同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 繋いだ一本の糸:ラグビー部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
借り返せず天理大に敗北[J...
念願叶わず、初戦敗退
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
繋いだ一本の糸:ラグビー部
2018/11/06 HEAD LINE NEWS

関西大学ラグビーAリーグ第4節 (2018年11月4日)

澄み切った青空の下、11月4日にヤンマーフィールドで行われた立命大との関西リーグ第4節。

もう負けることは許されない同志社は、立命大に24-10で勝利し、大学選手権出場への僅かな望みをつないだ。


試合前の選手の表情に、強張った様子は見られなかった。「楽しんでやる」と主将の山口(商4)が話した通り、晴れ晴れとした表情で挑んだ選手たちは、立ち上がりから崩れることはなかった。

試合開始早々は、立命大の素早いディフェンスに攻めあぐねる。FB南野(商3)がキックでスペースを取ろうとすると、相手も蹴り返す。両者流れを渡そうとしない展開を変えたのは前半6分。立命大のオーバーザトップにより、同志社がラインアウトを獲得。難なくボールを入れモールで押し込むも、ゴールラインまでは進めず、ラックに切り替え素早くボールを出す。受けた南野が得意のステップで中央を突破しトライ。待望の先制点を決めた。南野は、関西リーグ初出場初トライ。「起爆剤として起用された」(南野)。しっかりと期待に応えるトライとなった。


得意のステップで相手選手をかわすFB南野


前半9分、立命大が同志社の反則からPG(ペナルティゴール)を決め、3点を返し73とするも、同志社は動じなかった。

前半12分、同志社は中央から自慢のパスワークで右サイドに展開。服部(スポ3)からのボールを受けた高野(社4)が右サイド深くでトライ。123とし、待望の追加点を決める。


サイドを切り裂きトライを決めた高野


続く16分には永富(商4)が相手ラインを突破するも、ノットリリースザボールにより相手ラインアウトとなる。立命大のサイズの大きいFW陣に押され、モールでゲインを狙われるも、自陣ライン際での攻防をなんとか耐え凌ぐ。22分には、同志社のオフサイドから立命大がスクラムを選択。同志社はスクラムがはまらず、2度のコラプシングを取られる。これによって栗原(経2)がシンビン退場し、同志社は14人。さらに服部が負傷退場し、13人となる。この日最大のピンチとなったが、立命大のラックによる幾度の攻撃を耐え、サイドに展開させず得点を許さなかった。

流れを渡さなかった同志社は、前半ロスタイムに中央付近で永富がインターセプト。そのまま独走し、相手選手を振り切りトライ。19-3で前半を終える。


相手選手を振り切る山口


後半に入ると、両者一進一退の攻防となった。後半6分、自陣ライン際での攻防となり、相手ミスからマイボールとなるが、ノックオン。ゴールライン付近でスクラムを選択されボールを出されるも、粘り強くタックルし、自陣深くまで入らせない。

16分には、古城(スポ3)が鋭いステップとスピードでゲインし、パスを受けた堀部がボールを運ぶが、フォローがおらず攻撃に詰まってしまう。この日何度か見られた形だったが、フォローに入る選手が少なくトライには繋がらなかった。

ロスタイムに入り、立命大にワントライを決められたが、試合終了間際には、この日WTB(ウィング)での途中出場となった原田(心理3)がサイドでボールを受けてトライ。24-10で勝利した。


今試合のMOMに選ばれた HO平川(法4)


ようやく勝ち点を手に入れた同志社。まだ僅かに残された日本選手権に行くためには、もう絶対に敗戦は許されない。得失点差による順位決定の可能性もあるため、少しでも多くのトライをとる必要がある。追い込まれた状況には変わりないが、主将の山口が話した通り「ラグビーを楽しむ」ということを忘れないでほしい。僅かな光のために、全員が笑顔で終わるために。僅か一本の糸を手繰り寄せるために、次週も勝利を。(宮ノ原幸佑)


【同志社が大学選手権に出場するには(114日時点で)】

大学選手権争いはし烈な争いになっている。同志社は3位を狙える位置にあるが自力進出は消えた。条件は残りの3試合を全て勝利し、4勝3敗で終えることが最低条件。その上で関学大、立命大が前評判の高い京産大、天理大に敗れ、関学大VS立命大の最終戦で立命大が勝利しなければならない。

そうなった場合3校が4勝3敗で並び、該当校同士の勝敗も1勝1敗で並ぶ。3校間の得失点争いに持っていかなければならない。

同志社は関学大に7点差負け、立命大に14点差勝ちなので、得失点差は+7。立命大はー14、関学大は+7。立命大が関学大に対し20点差以内で勝利すれば、同志社が3位となる。(只松憲)


萩井監督

「やっと勝ててよかったですね。天理の試合以外は勝っても負けてもおかしくない試合だったかもしれないですけど、多分「同志社だから勝たなきゃいけない」とか、のびのびとやらせてあげられてなかったのかなと思います。今日はみんな振り切っていい形でやってくれたと思います。

(ディフェンスで粘った場面に関しては)13人の時間帯もありましたが、それでゴール前しっかりと凌いでくれたので良かったと思います。

何か練習が大きく変わったというわけではないんですけども、結果がついてこなくて気持ちの面で下を向いてもおかしくない状況を打破してくれた学生は本当にすごいなと思います。

