同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 春関6日目 残りの枠をかけた最終決戦:テニス部
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
'19春の展望「...
新チーム初白星!【ラクロス...
’19春の展望「卓球部男子」
ダブル入賞!チームを勢い付けた!
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
春関6日目 残りの枠をかけた最終決戦:テニス部
2018/05/30 HEAD LINE NEWS

平成30年度関西学生春季テニストーナメント / 6日目 (2018年5月26日)

5月26日に靱テニスセンター(大阪府)にて平成30年度関西学生春季テニストーナメント6日目が行われた。本日は男子ダブルスインカレ選考、女子ダブルスインカレ選考が行われた。同志社からは男子ダブルスに石島(商4)・岩田(商4)組、中山(スポ4)・大窪(法2)組、女子ダブルスに大塚(商2)・伊藤(スポ1)が出場した。


まずは男子ダブルスからだ。ベスト8入りを果たした2組は、インカレ予選の出場は確定していた。だが、直接本戦出場の枠は6つ存在していたため、本日の1発勝負に勝利すればその切符を手にできる。2組とも相手は甲南大ペア。惜しい場面も多々あったものも、2組とも敗北。予選からの出場が決まった。


男子ダブルスでインカレ予選出場を決めた(左)石島、(右)岩田


ポイント間、常に笑顔の(左)大窪、(右)中山


一方女子ダブルスには本戦出場の枠が7つあるため、負け残りのトーナメント方式がとられた。初戦の相手には負けたものも、2回戦の相手にはG8-6で見事勝利を収め、本戦出場を決めた。


女子ダブルスでインカレ本戦出場を決めた(左)伊藤、(右)大塚


昨年、インカレ出場を期待されるも叶わなかった岩田は、「昨年は出れなくて悔しかった。出場できるということは夏までのいいモチベーションになるから、すごくいい切符を手にしたと思う。」ラストイヤーはダブルスでの大暴れに期待する。パートナーである主将の石島は「初めてのインカレだし、楽しみたい。」と出場の喜びをあらわにした。単複本戦からの出場となる大塚は「去年は1回戦で負けたので、今年はもっと関東の相手に自分のテニスが出来るように頑張りたい。」と抱負を語った。


長い一週間を終えた。同志社の戦士たちは誇りを胸に試合に臨んだ。結果、8人の選手が8月に岐阜の地で戦える。インカレに惜しくも届かなかった選手たちの次の試合は8月下旬に行われる夏関だ。それまでに今回の春関を通して見つかった課題に取り組む。一方、全国出場を決めた8人の選手たちの次の戦いは8月上旬。暑さも増し、体力が勝負の鍵となってくるであろう。残りの2ヶ月間でどこまで進化を遂げれるかが、インカレで勝利するための大きな鍵となる。春関で敗戦した悔しさをバネに、インカレでは勝利を掴みたい。そして京都へ笑って帰ってこれるよう、これからも日々ショットを磨く。(川田翼)



【5月26日 / 6日目 結果一覧】

男子ダブルスインカレ選考(本戦決め)

石島(商4)・岩田(商4)× 4-8 ◯吉田・福嶋(甲南大)

中山(スポ4)・大窪(法2)× 3-8 ◯岡崎・藤永(甲南大)


女子ダブルスインカレ選考1R(本戦決め)

大塚(商2)・伊藤(スポ1)× 4-8 ◯樋口(阪大)・窪之内(大市大)


女子ダブルスインカレ選考2R(本戦決め、負け残り)

大塚・伊藤◯ 8-6 ×笠原・浦上(大教大)



【インカレ出場選手】

男子シングルスインカレ予選 中山、大窪

男子ダブルスインカレ予選 石島・岩田組、中山・大窪組

女子シングルスインカレ本戦 大塚

女子シングルスインカレ予選 池内(七)(社3)、中谷(スポ2)

女子ダブルスインカレ本戦 大塚・伊藤組






同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について