同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 勢いに拍車をかける見事な勝利:ラグビー部
関西大学ラグビーAリーグ
武庫川女大に粘り勝ち!3-...
悔い残る5位
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
勢いに拍車をかける見事な勝利:ラグビー部
2018/09/27 HEAD LINE NEWS

関西大学ラグビージュニアリーグ (2018年9月23日)

同志社が得意とする着実なゲインを遺憾なく発揮し、見事勝利を収めた。9月23日関西大学千里山キャンパス中央グラウンド(大阪府)にて関西大学ラグビージュニアリーグ対関大戦が行われた。初戦に引き続き、61-47で同志社は関大に勝利した。これにて通算20敗と好調な滑り出しを見せた。

 

皆が見つめる中、同志社のキックオフで試合が幕開けた。重く力強いファーストスクラムで相手に存在感を見せつけたFW陣の活躍で、出だしから好調だった。スクラムに成功しSO桑山(政策2)が順目に攻め込むも、関大タックルにゲインを阻まれた。着実にパスをつなぎ開始4分、敵陣22㍍付近でSH(3)が相手ディフェンスの右外側をすり抜け、先制トライを決めた。


 スクラムの様子


幸先の良いスタートを切った同志社は、相手を無得点に抑え確実に追加点を重ねた。2128-0の状況でSO桑山が敵ゴール5㍍前で華麗なステップを繰り返し、ディフェンスを翻弄するとそのままゴールラインに滑り込みトライ。今回、八面六臂の活躍を見せたSO桑山はコンバージョンゴールの精度、ボールへの素早いリアクションでチームに存在感を見せた。しかし、試合後「個人的にはいいプレーもあったが、悪いプレーも多かった。自陣脱出のキックの際に悪いキックの確率が高く自陣釘付けになってしまった。」と、課題を語った。


活躍を見せた桑山


32分関大にトライを奪われると、試合開始のキックをWT山口(1)がハーフライン付近ノーバウンドで取ると、そのまま立ちはだかる関大ディフェンスを潜り抜け単独トライを決めた。山口は今試合で自身も初となるチャージを決め際立った活躍を見せた。試合後「これからも沸かせるプレーをしていきたい。」と、山口は初々しい笑顔で語った。BK陣の積極的なプレーが功を奏し前半を42-19と、大差で終えた。


 トライをする山口


好転の兆しの見えた前半だったが、後半戦の徐々に調子を上げてきた関大の攻撃に苦しめられた。FB(2)が味方のパスを上手く繋ぎ得点を重ねたことで関大の猛攻を食い止め、さらなる攻撃激化の芽を摘んだ。その後、パスミスが目立つ場面もあったがHO岩谷(スポ2)の豪快たるプレーが、チームに活気を付けた。後半守り切り、61-47で対関大戦を幕閉じた。

 

入念に戦略を話す選手ら


今回の試合をNO8中村(4・キャプテン)は、「ジュニアリーグ二戦目だったので、結構いい感じでウォーミングアップしていい試合の入りができたが、途中で相手の流れに持っていかれてしまった。流れを切り替えられなかったのが課題だと思う。」と、今回の反省点を語った。ナイスパスが目立った今試合をCTB日浦(理工4・副キャプテン)は「そんなに良くなかった、外で取り切るのにスペースのある時に(ボールを)中で回せるのはいいことかなと思うのでそこで取り切れていたのが良かったと思う。」と、冷静にチームを分析しコメントを残した。今回の勝利は、まもなく開幕するAリーグに多大な影響を及ぼすに違いない。チーム全体で盛り上げて、勝利への活路を全員の力で切り開いていってほしい。戦いの準備は出来た。(川中真那)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について