同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 全国選抜、団体予選敗退も王者から2得点:相撲部
2018年度 関西大学バレ...
関西学生バスケットボールリーグ戦
月1座談会 第5弾「縁の下...
課題見えた全日本ダート
水本、悲願のクラス2昇格
月1座談会 第4弾「勝負の...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
全国選抜、団体予選敗退も王者から2得点:相撲部
2018/05/06 HEAD LINE NEWS

第58回全国大学選抜相撲宇佐大会 (2018年5月3日)

5月3日に宇佐市総合運動場相撲場(大分県)で第58回全国大学選抜相撲宇佐大会が行われた。同志社は団体戦では0勝3敗で予選敗退となったものの、予選第1回戦では西の強豪校・近大から2得点を奪った。しかし個人戦では中栄(法4)と田中(法3)2回戦に進出するも、そこから駒を進めることが出来ずにトーナメントから姿を消した。

 

団体戦には先鋒北村祐(社4)、二陣・トゥルトクトホ(社3)、中堅・田中、副将・村上(社1)、大将・竹林(スポ3)で挑んだ。

団体予選第1回戦で近大と対戦した。近大には昨年の西日本大会で王者の力を見せつけられた。先鋒北村祐が立ち合いから勢いよく相手にぶつかり、そのまま土俵の外へ押し出した。



相手を押しだす北村祐


取り組み直後



この勢いのまま二陣のトゥルトクトホが土俵に上がった。「先鋒が勝ってくれていたし、年下には負けたくないと思っていた」と強い気持ちでぶつかった。両者が相手のまわしを片方掴み、組み合いが長時間続いた。先に反対のまわしを掴んだのはトゥルトクトホだった。相手のまわしをしっかり掴み、押し倒しで白星を奪った。



相手と組み合うトゥルトクトホ



あと1点で勝利となるところ、中堅田中が対戦するのは今大会の個人戦王者元林(近大)。相手のまわしを掴み、組み合うも力及ばず黒星となった。副将、大将と勝利を続かせたいところだったが、王者の実力を見せつけられる形となり2-3で敗北した。

 

団体予選2回戦では東農大と対戦、1回戦の近大から2得点を奪った勢いを見せたいところ。しかし0-5と一度も点を奪えずに終わった。

団体予選3回戦で九情大と対戦。相手には近大と同じく、昨年西日本大会で強さを見せつけられた。星を奪いたいところだったが、0-5と悔しい結果となった。

 

つづく個人戦、直前の団体戦とはまた違った雰囲気が会場に流れていた。

田中、中栄が1回戦突破を果たすものの、全国の壁は厚く2回戦で同志社は姿を消した。

 

(2回戦以降)先鋒の自分が勝てていなかった責任がある。」と北村祐は今大会の先鋒として、また主将としての責任を感じていた。団体戦、個人戦ともに結果は振るわなかったものの、西日本王者近大との対戦内容から得たものは確実に生かされる。シーズンは始まったばかり、同志社相撲部はここから躍進を遂げる。(中村有希)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について