同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 同立戦、粘りを見せるも2戦で終われず:硬式野球部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
借り返せず天理大に敗北[J...
念願叶わず、初戦敗退
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
同立戦、粘りを見せるも2戦で終われず:硬式野球部
2018/10/21 HEAD LINE NEWS
同志社100000230-----6100
立命館00100520×-----882

関西学生野球秋季リーグ (2018年10月21日)

10月20日にわかさスタジアム京都にて行われた関西学生野球秋季リーグ第8節対立命大2回戦、同志社は6-8で敗れた。終盤に粘りの打撃で巻き返しを見せるもあと一歩届かなかった。

    初回、先制したのは同志社。先頭打者の辻(商4)が左安打で出塁すると、犠打や盗塁で2死三塁とする。ここで打席に立つのは4番・福原(政策4)。「ただ来た球を打った」。上手くとらえたボールはセンター前に転がり1点を先制した。

    その裏、先発としてマウンドに上がったのは溝田(スポ3)。立命大の強力打線を三者凡退に抑え幸先のいいスタートを切る。「変化球で駆け引きができた」と巧妙に相手を翻弄し、前半を1失点に抑える好投を見せる。

好投を見せる溝田

    後半に入ると、ゲームが大きく動く。6回裏、立命大の上位打線に捕まり2点を奪われ溝田は降板、代わってマウンドを任された村居(スポ3)もスリーランホームランを浴び、この回一挙5点を失う。

大きくリードを許した同志社であったが、すぐに反撃に転ずる。7回表、「同立戦に向けてずっと練習してきた」と今季初スタメンを任された越智(法4)が中前安打で監督の期待に応える。続く山下樹(商2)も大学初安打でチャンスを広げると、代打で入った宮崎(経4)が相手三塁手のエラーを誘い、一点を返す。さらに、杉内(法3)の適時打で3点差に詰め寄った。

   7回裏に2点を奪われるも8回表、最後まで諦めない同志社は前打席で安打を放った山下の適時二塁打で1点を返す。西林(政策4)、辻もこれに続いて2点差まで巻き返しを見せた。しかし、反撃もこれに留まり、6-8と健闘むなしく惜敗を喫した。

試合を振り返って、福原は「点差が離れた場面で最後まで粘れたことは明日に繋がる」と前向きな姿勢を見せている。

気迫のこもったプレーを見せる福原

   「4回生の目に焼き付けてもらえるような試合にしたい」と話すのは明日先発が予想されている福島孝。明日の最終戦、4回生が集大成として同立戦を制す。(川瀬 蒼)


スタメン

(二)辻

(遊)杉内

(中)小川晃

(左)福原

(右)松本

(捕)栗林

(一)越智

(三)山下

(投)溝田

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について