。同志社は2-0で龍谷大に勝利を収めた。

 春季リーグでは3-4-3を採用していた同志社。しかし秋季リーグから従来の4-4-2を採用した。4バックに戻すことにより守備に厚みがでる上に、サイド攻撃にかけられる人数が増え攻撃にも厚みが増した。

 試合は前後半で全く別の異なるものとなる。前半、同志社はゴールへの糸口を見つけられずにいた。駒形のシュートなどで相手ゴールに迫るも、いづれにフィニッシュの精度を欠く。「前半はボールを持ててただけに、細かく繋ぐ意識をし過ぎた。そこでミスがおきてカウンターを狙われた」と福川主将が語ったように、前半の同志社はミスからボールを失い、両サイドバックが攻め上がった裏を狙われるというカウンターに苦しんだ。しかし、2ボランチに入った、稲垣、水谷の好カバーなどによりなんとか防いだ。

 「後半はシンプルにロングボールを使って、相手の裏をとるという戦い方に変えた」

福川主将のこの言葉通り、同志社は後半ロングボールを多用し、前線の中野、竹田を走らせ裏を取る戦法に変更。これが功を奏し、後半は同志社ペースで試合が進む。そして後半8分、裏に抜け出した中野のクロスを竹田が収め、こぼれたボールに稲垣が反応し先制点をあげた。「練習でよくしていた形だったので冷静に流し込むだけだった」と稲垣は語った。前節の2得点はセットプレーによるもの。秋季リーグ初に流れからのゴールとなった。その後も怒涛の攻めで相手ゴールに迫る。後半30分には、水谷が強烈なミドルシュートを放つも惜しくも枠外。そして後半45分、中野の素早いスローインから交代で入った金潤求がGKとの一対一を制し、貴重な追加点をあげた。「ニアが開いていたのでそこに沈めるだけだった」と金潤求は自身のゴールを分析した。

追加点を奪った金潤求


仲間と祝福する


 そのまま試合は終了。同志社は2-0で勝利を収めた。

 

勝利の儀式勝ちロコ

今節も勝ち点3を積み上げることに成功した同志社。優勝のためには負けることが許されない戦いが続く。そのプレッシャーをバネに連勝街道を突き進んでくれ。文責(藤田友樹) 写真(岡本真子)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について