同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 好機作るも…開幕初戦は黒星:ソフトボール部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
吉村ベスト8
1部昇格ならずも成長見えた
チームのために出来ること
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
好機作るも…開幕初戦は黒星:ソフトボール部
2018/04/09 HEAD LINE NEWS
園田2000210-------5
同志社0010000-------1

関西学生女子ソフトボール春季リーグ戦 (2018年4月8日)

4月8日に大阪大谷大学にて行われた関西学生女子ソフトボール春季リーグ戦、対園田女子大学。昨年のインカレ準優勝校に対し、同志社は何度も得点のチャンスを作り出しながらも、自陣のミスが重なったことにより流れに乗り切れず、1―5で敗れた。春季リーグは黒星スタートとなった。


初戦で先発を任されたのは森本(社3)。1回裏、先頭打者にヒットを許し無死二塁のピンチを迎えると、続く2番のタイムリーを浴び先制を許す。さらに守備の乱れが重なりこの回で計2点を失う。

3回からは森本に代わり大学公式戦初出場の冨岡(社1)がマウンドに上がる。「思い切って投げようと思った」という冨岡は、デビュー戦ながら3回・4回と連続で三者凡退に抑える落ち着いたピッチングを見せ、スコアボードにゼロを並べた。



先発を任された森本。



この日がデビュー戦となった冨岡。



一方の攻撃陣は、2点を追う2回までは無安打に封じられていたものの、中盤に流れを呼び寄せる。3回裏、先頭の吉岡(スポ3)がチーム初安打となるツーベースを放つと、続く野表(社2)の犠打で1死三塁とする。このチャンスで代打に送られたのは高部(商2)。2球目できっちりエンドランを決め、三塁ランナーの吉岡がホームイン。「いつも通り出来た」(高部)と、場面を想定した練習が功を奏し、理想的な形で1点を返す。続く橋本(社1)は内野ゴロに倒れるも、1点差に詰め寄る。



右中間を破るツーベースを放った吉岡。



高部を迎えるベンチの様子。



しかし、その後の攻撃では細かいミスが重なり、つかみかけた流れを引き渡してしまった。4回裏、同志社の攻撃では先頭の藤井(文情1)がヒットで出塁するも一塁で牽制アウトに。そして5回には無死一、二塁で吉岡(スポ3)が犠牲フライを放つも、一塁ランナーの石川(商3)がタッチアップに失敗し2死三塁となる。続く野表は死球で出塁するも、盗塁失敗でアウトとなり攻撃終了。4回、5回共に先頭打者が出塁するも、得点には繋がらなかった。

ホームベースが遠かった。4点を追う最終回、重富がヒットで出塁すると、石川の四球、野表の死球で2死満塁のチャンスを作る。ここで代打として送られたのは渋谷(スポ4)。応援の声を背にバッターボックスに立ち、2球目を思い切り振った。しかし悔しくも内野ゴロに倒れ、試合終了となった。最終回に粘りの攻撃を見せたが、試合途中のミスが響き、開いた点差を縮めることは出来なかった。



この日2安打を記録した重富。



盛り上がるベンチの応援。



結果は黒星スタートとなったが、新チームの結束力を示した1戦目となった。「ピンチの時も笑顔で、最後まで全力で戦い抜く」ことを胸に挑んだ初戦。その言葉通り、同志社のベンチは終始明るい雰囲気が絶えなかった。次戦には立命大との戦いを控える。毎年、一段と盛り上がるという同立戦。勝つためには「どれだけ自分たちの力を出し切るか」(重富)がカギとなる。同志社のチーム力を存分に出し切り、次戦でリーグ戦初白星をつかみにいく。(高松さやか)


【結果】

VS園田女大 ●1-5


【スターティングメンバー】
1(左)橋本…社1
2(右)藤井…文情1
3(遊)金谷…商4
4(指)岩本…商1
5(中)重富…スポ4
6(二)石川…商3
7(捕)吉岡…スポ3
8(一)野表…社2
9(三)冨山…スポ1
(投)森本…社3


