同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > ルーキー初出場:アーチェリー部
関西学生野球春季リーグ
第50回京都拳法リーグ戦・...
主将セレクション「應援團」
6-0で大勝!春リーグ初白星
'18春の展望「...
普段の練習の成果を発揮でき...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
ルーキー初出場:アーチェリー部
2018/04/14 HEAD LINE NEWS

第53回関西学生アーチェリーリーグ戦 (2018年4月8日)

4月8日、京都大学レンジにて行われた第53回関西学生アーチェリーリーグ戦第2戦。この日の対戦相手は京都産業大学。

同志社からは、田中(スポ4)、石田(法1)、伊藤(スポ1)、平子(スポ2)、福持(文情4)が出場した。

グランドトータル3169-2860で京産大を下し、リーグ通算2勝目をあげた。



出場メンバー



寒空の中行われたリーグ戦第2戦。桜が舞い散る中、同志社から2人のルーキーが大学戦デビューを果たした。

高校でもアーチェリーをしていたルーキー石田と伊藤。2人にとって大きく環境が変わった中での試合だったが、ルーキーとは思わせないくらい落ち着いていた。

序盤、緊張している様子だったが、コーチや先輩、同輩の応援により徐々に自分の力を発揮していく。30㍍ラウンドでは石田が30金をたたき出す。「30金打った前のやつがあんまりよくなくて、次こそは縮こまらないで思い切って打とうと思って打ったら全部10点に入ったので嬉しかったです」と振り返った。この日、石田はデビュー戦ながらもこの試合の目標点数であげていた650点を超える651点を記録した。出場選手5人の中で1番スコアが良く、チームにとって欠かせない存在となった。伊藤も団体で戦うことに慣れていない中奮闘していたが、自身は練習通りにできていない時があったと感じていた。



ルーキー石田


ルーキー伊藤



今試合も30金をたたき出す選手が多かった。リーグ戦初出場の平子は、30㍍3エンド目に、主将・田中は最終エンドに30金をたたき出した。最後の最後まで同志社の力を見せつけ、チームの目標点数である3200点に手の届くところまでスコアを伸ばした。



最終エンドで30金をたたき出した田中



リーグ戦第2戦にして大型ルーキーが存在感を見せつけた。今試合から、伊藤は「点数は練習以上、打ち方は練習通りに打てるようにしたい」、石田は「練習の自己新が662点なので次は試合でも越えられるようにしたいです」とルーキーながらも頼もしい目標を語った。戦う時は先輩後輩など関係ない、点数を出せる者が選ばれる。次なる戦いでは誰が出場メンバーに選ばれるのか、さらにメンバー争いが激化することだろう。(大石きらり)



以下詳細成績(50㍍トータル/30㍍トータル/グランドトータル)

1的 田中仁菜(スポ4) 287/338/625

2的 石田華野(法1) 310/341/651

3的 伊藤沙希(スポ1) 290/324/614

4的 平子可織(スポ2) 296/341/637

5的 福持実佳(文情4) 304/338/642


リーグ通算2勝

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について