同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 有言実行!新人戦タイトル獲得!:ソフトテニス部
日本学生氷上競技選手権大会...
第90回日本学生氷上競技選...
収穫得た関西準V
山内魅せた!圧巻の大逆転劇...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
有言実行!新人戦タイトル獲得!:ソフトテニス部
2017/11/16 HEAD LINE NEWS

関西新人ソフトテニス選手権大会 (2017年11月5日)

11月5日に同志社大学京田辺キャンパス(京都府)にて行われた関西新人ソフトテニス選手権大会。10月29日に行われる予定だった2日目が1週間延期となった。同志社からは村上・西村、山﨑・三輪が2日目に残り、秋季リーグ全勝と波に乗る山﨑・三輪が優勝に輝いた。


準々決勝の辻内・梶谷(近大)戦が正念場だった。序盤3ゲームを軽く連取し、試合をものにした思われたが「ゆっくりな展開同士になった時対応しきれなかった」と相手の変化に順応できなかった。第5ゲーム目も熾烈なデュース戦を10-12で落とし、3-2と追いつかれる。しかし、サイドが変わった第6ゲーム目、流れを取り戻した。山﨑がボレーポイントで締めると第7ゲーム目も快勝。なんとか猛追を振り払い、準決勝進出を決めた。



バックストロークを放つ山﨑


準決勝の宮本・山本(立命大)に対しても2ゲーム連取で最高のスタートを切った。G4-1とマッチを握った第6ゲーム目では相手後衛の鋭いコース攻めに悪戦苦闘。ネットに詰めた山﨑がミスでこのゲームを落とした。しかし、第7ゲーム目で三輪が覚醒。躍動感あるボレーやスマッシュを連発し、試合を決めた。



ボレーに向かう三輪


1、2年生の頂点を決める一戦。関大の強力ルーキー谷口・飯田を相手に、一度も手を緩めることなく攻め続けた。インカレベスト8の実力者を相手にストレート勝ちを収め、見事新人戦のタイトルをものにした。



優勝を決め、応援の元に駆け寄る



有言実行だった。「新人戦とります!」秋季リーグの試合後、山﨑は決意の言葉を口にしていた。破壊的なストロークは相手のみならず味方ベンチの度肝をも抜く。数々の経験を経て、超攻撃的から柔軟性も兼ねるテニスプレーヤーへと成長を遂げた。「調子が悪かった」という今大会でも、むやみに打つテニスを捨て、つなげて前衛を生かすテニスに徹した。”勝てるテニス”を体現し、次世代エース大本命に名乗りを上げた。(山崎和泉)



優勝後の記念写真



同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について