同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 粘りの打線で好発進:硬式野球部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
吉村ベスト8
1部昇格ならずも成長見えた
チームのために出来ること
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
粘りの打線で好発進:硬式野球部
2018/10/01 HEAD LINE NEWS
同大200001010-----4111
京大000001000-----174

関西学生秋季リーグ (2018年10月1日)

10月1日に南港中央野球場(大阪府)にて行われた関西学生野球秋季リーグ第5節対京大1回戦。今季序盤二節で勝ち点を落とした同志社にとって重要な一戦で同志社は4-1で初戦を制した。

1回表、同志社がゲームを動かす。1死一、三塁で迎えた福原(政策4)の打席。一塁走者の小川晃(商2)が盗塁を仕掛ける。阻止しようとした京大守備陣のミスにより三塁走者辻(商4)が生還。さらに、添田(心理4)の適時二塁打により追加点を挙げる。

  その裏、試合前調子が悪いとチームメイトに吐露していた先発福島(主将・法4)の登板。強風の中、三者凡退で抑える好投を見せる。その後も3回までノーヒットで抑えるなど完璧な立ち上がりを見せ序盤を終えた。

安定した立ち上がりを見せる福島

しかし、4回先頭打者に今試合初めてのヒットを許すと球が乱れ始める。この回を無失点で切り抜けるも続く5回には二塁打を許すなど同志社に暗雲が立ち込める。

6回表、同志社打線が嫌なムードを断ち切る。今試合が初スタメンの小田(文情4)、さらに栗林(スポ2)の連続安打などにより1死満塁のチャンスで打席に入るのは杉内(法3)。打席直前、澁谷監督の「懐を作って、開き直って行け」という助言のままにバットを振り抜いた。打球は三遊間を突き抜け、レフト前に転がり三塁ランナーがホームイン。同志社は3-0とリードを広げる。

その裏京大も反撃を見せるも、一点にとどめる。

  8回表、杉内が今試合2打点目となるタイムリーヒットを放ち、京大を大きく引き離す。

今試合二安打二打点の活躍を見せる杉内

ゲームも終盤に差し掛かり好投を続けていた福島であったが9回裏。四球により先頭打者に出塁を許すと、連続安打を浴び1死満塁のピンチに陥る。しかし、「後半に入り変化球を駆使し、幅の効いた投球ができるようになる」と話すのはバッテリーを組む栗林。勢いそのままにピンチをしのぎ4-1で自身19勝目となる勝利を飾った。

  数少ないチャンスを確実にものにする粘りの打線が明日の大一番でも爆発するだろう。(川瀬 蒼)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について