【バッテリー】
森本、冨岡(社1)、前田(文3)、立迫(商2)―吉岡


【コメント】
杉原監督
(今日の試合を振り返って―)
秋リーグでは負けたが、その時よりは良い試合になったと思う。
(新チームのバッティングの調子は―)
4回生は就活もあってしんどい面もあったが、キャプテンも2安打したし1年生も思い切って打っていたので、園田相手にヒットの数はこんなもんだと思う。ミスがあったのが残念だった。
(園田に通用すると思った点は―)
もっと抑えられると思った。ピッチャーも2番手かもしれないが、1点取り、ヒットも出たし、吉岡に長打も出た。ミスがなければもう少し迫れたのではないかと思う。決して悪くない試合だった。
(春リーグの意気込み、目標―)
最高が1部で5位なのでそれを上回る成績を残したい。2部に落ちることのないように。過去の成績を上回りたい。


#10 重富
(今日の試合を振り返って―)
チャンスの場面で高部がエンドランをしっかり決めてくれた。自分の中でも代打は迷いなかったし、練習で100パーセントでやってたから、「これは高部やな」って思った。自分の期待通りしっかり決めてくれて、流れもこっちに来た。でもやっぱり、無駄な失点があるところが相手との違い。タッチアップとかランナーの走塁ミスであったり、そういう細かいミスがあって点に繋がらなかったし、相手に流れを渡してしまった。そういう細かいミスに相手もつけ込んできたし、そこの差が出た試合だったと思う。
(初戦の相手が園田女大、どういう声掛けをして臨んだ―)
思い切って楽しんでやるだけ、今までやってきたことをやるだけっていうのがこの試合の目標だった。チャレンジャーの気持ちを忘れずに、ピンチの時も笑顔で、全員で最後まで全力で戦い抜こうって言ってました。
(次の試合に繋がると思ったこと―)
吉岡とか、バッティングが上がってきた子もいるし、そこはすごい期待できるなと思う。エンドランで1点取れたのは大きかったと思うし、ピッチャーも頑張って踏ん張って投げてくれたのは良かった。でも、当たり前のプレーをしてたらそんなに失点も大きくならないはずだから、当たり前のアウトをしっかりとれるようにっていうことは再確認しないといけない。雰囲気としては全然良かったと思う。
(次戦に向けてー)
次は同立戦。毎年リーグでは1番楽しいというか、1点差ゲームとかの良い試合になるので、どれだけ自分たちの力を出せるかというところ。次の試合も思い切って楽しんで、勝ちに行きたいと思います。


#9 吉岡
(今日の試合を振り返って―)
防げる細かいミスが結構あって、それで点を取られるというもったいない失点が多かったというのが1番。もったいないミスを1番防がないといけない相手なのに、ミスが多かったところ
がもったいないと思った。
(キャッチャーとして―)
今日は継投で全員投げるつもりでいったので、バッターに対して何巡目とかで配球を変える必要がなかったので、ピッチャーの1番いい球を全力で使ってという感じだったのでやりやすかったです。
(3回には2塁打、自身のバッティングを振り返ってー)
急きょ1週間前にフォームを変えて、不安はあったけどここまで来たら一緒だと思って、思い切っていけたのでいい方向に出て良かったです。
(リーグの意気込みー)
残り全部勝ちに行きます。


#5 高部
(今日の試合を振り返って―)
園田相手にしては良い試合ができたと思う。
(代打での出場、どんな気持ちで打席に入った―)
エンドランをやると練習の時からずっと話していたので、特に緊張もせずいつも通り出来た。
(打点を挙げたが、自分のバッティングを振り返って―)
点は入ったが、その前に三塁に進めてくれたみんなのおかげだと思います。
(春リーグへの意気込み、目標―)
チームが勝てるように自分ができることを精一杯やっていきたい。チームの目標は3位以上。一試合一試合大切に、できることをみんなでやってチームで頑張っていきます。


#17 冨岡
(今日の試合を振り返って―)
デビュー戦だったので思い切って、怖がらずに投げることを目標にした。多少の緊張はあったが、バックで先輩たちが声をかけてくださったので安心して投げることができた。
(マウンドに上がった時の気持ちは―)
与えられた役割は必ず果たそうと、思いっきり投げようと思った。
(良かった点、反省点は―)
反省点は、どうしても緊張して100%の力を出し切ることができなかったこと。試合で緊張しないようにもう少しメンタルを強くしたい。でも、100%の力が出し切れない中でも、今出来ることをしっかりできたので、良い結果が出たと思う。
(春リーグの意気込み―)
このリーグは自分にとって初めてのリーグではあるが、先輩たちと共にしっかりと戦って一戦必勝で頑張っていきます。







同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について