同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 堀、西日本初V:体操競技部
関西学生ハンドボール春季リ...
関西学生ハンドボール春季リ...
昨年超え全国ベスト4
ヒューマンヒストリー片岡樹...
ヒューマンヒストリー今井栞...
同志社のフィギュアスケート
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年2月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
堀、西日本初V:体操競技部
2018/05/25 HEAD LINE NEWS

第68回西日本学生新体操選手権大会 (2018年5月23日)

5月2324日までに北九州市立総合体育館(福岡県)にて行われた第68回西日本学生新体操選手権大会。堀孝輔(スポ2)が個人総合で優勝を果たした。

関西インカレで2連覇を果たし、関西王者として挑んだ西日本インカレ。1日で4種目行われた関西インカレとは異なり、今大会では1日目にスティックとリング、2日目にローブとクラブが行われた。

優勝への道のりは決して平坦ではなかった。最初の種目、リングで手具の落下という明らかなミスを犯した。その影響もあり、点数が伸びず、5位からのスタートとなった。しかし、このままでは終わらない。「ここで沈んだら、成長した自分が見せられない」。気持ち切り替えて臨んだスティックでは目立ったミスなく、圧巻の演技を披露。スティック種目で唯一の18点台を叩きだし、1日目を2位で終えた。


リングの演技を披露する堀


追う展開となって迎えた2日目。1日目の終了時点の勢いそのままに堀が魅せる。3種目目のリングを種目1位で終えると、4種目目のロープでは圧巻の演技を披露。高精度のタンブリング、切り裂くかのようなロープさばきで観客を堀の世界へと引き込んだ。ロープ、リングともに1位を取り、逆転で自身初の西日本優勝を果たした。



ロープの演技



関西に加え、西日本の覇者となった。しかし、堀は決して満足していない。「優勝はしたが、内容が伴っていなかった。試合でベストパフォーマンスを発揮できるように心がけていきたい」。次の舞台は全日本インカレだ。「東はレベルが高いが、優勝を目指してしっかり練習に取り組む」。頂点を目指し、堀の挑戦が始まる。(宇佐美義人)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について