同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 快勝‼同立戦への期待も高まる:軟式野球部
大学アイスホッケー交流戦
全国の舞台を経て次なる戦いへ!
'18夏の展望「...
インカレ出場権は秋リーグに...
'18夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
快勝‼同立戦への期待も高まる:軟式野球部
2018/04/13 HEAD LINE NEWS
同志社10200023×
関学大00000000×

関西六大学軟式野球春季リーグ (2018年4月11日)

4月11日に寝屋川公園第一野球場(大阪府)にて行われた、関西六大学軟式野球春季リーグ第3戦。

同志社は関学大相手に、8-0で快勝した。


初回から、我らが松井(商3)が男を魅せた。前戦で関大に敗れた同志社は、なんとか悪い流れを断ち切る必要がある。チャンスで松井に打順が回ると選手たちの不安を吹き飛ばすかのように適時打を放ち、見事先制点を獲得することに成功した。「初回に1点取りたかったので、少し肩の荷が下りた」と安堵の表情で語る。

3回には相手のミスで松井、松本が続いて出塁し、和田の犠飛と三輪の左中間へのヒットで2人がホームベースに帰還。2点を追加した。

フルスイングする松井(商3)


好調なのは打線だけではない。近頃なかなか結果が出ていなかった田川(商3)が調子を取り戻した。「ひとりひとり、丁寧に投げることを意識した」という田川は、気付けば6回までノーヒットと関学打線を沈黙させた。

3点リードのまま、7回表。死球で松井が出塁する。無死一塁、もう1点欲しい同志社が迎えた打順は4番・松本だ。

放たれたボールは関学大の左中間を鋭く裂いた。二打点の活躍で、絶対的な4番の姿を見せつける。

7回裏も田川の好投はとどまることを知らず、三者凡退で抑えた。

力強い投球をする田川(商3)


笑みを浮かべる松本(商3)


8回では井関(スポ健3)のヒット、相手のミスが続き3点を追加した。裏ではピッチャーが田川から藤本(社2)、木崎(商2)に代わりなんとか無失点で抑え、8-0で8回コールド勝ちを決めた。


チーム全員で手に入れた白星だった。ひとりひとりが自分の役割を全うし、完全に同志社のペースに持ち込んだ。いよいよ次戦は、宿敵・立命との直接対決だ。「立命は正直強いです。でも、僕らのほうがもう一個強いってところを示したい。」 主将・松井の言葉から立命にかける思いが伝わってくる。いざ、戦いのとき。伝統の一戦で、今までの思いをぶちかます。(竹山 麗奈)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について