同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > チームで掴んだ勝利!:バスケットボール部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
最初で最後の大舞台
3大会ぶりの関西準V!
チームのために出来ること
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
チームで掴んだ勝利!:バスケットボール部
2018/06/06 HEAD LINE NEWS

第67回西日本学生バスケットボール選手権女子 (2018年6月5日)

6月5日に府民共済SUPERアリーナ(大阪府)で行われた第67回西日本学生バスケットボール選手権大会。北陸学院大相手に66-58と快勝し、3回戦に駒を進めた。

試合開始わずか10秒で後藤(社3)がポイントを先取。幸先のよい滑り出しではあったものの、第1Qは両校が得点を伸ばせず、14-15と北陸学院大が僅差でリードした。

ジャンプボールで試合開始

第2Qは序盤から北陸学院大の硬いディフェンスにゴールを阻まれた。相手の鋭い切り込みにも苦戦し、第1Q同様互いに得点は伸びなかった。30-28と踏ん張り、同女大2点のリードで前半を終えた。

シュートを打つ深堀(スポ2)

カットインする野村(政策3)

第3Qも同女大の先制ポイントから始まった。前半とはうって変わり、押しつ押されつの白熱した展開。松本(同女・現代社会1)と石坂(同女・学芸1)の1年生ルーキー2人が攻守共に闘志を見せた。

勝負の第4Q。同女大はディフェンスもさる事ながら、決しの猛攻で一気に流れを掴んだ。北陸学院大の動きが鈍くなったスキをついてゴールを量産。66-58と差をつけて勝利を手にした。

士気を高めるプレイヤーとベンチ

試合中のベンチの様子

やはりこの試合もベンチは熱かった。第1Qから試合終了まで一度も休むことなく声をかけ続ける。「まずベンチが盛り上げて、それに中が応えるというスタイル」これが"同女らしさ"だと選手たちは声を揃えた。「コートの選手が良いプレーを継続できるよう、良かったところは絶対に自分が早く見つける(菅沼)」。場所は違えど、一緒に戦うコートとベンチ。チーム力と粘りのディフェンスを武器に次戦へ向かう。(藤城 明子)
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について