同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 勝ち点取れず:サッカー部
第96回関西学生サッカーリ...
関大に惜しくも敗北
10得点で大勝。秋季リーグ...
選手コメント
西谷監督へのインタビュー
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
勝ち点取れず:サッカー部
2018/06/09 HEAD LINE NEWS

平成30年度関西学生女子サッカー春季リーグ戦 (2018年6月3日)

6月3日に関西大学高槻キャンパス第1グランドにて行われた平成30年度関西女子学生サッカー春季リーグ第4節。同志社は京都教大と対戦し1-2で惜しくも敗れた。


前節のスターティングメンバ―から竹田(文情1)と横山(スポ3)が怪我で離脱し、代わりに池田夏(法1)を起用するも1人少ない状況で試合に挑むこととなった。しかし同志社はリスクを抑え、固めながら素早いカウンター1本を狙った戦術で10人でも戦えるように準備していた。


10人のスターティングメンバー


前半、両者譲らない展開が続いた。ゴール前までボールを運ぶもシュートまでつなげることができず0-0のまま前半が終了。後半は鈴木(スポ2)が積極的に攻撃を仕掛けた。後半12分、バイタルエリアから鈴木が一人で駆け上がり、相手DFを抜き、GKと1対1に。冷静にGKをかわしゴールを決め先制点を挙げた。追加点が欲しい同志社だったが、同25分にペナルティーエリア中央から豪快なシュートを放たれ同点に追いつかれた。さらに同31分にはペナルティーエリアでファールを取られPKで得点を許し1-2となった。「後半の後半からは完全にやられるままだった」(監督)と後半徐々に試合を支配され同志社は1-2で敗戦を喫した。



積極的に攻撃を仕掛ける鈴木


厳しい状況の中でも戦い抜いた同志社なでしこ。それでも相手がいろんな部分で上回っていたと監督や選手は感じていた。自分たちの戦術を最後まで貫くことができず、3試合連続で勝ち点から遠ざかっている。泣いても笑っても春季リーグ戦は残り2戦だ。怪我で離脱していくメンバーが多い中、いかに出場できるメンバーで戦術を詰めていけるかがポイントとなってくる。2戦連続で勝ち点を取り、1つでも上の順位を目指していきたい。(大石きらり)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について