同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 京産大に快勝!全国へ王手!:準硬式野球部
西日本学生新人戦
春関4日目 同志社全勝!
開幕戦でつかんだ2つのメダル
近畿男子の日常~オフシーズ...
近畿男子の日常~オフシーズ...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年5月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
京産大に快勝!全国へ王手!:準硬式野球部
2018/05/15 HEAD LINE NEWS
同志社020000102-----5
京産大010000000-----1

関西地区大学準硬式野球選手権大会 (2018年5月14日)

5月14日、大阪シティ信用金庫スタジアム(大阪府)で行われた第70回関西地区大学準硬式野球選手権大会。同志社は京産大と対戦し、5-1で快勝。5月16日に行われる準決勝進出を決めた。


リーグ優勝から3週間。小熊組はさらなる進化を遂げていた。ベンチは春リーグ以上の盛り上がりを見せ、打者は俺が打つという活気に満ち溢れていた。


試合前笑顔を見せる選手たち


先制に成功したのは同志社。2回、DHとして攻撃の要となる佐藤唯(スポ3)が左前二塁打で出塁。相手の暴投により1点を決める。さらに同じく暴投で出塁した加藤(スポ3)は石塚(文4)の犠打、さらに澤村(スポ4)の左前適時打で塁へ戻り2点目を追加した。


春リーグで不調を見せたピッチャー冨永(法4)は復活を遂げる。2回に1失点とするも、計4回の三者凡退を見せた。「今日勝たないと今まで勝ってきた意味がない。全力で投げた」冨永の投球に何度も球場が湧いた。「球に気持ちがこもっているように感じた」とバッテリーを組む澤村。これぞエースと言わんばかりの風格を見せた。


ガッツポーズを見せる冨永(法4)


両者無得点が続く中、7回に同志社が持ち前の勝負強さを見せた。小熊(スポ4)、小松(社2)が四球で出塁し二死一二塁となる。四番打者烏田(政4)が左前安打を打ち、1点追加。京産大を引き離した。 


冨永が我慢の投球を見せ無失点に抑え、迎えた9回。一番打者からの好打順で迎えた。小熊が出塁すると柴山(スポ3)が犠打で三塁へ送り、小松が相手のエラーを誘い1点追加。さらにまたも烏田の左前安打により2点目を追加した。「前日の澤村のアドバイスが自分の中ですごく活きた。感謝している」(烏田)。チームの絆が生んだ得点だった。


1点を追加し、ハイタッチする小熊(スポ4)

適時打を打ち喜びを表す烏田(政4)

強敵京産大相手に先制し、追加点を取り、終盤も失点することなく勝利するといういい流れを作った。二連覇という高い目標を皆が持ち、春リーグ終了後練習を積んできた成果だと言える。次戦は全国を決める大一番。勢いを切らすことなく全員野球で勝利を掴む。(安本夏望・川中真那・久保友紀恵)

スタメン
3 小熊
8 柴山
4 小松
7 烏田
6 佐藤大
DH 佐藤唯
7 加藤達
9 寺田
2 澤村
P 富永

バッテリー
冨永ー澤村
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について