同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 先制実らず5連敗:サッカー部
関西大学ラグビーAリーグ
'18秋の展望「...
勝利するも課題は浮き彫りに
天理大に完封負け
’18秋の展望「バドミント...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
先制実らず5連敗:サッカー部
2018/05/05 HEAD LINE NEWS

関西学生学生サッカーリーグ (2018年5月2日)


52日に行われた阪南大vs同志社の一戦。同志社は1-2で敗北した。

同志社は前節から大幅にメンバーを変更。GKには今シーズン守護神を務めていた西村に変え、ケガから復帰した白岡を起用。

中盤の底にはルーキー池平を、右サイドハーフには4年生にして初スタメンを勝ち取った大雄一慶を据えた。

スターティングメンバー


怪我から復帰した守護神白岡

試合は今季初勝利を目指す同志社が先制に成功する。前半18分、前線からの積極的なプレスに慌てた相手DFGKにバックパスを試みるも竹田が素早い反応を見せ、パスをカット。そのまま落ち着いてゴールに流し込み先制点をあげた。この得点に関して竹田は、「やっとかなって感じです」と今シーズンの初得点に安堵の表情浮かべていた。

前半の早い時間に先制に成功したが、相手は強豪阪南大。すぐに試合をイーブンに戻される。同25分に相手のグラウンダーパスに守備陣がもたついたところを詰め寄られ失点した。そのまま1-1で前半は終了した。


得点後、ガッツポーズをする竹田

エンドが変わって後半早々、左サイドからのクロスに川本が頭で合わせるも、これは惜しくもGK正面。同志社は粘り強い守備からのカウンターで阪南大を苦しめるも、同20分にクロスボールにフリーで合わせられ一旦は白岡が弾くもセカンドボールに詰められ失点を喫した。その後、駒形、岩田と立て続けに起用し逆転を目指すもそのまま試合は終了。最終スコアは1-2。強豪阪南大に惜敗した。


初先発ながら気迫のプレーでチームを鼓舞した大雄一慶


試合後主将吉村は「勝てる試合を落とした。相手に決定機をあまり作らせなかったが、ワンチャンスをものにされた」と肩を落としていた。

この敗北で5連敗となった同志社。しかし試合内容だけを振り返ると去年の上位陣に対して善戦しているのは確かだ。「どこかでこの流れを断ち切れば勢いに乗れる」と大雄一慶が語ったように、同志社は一つの勝利で勢いに乗る可能性を秘めている。次節は昨年インカレベスト4の関大だ。サッカー部全員で勝ち点を。下克上の時が来た。(藤田友樹)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について