同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 前哨戦で好感触!女子カヤックペア優勝:カヌー部
第96回関西学生サッカーリ...
宿敵から2勝目を奪う
関大に惜しくも敗北
月1座談会 第6弾「幹部が...
選手コメント
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
前哨戦で好感触!女子カヤックペア優勝:カヌー部
2018/07/02 HEAD LINE NEWS

京都府カヌースプリント選手権 (2018年6月23日)

6月23、24日に滋賀県立琵琶湖漕艇場にて行われた京都府カヌースプリント選手権。WK-2 500㍍の決勝に出場した宍戸美華(スポ4)・五十嵐結衣(スポ3)ペアが優勝、渡邊綾子(経3)・吉見(スポ2)ペアが準優勝を果たした。



新体制として挑む最初の試合が、この京都府カヌースプリント選手権だ。力を試す絶好の機会で、見事宍戸・五十嵐ペアが優勝を決めた。
 


WK-2で優勝を果たした渡邉え(左)と宍戸


宍戸は昨年までずっと山本結花(スポ卒)とペアを組み、インカレでは2連覇を果たした。しかし3月で山本は卒業。ルーキーも入部し、一からペア決めを行った。部内で乗り合わせた結果、宍戸と五十嵐がペアを組むことになった。
 


大会1日目の予選は風と大粒の雨で水面は荒れ、コンディションが悪い中で行われた。他種目では沈する艇もある中、「焦っても疲れちゃうだけなので、大きく強く漕ぐイメージで」(宍戸)。相方の五十嵐も同じ気持ちで落ち着いて漕ぐことを意識し、2人は危なげなく予選を通過した。

 


一夜明けた大会2日目は、前日とは打って変わって晴天に恵まれた。2人には理想とするレース展開がある。スタートで一気にスピードを上げ、その勢いを保ちつつラストでもう一度スパートをかけるのだ。決勝のこの日も、レース前に2人で目指すレース展開を確認しあった。「2位に5秒差をつけよう」(宍戸)。強気な気持ちは実際のレースにも表れる。中盤にはすでに抜け出て、最後まで他艇を寄せ付けることなく先頭でゴール。圧巻のレースだった。



それでも、五十嵐はまだ足りないと感じている。「まだ今回は自分の納得のいく、ぴったり合った感じではなくて、引っ張ってもらいつつ(という感じ)。もう一歩いける」(五十嵐)。今季の目標はもちろん、「日本一」(宍戸)。レースで得た手ごたえと課題を糧に、全国の舞台で勝利をつかむ。(文責:名倉幸 写真:川瀬蒼)



WK-1で準優勝になった宍戸



主将・矢野(スポ4)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について