同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 我慢の時:サッカー部
西日本学生新人戦
春関4日目 同志社全勝!
開幕戦でつかんだ2つのメダル
近畿男子の日常~オフシーズ...
近畿男子の日常~オフシーズ...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年5月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
我慢の時:サッカー部
2018/04/25 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカーリーグ1部 (2018年4月18日)

4月18日にJ-GREEN堺メインフィールドで行われた関西学生リーグ第3節vs関学大。同志社は0-2で敗北した。

スターティングメンバー


前節、レッドカードをもらい出場停止の杉原(スポ4)に加え、「今日は守備的な戦いになる。」(望月監督)という戦術的な2つの面でボランチには今季初先発で高校ではCBだった児玉(スポ2)と前節と同様に井村(4)が並んだ。


先発を果たした児玉(スポ2)


結果、この選択がディフェンスで大きな仕事を果たす。このボランチ2人が相手のトップ下2人にしっかり対応し、相手に流れを与えない。一方、攻撃は左サイドの駒形(3)のドリブル突破が光るもPA内でのシュートが0本と相手ディフェンスラインを崩しきれず、両者拮抗したまま前半を終える。

後半に入ると、同志社は左サイドから徐々にテンポアップ。駒形のスルーパスに金(4)が抜け出しキーパーと11になるが相手キーパーのファインセーブで得点ならず。また、竹田(商3)とのワンツーから突破した駒形が中央の井村にパス。金を経由して右サイドの川本(経4)へと繋ぎ、グラウンダーのクロスで竹田に合わせるもミートせず防がれてしまう。


得意のドリブルでチャンスを演出した駒形(経3)


今節も貪欲にゴールに迫った金(商4)


決定機を決めきれずにいると、78分、サイドで与えてしまったFKから頭で合わせられ先制点を許してしまう。さらに85分にCKからまたもヘディングで決められ万事休す。「ポジショニング、判断といったところでミスが重なってしまった。」と西村(スポ2)は悔やんだ。

チームはこれで3連敗。だが、今までの相手は常に1部リーグで優勝争いをする強豪校だった。チームには決定力不足やいまだ定まらないボランチなど各所に課題はあるが、試合ごとに良くなってきている。次節は好調・桃山大。勝ち点を取れば波に乗ることができるのは言うまでもない。我慢の時を経て、ここから1部残留へ正念場を迎える。(久保孝太)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について