同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 1次リーグ全勝!:ソフトボール部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
課題修正しインカレに挑む
強さ見せつけた京都選手権
チームのために出来ること
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
1次リーグ全勝!:ソフトボール部
2018/10/10 HEAD LINE NEWS

関西学生ソフトボール秋季リーグ戦 (2018年10月7日)

10月7日、天理大学(奈良県)において行われた関西学生ソフトボール秋季リーグ戦、対天理大。同志社は8-0で快勝し、3戦全勝で1次リーグを終えた。



拮抗した展開で始まった。同志社の先発は公式戦初先発の冨岡(社1)。「自分の役割をきちんと果たしたいという気持ちで臨んだ」。(冨岡)初回、2番打者に安打を放たれるも捕手の吉岡(スポ3)が盗塁を阻止し、3人で攻撃を終わらせた。2回、3回も失策や安打で出塁を許すが、落ち着いたピッチングを続ける。「しっかりリーグに調子を合わせてきてくれていたから自信を持って任せられた」。(主将・石川)ホームを踏ませることなく、期待通りの活躍を見せた。

対する天理大の先発は同志社の想定とは異なり、データが少ない投手だった。なかなか捉えることができず、3回まで安打は高部(商2)の内野安打のみに封じ込まれた。3回に2死から橋本、高部が四球で出塁するも得点には結びつかず。流れを奪うのはどちらか、緊張感が漂った。



冨岡は初先発ながら落ち着いた投球を見せた



好機をものにしたのは同志社だった。4回、吉岡が四球で出塁すると続く重富(スポ4)が内野安打で繋ぎ、無死一、二塁とする。さらに意表をついた重盗で無死二、三塁とチャンスを広げる。何としても先制点が欲しいーー。打席に立ったのは岩本(商1)。振りぬいた打球は二遊間を抜け、吉岡と重富が生還し2点を先制する。中堅手の失策で岩本は一気に三塁まで進む。「純粋に嬉しかった」。(岩本)やっと手にした先制点にチームは喜びをあらわにした。



先制適時打を放った岩本



同志社が完全に主導権を握った。相手内野陣が石川(商3)の打球処理にもたつく間に岩本が三塁から一気に本塁を陥れ、1点を追加する。川名(商1)の打席でも相手の失策を誘い、1死一、二塁と再びチャンスが訪れる。打順は1番に戻り、橋本が打席に立つ。フルカウントからの6球目、打った瞬間だった。快音を響かせ、ボールは柵を超えた。公式戦初の本塁打で3点を追加。相手先発をマウンドから引きずり下ろした。2番手投手からも吉岡の二塁打で1点を奪い、この回一挙8得点。大量リードを奪った。



本塁打、盗塁と活躍した橋本



橋本を迎えるベンチの選手たち



5回は冨岡に代わり前田(文3)が登板した。四球で1死一塁とされるが、続く打者を石川の好守で二飛に仕留めると、飛び出していた走者をで一塁でアウトにし併殺をとる。5回表終了時点で8-0の8点差、コールドが成立し同志社が3戦連続のコールド勝ちを収めた。



1次リーグ3試合を終えて25得点、投手陣は未だ無失点と投打共に調子の良さがうかがえる。

全勝、1位通過で1次リーグを終えたが決してまだ満足はしていない。選手は「全勝で1部復帰」が目標だと言い切る。次戦からは2次リーグが始まり、さらにレベルの高い戦いが待ち受ける。しかし彼女たちならどんな相手にも食らいついて勝ちをもぎとるだろう。それだけの強さと気迫が感じられる。(文・水納愛美 写真・足立みずほ)



【スターティングメンバー】


1(遊)橋本…スポ1

2(左)髙部…商2

3(指)野表…社2

4(捕)吉岡…スポ3

5(中)重富…スポ4

6(一)岩本…商1

7(右)藤井…文情1

8(二)石川…商3

9(左)川名…商1

(投)冨岡…社1



【バッテリー】

冨岡、前田(文3)ー吉岡



【結果】

vs天理大 ◯8ー0



【コメント】

杉原監督

(序盤は拮抗ー)

やっぱりポップフライが多くてアウトになるにしてもゴロを打ってほしいなと思っていた。

(4回のポイントー)

重富が小技を決めてくれたのと、岩本がきっちりタイムリー打ってくれたのが良かった。それが橋本のスリーランに繋がった。

(1次リーグを振り返ってー)

課題は流れを引き込むのに時間がかかる所。確実にゴロを打って進めないといけない。良かったのはピッチャーが抑える所を抑えてくれている所と、皆楽しくやってくれている所。

(明日以降ー)

明日は関大戦。力が拮抗しているので何としても勝ちきりたい。早いイニングで流れを引き込みたいです。


#23 石川

(今日の試合含め、1次リーグを振り返ってー)

