同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 課題見えた後期開幕節:サッカー部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
課題修正しインカレに挑む
強さ見せつけた京都選手権
チームのために出来ること
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
課題見えた後期開幕節:サッカー部
2018/09/22 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカーリーグ (2018年9月16日)

916日に西京極総合運動公園陸上競技場にて行われた関西学生サッカー秋季リーグ第1節vs関学大戦。同志社は2-6で敗北した。

秋期リーグの開幕戦となった今節、残留に向けて少しでも勝ち点が必要な状況だったが勝ち点を積み重ねることが出来なかった。

 

手術を控える主将・吉村(背番号2)にエールを送るスターティングメンバー


前半開始早々、右サイドを崩されるとピンポイントのクロスに頭で合わせられ先制される。だが同志社は流れの中から前半16分コーナーキックを獲得。春季リーグはゴールエリアからニアとファーに走りこむオーソドックスな戦術を採用していたのに対し、今節はゴールラインに全員が並びゴールに蹴りこむような形の戦術に変更。この変更が功を奏し、敷田が押し込み同点に追い付く。この同点弾で勢い付いた同志社は前半18分、カウンターで抜け出した児玉(スポ2)が左サイドを駆け上がり、中に折り返すと井村(経4)が詰めて逆転に成功する。このリードを大事にしたいところだったが前半20分にコーナーキックから失点。試合は振り出しに。乱打戦になるかと思われたが段々と地力の差が出始める。


得点に歓喜する井村


前線で果敢にプレスを敢行していた金(商4)と早藤(商2)だったが、中盤と連動出来ず無駄走りになることが多く、それにより中盤にスペースを空けることが多くなった。関学大はその隙を見逃さなかった。前半34分、左サイドを崩されるとクロスを上げられマークを外した相手FWにダイレクトで合わされ勝ち越し点を許してしまう。そのまま前半を3–2で折り返す。


セットープレー時では戦術に変更が見られた。


後半に入ると、前半の疲れが顕著に出始める。DFラインでボールを奪っても中々チャンスを作れず、守備のラインが下がることでFWとの距離が間延びしてしまい全てが悪循環に。天皇杯でJ1の強豪チームのガンバ大阪を打ち破った関学大攻撃陣に手玉に取られさらに3失点。成す術が無いまま試合終了。完敗となった。

後半の試合運びに課題が出た今節。残留に向け得失点差も極力抑えたい現状だけに6失点は厳しい結果となった。次節の相手は直近の総理大臣杯で準優勝を果たした大体大。嫌な流れを断ち切り、上昇気流を生みだしたい。(文責・久保孝太 写真・藤田友樹)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について