同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 自力残留が消滅…:サッカー部
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
課題修正しインカレに挑む
強さ見せつけた京都選手権
チームのために出来ること
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
自力残留が消滅…:サッカー部
2018/11/12 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカーリーグ (2018年11月10日)

1110日にアクアパルコ洛西にて行われた関西学生サッカー秋季リーグ第9vs阪南大戦。同志社は0-1で敗れた。

同志社は前節の同立戦で勝ち点1を得た勢いに乗れず、10位近大との差を詰めることができなかった。

 

阪南大は試合開始序盤からピッチを支配。ディフェンスラインから時折大きなサイドチェンジ、意表を突く速い縦パスを交えた緩急のあるビルドアップで同志社イレブンを困惑させる。立ち上がりこそ立て続けにシュートチャンスを与えた同志社だったが、ディフェンスラインと中盤ラインを狭め全体的に下げることでなんとか対応していく。相手の攻撃の長所をうまく消すことに成功したが、中盤特にボランチが下がってしまっているためFWが孤立。得点のチャンスというチャンスを作ることが出来ないまま前半を終える。

 

スコアレスで迎えた後半。同志社にいきなり絶好の得点機が訪れる。右サイドをオーバーラップしたDF宮谷大進(経4)のクロスをFW金潤求(商4)が頭で完璧に合わせるがネットを揺らすことはできない。


決定的なシュートを放つ金


すると、後半4分、自軍左サイドを攻め込まれクロスを上げられるとドンピシャのタイミングで相手FWに頭で合わせられ失点。「マークを動かしきれなかった」(白岡)、「相手の特徴のある右サイドの攻撃の対策を準備してきてて、おおよその攻撃は防げていたが失点がその()サイドからだったので残念」(望月監督)と一瞬の気の緩みをつかれた形の失点を悔やんだ。ここで望月監督はFW早藤和樹(商2)MF駒形俊太郎(経3)、FW中野優太(商2)と攻撃的な選手を続々投入。ケガ明けの早藤と中野については「(コンディションは)100%ではないが出さざるを得ない状況だった」(望月監督)がこの交代が流れを引き寄せた。この途中出場の3人が絡み終了間際に金に再び決定機が訪れるもシュートは無情にもポストの横を流れていった。そのまま試合終了。敵のストロングポイントは上手く消すことが出来たが決定力不足が顕著に現れた試合だった。


怪我から復帰した早藤

 

試合後、誰よりも悔しさをにじませた西中


同日行われた大院大vs近大で近大が敗戦したため同志社は他力本願ではあるが残留の可能性を残した。次節の相手は大院大。負けると降格が決まる1戦だが、春リーグでは0-4と大敗を喫している。しかし、弱音を吐いている時間はない。残留に残された道は勝利だけだ。(文・久保 孝太 写真・藤田友樹)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について