無失点で3試合終われたのは、投手力もそうだし野手の守備力もあって守りきれたから。そこはすごく良かった。

今日の試合は、中止で試合勘が遠ざかっていたがそれは相手も全く一緒。練習で実践練習をなるべく多くして実践の力を落とさないようにしていた。

(序盤は拮抗していたが、雰囲気はー)

まず冨岡が秋リーグ初先発で、野手もいつも以上に連携の声掛けをしていたし、ベンチの力も大きかった。冨岡もしっかりリーグに調子を合わせてきてくれていたから自信を持って任せられた。

(打撃面についてー)

1巡目はボール球に手を出して凡フライがかなり多かった。しっかり絞って修正していこうと話して、1人1人が体現してくれた。

(明日以降の試合ー)

2次リーグも全部勝って優勝して1部昇格するつもりでいる。正直厳しい試合になると思うが、1点にこだわってしっかりやっていきたいです。


#10 重富

(今日の試合を振り返ってー)

最初は0ー0でどちらに流れが動くかな、という感じだった。相手のエラーとかではなく、吉岡が四球で出て自分が送って岩本が1本で返す、という理想的な形で1点を取れたことで波に乗れた。ピンチもあったけど、皆ピッチャーに声をかけていた。ポジションも変わったが、しっかり練習・準備をして臨めた。

(久々の実戦だがー)

最初は緊張した。試合が久々だったので心配だったが、1打席立ったり1球ボールが飛んできたりしたら皆緊張が解けたと思う。しっかり実戦に近づいた練習もできていたので、動揺せずにできた。

(4回、内野安打でチャンスを広げたが自身のバッティングを振り返ってー)

「ここやな、これやるしかない」(笑い)しっかり狙って、思い通りのところに転がせた。

(1次リーグを振り返ってー)

送るところは送るなど、チームバッティングに徹することはできていると思う。打って返す、チャンスを作るという5番バッターの役割はまだまだ果たしていない。最後のリーグだから楽しむ反面、思い切った自分らしいバッティングやプレーを2次リーグでは出していきたい。

(チームの調子はー)

ピッチャーもしっかり無失点で抑えていることは大きい。バッター陣は1試合の中で修正して繋ぐ意識を持って、点を取りにいけている。その気持ちを忘れずに1点1点を取っていきたい。接戦もあると思うので、1球に集中したい。1次リーグの結果は置いておいて、振り出しに戻って気持ちを改めて頑張りたい。


#9 吉岡

(バッティングを振り返ってー)

積極的にいけたので良かった。

(好守も見られたがー)

調子が良くて今日は刺せる気がしたので、余裕を持っていけました。

(1次リーグは全勝ー)

全部コールドで勝てたことがすごく良かった。今日は1巡目に点が入らなかったけど、2巡目から皆修正して波に乗れた。

(次戦への意気込みー)

全力で倒しに行きたいと思います。


#25 岩本

(4回先制タイムリー、感想はー)

純粋に嬉しかった。アウトローのボールでセカンドにとられるか不安だったが、間を抜けてよかった。


(無死二三塁の状況で打席に立った時どんな状況だったかー)

タッチアップを狙った。中途半端なフライになるのが嫌だったので、ミート意識でバットを振った。


(二次リーグの意気込みはー)

全勝目指して頑張ります!


#17 冨岡

(秋リーグ初先発を終えてー)

やっと回ってきた出番。自分の役割をきちんと果たしたいという気持ちで臨んだ。


(ランナーを背負ってる際、落ち着いているように見えたがー)

次の打者は出さないようにという気持ちで投げた。岩本選手のエラーでランナーを背負った時は、味方のミスを自分がカバーしようという気持ちだった。


(二次リーグの意気込みー)

チームに貢献できるように頑張ります。



#29 橋本

(今日の試合を振り返ってー)

すごくこの1試合に懸ける思いが全員にあった。絶対に勝ちに行くという意識で取り組めた。

(序盤なかなか塁に出られなかったが、相手ピッチャーの印象はー)

予想・分析していたピッチャーではなかった。データがなく、どんなピッチャーか分からなかったので心配だったが、強気でいくという意識を持てた。

(4回のホームラン、どんな気持ちで打席に入ったかー)

やっとの得点の場面で回ってきたので、ここで1発打ってチームを勢い付けたいと思った。とにかくフルスイングでいこうと思っていた。

(打った瞬間の感触、気持ちはー)

打った瞬間ホームランと分かった。公式戦で打ったのが初めてだったので嬉しかった。

(1次リーグを振り返ってー)

とりあえず全勝できてよかった。

(チームの調子は上向いているかー)

はい。

(2次リーグに向けてー)

必ず全部勝って1部昇格できるようにチーム全員で頑張ります。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について