多分世の中の人、皆さん「同志社は勝つ」という印象でこられるんじゃないかなという風に思います。これはいい面でも悪い面でもあるかなと思います。同志社だから勝たないかんというのではなく「同志社だから激しく、同志社だからラグビーを楽しむ」それを荒々しくやりきろうと。同志社は本当はやんちゃなチームだと思うんですよ。それを結果を求められるが故に固く丸く収まってしまっている部分もあるかな思いますので、彼らの持ってるものを出してあげられるようにスタッフもそうですし周りからいい環境、空気を作っていってあげたらなと思います。今日は最後の最後までやってくれたと思いますし、まだやり通せたかというともっとできた部分もありますが、今日の内容もそうですし結果も通じて、学生たちが次に向かって頑張ってくれているのは嬉しいです。

特にゴール前の苦しい時間帯というのは立命さんの特徴考えても絶対にあるというのは想定してみんなやってくれましたので、しっかりとやってきたこと以上のことを気持ちで出してくれたと思いますね。(前半の)スクラムはうまく組めずにヒットで当たられている印象があったのでこちらのコラプシングになったと思うんですが、苦しい時間帯もよく頑張ってくれたと思いますね。」



主将・山口修平

ーー率直な感想は

勝てたことは素直に喜ぶことだと思うので、嬉しいですね。


ーー勝因は

先週は苦しい状況をみんなが共有しすぎててなかなか自分たちのラグビーができなかったっていうメンタル的な部分があったと思うので、今週は「ラグビーを楽しむ」という部分を大事にして練習からやってきて、今日も試合でみんなの表情がいつもと違ったのかなと思います。そこが自分たちのラグビーができた理由になって、勝利につながったのかなと思います。(苦しい時間も)みんなで声を掛け合って。さすがに先週の火曜日の練習前はみんなすごく暗い雰囲気がチームにあったのですが、楽しもうという風に話をしました。自分のプレーはダメだったんですけども、今日はチームのみんなに助けてもらって(勝利を)掴むことができたのかなと思います。


ーーディフェンスについて

開幕から3戦はずっとやってきた部分、広く立つ出会ったりブレイクダウンでタックルした後すぐ立つであったり基本がなかなかできないことがあったんですが、そこをもう一回修正しようと練習でもやってきました。それが試合で出たのかなと思います。


ーー同志社という看板の重さはあったのですが

意識しないでおこうという風には言ってきたのですが、プレッシャーもあったのか開幕から3戦、みんな表情が硬かったかなという部分はありました。そういう部分を踏まえて今週はしっかりラグビーを楽しもうと。プレッシャーもある中で気負わずにラグビーを楽しむという原点の部分ができたのかなと思います。3戦うまくいってない原因を考えた時に同級生から「試合中の表情が周りから見てて暗い、うまくいってる時が暗い」という話を聞いて、やっぱり楽しめてなかったのかなとメンタル的な部分が大きかったと反省しました。



副将 HO平川隼人

――試合の良かった点

フォーカスがディフェンスだったので、それをグラウンドで出せたのが良かったです。

 

--今日のディフェンスは攻撃的に見えたが

とにかくディフェンスの枚数を増やすことを意識しました。とにかくフォワードがたくさんリロードして枚数を増やしてハイラインのディフェンスをするようにしました。

 

――前半に1人減った場面について

1人いないということで、1人2役しようとなったおかげでディフェンスのパワーアップに繋がったと思います。

 

――一本で場面が一気に変わるような試合展開だったが

そうですね。そこで焦っていたのですけど、そのような局面でもしっかりと落ち着かして、時間を考えながらプレーをしました。

 

――残った課題について

スクラムがまだまだでした。良いバックスにも迷惑をかけているのでそこをしっかりと修正したいです。あとモールは武器にしたい。立命はモールが強いと言うことでディフェンスではしっかり防げていたのですけど、モールアタックで点を取れていなかったのが大きな課題です。そこはフォワードとして武器にしたいです。

 

――次戦の近大戦に向けて

近大も勢いに乗らせると止められないチームというのは毎年変わらないので、そこを今日みたいにディフェンスで勢いを封じ込めた状態で、同志社のラグビーをしたいです。

CTB永富晨太郎

ーー立命大相手にどんな攻撃を狙っていましたか。

ディフェンスラインをあげてくることはわかっていたので、それをかわしつつ外を狙っていこうと思っていました。


ーー前の試合と比べてどうでしたか。

しっかりと前に出て、ラインを上げて守れたと思います。アタックはバックスがしっかり前でゲインができたと思います。


ーーメンタル面や試合に向けての気持ちではどうでしたか。

個人としては変わるところはありませんでしたが、試合前からチームで「楽しんでやろう」とは話していました。みんな緊張せずに楽しめていたと思います。


ーー怪我によってメンバーの交代もありますが、連携などはどうでしたか。

メンバーが変わっても、みんなの勝とうという気持ちは変わらないので。ひとりひとりのやることをそれぞれやっているので変わりはないですね。


ーー前節と比べて自陣ライン際での攻防で負けなかったように思います。

そうですね。苦しい状況でも楽しむことをテーマにしていたので。粘り強くディフェンスできていたように思います。


ーー次戦に向けて一言お願いします。

もう勝つことしか残されていないので、今日勝てたように、また次の試合に向けてしっかりと準備していきます。


FL堀部直壮(社3)

ーー試合前・後の立命大の印象

相手は勢いのあるチームということで、局面で耐えることを試合前に意識しました。その中で、今回自分たちが先制出来たことで勢いがつけられたと思います。


ーーモールにをしてみた感触

立命のFWが強いことは知っていたので、低めの所で楽しむをテーマに準備をしてきました。トライこそ取れなかったが、いい感じで戦えたので良かったです。


ーーリーグ戦1節突破に関して

まず勝ててホッとしています。残りの3節も今日の勝利の勢いを絶やすことなく、そのまま勝ち進んでいきたいです。


ーー次戦に向けて

後がないので、チームとして一戦一戦勝ちにこだわりつつ楽しんで頑張っていきたいです。

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について