同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > シュートの嵐!大量得点で神戸大に快勝!:アイスホッケー部
日本学生氷上競技選手権大会...
第90回日本学生氷上競技選...
課題の冬迎える
後期全勝優勝で幕を閉じる
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
シュートの嵐!大量得点で神戸大に快勝!:アイスホッケー部
2017/10/03 HEAD LINE NEWS

第64回関西学生アイスホッケーリーグ戦 (2017年10月1日)

10月1日滋賀県立アイスアリーナにて行われた第64回関西学生アイスホッケーリーグ戦。おなじみの関西大学たかつきアイスアリーナを離れ、神戸大と対戦した同志社は立ち上がりから相手を攻め続け23-0で圧勝した。

 

第1ピリオド。フェイスオフからパックを奪うと、開始16秒で先制点を奪う。さらに、33秒、48秒、1分38秒と立て続けに点を重ね計6点を奪い6-0で第1ピリオドを終えた。

 

 

パックの行方を見つめる伊藤(スポ2)

 

 

第2ピリオド。チームの勢いは止まらない。このピリオドも6点追加するも、「立ち上がりの得点が多かったのは良かったが、中盤足が止まってシュートを打って得点につなげられなかった」(高橋・2)と次戦に向けてチームの課題を指摘した。しかし、14-0で第2ピリオドも終えた。

 

第3ピリオド。40分もリンクを走り回っているにも関わらず疲れを知らない選手たち。神戸大に流れを変えられる事無く、追加点を奪っていく。「後輩が守ってきた0点を守り切ろうと思った。」(福田・法4)と強い守りも見せた。攻撃面では終了1秒前までゴールを決めるなど松永(商4)、鶴見(商3)、山内(商2)を筆頭に全ピリオド合計で23得点という高得点を奪い勝利を収めた。

 

 

パックを追う成瀬(スポ4)

 

 

点差をつけての勝利だったが、「ディフェンスのパックを持ってからの攻撃の速さと相手にカウンターを許してしまったこの2つが改善点だと思う」(山内)とまだまだ目標に向かっては改善が必要だろう。この試合によりリーグ戦通算2勝2敗となった。次戦は本来なら初戦であった関学大との一戦である。春リーグの悔しさを晴らすためにも、今試合の勢いにのせて、絶対に負けなられない。(岩本紘奈)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について