同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 1年で急成長した同志社:弓道部
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
1年で急成長した同志社:弓道部
2017/11/08 HEAD LINE NEWS

平成29年度関西学生リーグ (2017年11月5日)

115日に関西大学千里山キャンパスにて行われた、平成29年度関西学生リーグ23部入替戦。

対戦相手は大阪府立大。

メンバーは前立、大前から順に平林(理3)浅見(商4)松本(商2)山本(スポ4)。

後立、大前から順に畑本(文3)保田(スポ2)髙島(商4)池田(理3)。

結果124-112中で同志社が勝利を掴み2部昇格への切符を手にした。

2部リーグ全敗、そして23部入替戦で相手校の大阪芸大に2本差で敗れ3部へ降格した。

忘れることができない屈辱を味わったあの日から1年。

そこには自信に満ち溢れた同志社の弓士たちの姿があった。


緊張した面持ちで挨拶を交わす同志社



先攻は同志社。1立目から順調な的中を見せ、前立後立共に相手校の的中を上回り26-21(全32射)。

しかし2立目49-45(全64射)、3立目74-70(全96射)と4本差が続き差が広げられない。

同志社、大阪府立大共に一歩も引けない状態が続いた。誰一人気を抜けない緊張感から両校空気が張り詰め始めた。

そんな中、4回生の主将・髙島と副将・山本がメンバーに声をかけ続けた。



メンバーに声をかける主将・髙島

試合の合間にメンバーに声をかける副将・山本



迎えた4立目で同志社の勝利が見え始めた。

焦る大阪府大に比べ、堂々と落ち着いた的中を見せ結果98-92(全128射)。

最後の5立目も同志社に焦りは全く見えず、髙島組最後の試合を噛みしめるかのようにスルスルと矢が的に吸い込まれていった。

124-112(全160射)で試合終了。念願の2部昇格への切符を掴み取った。また、今年のリーグ戦でもう一つ、4年ぶりに全国学生弓道選抜大会の出場権を手にした。4年生以外は経験をしたことがない舞台を後輩に残した。


試合終了後、笑顔で集合写真に応じる同志社


この1年で見違えるように成長した同志社。

「昨年の悔しさが忘れられなかった」と畑本は話す。

昨年は100中に満たない結果を出すこともあり、本当に厳しい戦いだった。「この4年間、たくさんしんどい思いをした。でも熱い後輩に支えられやってこれた。」と髙島と山本。

今年のリーグ戦の記録は2部リーグ内でも十分通用する。

来年の同志社は2部内でも上位に上り詰めることができるだろう。

同志社が1部の学校に名を連ねる日は遠くないだろう。


(髙安美里)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について