同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 個人選手権 3名が入賞:陸上競技部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
立命大に快勝し、秋リーグ準優勝!
入賞者おらず、苦しい結果に
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
個人選手権 3名が入賞:陸上競技部
2018/06/19 HEAD LINE NEWS

日本学生陸上競技個人選手権大会 (2018年6月15日)

6月15日から17日にかけてShonan BMW スタジアム平塚(神奈川県)で行われた日本学生陸上競技個人選手権大会。同志社からは4名が予選を突破し、3名が入賞した。



第1日は女子100mHが行われた。4名の選手が出場し、柴田(スポ4)、平賀(商3)、丸本(スポ2)の3名が予選を通過した。

 唯一13秒台で走った平賀は準決勝でも力を見せた。先月の関西インカレで記録した13秒82の自己ベストを0秒10更新し、13秒72で見事決勝進出を果たした。

自身初の全国大会決勝は「ワクワクした」と、楽しみながら決勝レースの雰囲気を味わった。結果は追い風参考記録の13秒72で6着となった。

13秒72は日本選手権A標準を上回るタイムだ。「切ろうと思っていたので目標を達成できた」と振り返ったが、満足はしていない。関西インカレの決勝では追い風参考記録ながらも13秒69を記録しているため、「まだまだいける」と更に高みを目指す心意気を見せた。まずは2週間後の西日本インカレで優勝を目指す。



ハードルを越える平賀



第2日は400mHで新城(スポ4)が準決勝に進出した。「前半は上手く入れた」。スタートからほぼトップで、バックストレートでさらに前に出る。そのまま第3、4コーナーは先頭を走った。ラストの直線に入り、残すハードルはあと1台。跳んだ時点では1位だったものの、ゴールを目の前にして疲れが出てしまった。背後に迫っていた2人に抜かれ、3着でゴール。51秒57で予選より1秒以上タイムを上げたが、全体9位で惜しくも決勝進出とはならなかった。

 「勝てるレースだったが勝ちきれなかった」と悔しさをにじませた。次に控える全日本インカレで決勝に上がるため、50秒台中盤をコンスタントに出せるよう調整を進める。



トップでハードルを越える新城



また、同日行われた10000mWでは杉山(スポ3)が入賞した。スタート直後は先頭集団にいたものの2000m時点ですでに集団はばらけ、前を歩く2人の選手を追った。4000mを過ぎた辺りから遅れ始め、後ろを歩く選手に抜かされ順位を落としていった。残すところあと5周、スパートをかけて再びペースを上げた。ラスト3周から2周ではラップタイムを1分56秒から1分53秒と約3秒も縮めた。最後の1周はさらに1秒縮めた1分51秒で歩き、結果は48分15秒00で5着となった。



コーナーを歩く杉山



最終日は、男子800mで木原(経4)が4位に入賞した。関西インカレ2位入賞から約1ヶ月、コンディションは「不調だった」としながらも、全国で結果を残した。

2日目に行われた予選、準決勝から強さを見せつけた。予選では1周目と2周目途中まで最後方につける「木原流」がさく裂した。ラスト200mで一気に先頭に食らいつき、ゴール手前で流して1分52秒59で3位。レース後も余裕の表情で予選を突破した。

 準決勝は小雨の中1分54秒70とタイムを落としながらも1組2位で通過した。スタートからスローな展開で、1周目を先頭集団3番手で駆ける。その後も問題なくフィニッシュし、決勝へと駒を進めた。

迎えた最終日、冷え込んだ前日とは打って変わり、20度前半で暖かい日差しが差し込んだ。

競技時間がずれ込み14時30分過ぎから800m決勝が始まった。木原は大外の8レーンからスタートし、第2コーナーで最後方につける。バックストレートを抜けた200mから400m付近で先頭集団のペースが落ちるも差を縮められない。最終周を告げる鐘が鳴るも依然木原は最後方。バックストレートで先頭の入れ替えが多少あり、木原も最後の追い上げを見せる。だが序盤に開いた差は大きく、ホームストレートのラスト数十mでも相手を差し切れず4位でフィニッシュした。

レース後も木原は冷静だった。「200mから400m付近で差を詰められなかった」と反省し、「500mから600m付近で食らいついた選手に負けた」と分析する。資格記録では優勝選手と同タイムの4位タイだったため悔しさも残る。

それでも、今季の全国規模の競技会はまだ多く控えている。今後目標に掲げる国体と、来週の日本選手権に向けて「いい練習になった」と前を向いた。



4着でゴールする木原



6月末には西日本インカレ、9月には全日本インカレが開催される。それぞれが目標に向かって記録を伸ばし、より多くの出場者、入賞者が出ることに期待したい。(高里陽太、酒井華奈、水納愛美)



☆個人選手権 主な結果・ギャラリー☆


 [女子 100mH]

坂口(院1) 予選7組3着 14.23


柴田(スポ4) 準決勝2組8着 14.05(+1.6)


丸本(スポ2) 準決勝3組6着 14.04(+1.7)


平賀(商3) 決勝6着 13.72(+2.5)


 [男子 10000mW 決勝]

持田(スポ3) 16着 42:06.97

 [男子 砲丸投 決勝]

榧垣(スポ3) 18等 14m16


 [女子 400mH]

六反田(スポ3) 予選3組3着 1:02.78


 [男子 100m]

渡会(スポ4) 予選4組6着 10.65


 [男子 400mH]

新城(スポ4) 準決勝3組3着 51.57

 [女子 10000mW 決勝]

杉山(スポ3) 5着 48:15.00


岩田(スポ2) 15着 50:52.85


外所(同女2) DQ


 [女子 200m]

柴田(スポ4) 予選6組6着 25.88


 [男子 200m]

渡会(スポ4) 予選3組5着 21.97


 [男子 3000mSC 決勝]

山田(スポ3) 40着 9:32.55


 [男子 800m 決勝]

木原(経4) 決勝4着 1:52.66

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について