同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 京都1に王手:サッカー部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
勝利の中に新たな課題が[ハ...
接戦見せるも1中差で敗北
2019年度秋季リーグ開幕...
2019年度秋季リーグ開幕...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
京都1に王手:サッカー部
2019/03/26 HEAD LINE NEWS

京都府学生サッカー選手権大会 (2019年3月23日)

3月23日、立命館大学原谷グラウンド(京都府)にて行われた京都府学生サッカー選手権大会準決勝vs京産大。同志社は2-1で勝利した。

同志社の陣容は4-3-3。インサイドハーフに怪我から復帰した池平(商1)が入り、右ウィングに準々決勝ではベンチスタートだった加藤(政策3)が抜擢された。


スターティングイレブン


前半11分、その加藤が右サイドを突破するとPA内で倒されPKを獲得。自ら冷静に蹴りこみラッキーな形で先制に成功する。勢いに乗った同志社は池平を中心としたパスワークで相手を押し込む。守備面でも前線3枚がプレスをかけ、児玉(スポ2)、石河(文情3)、池平の中盤3枚がそれに連動し相手パスコースを遮断。相手を思うようにさせないでいた。しかし、前半38分、西村(スポ2)が思いがけないミスでPKを献上してしまい失点。同点に追いつかれてしまい、前半を折り返す。



PKを決める加藤



復帰戦となった池平



後半に入ると運動量が落ち、徐々に京産大ペースに。ここで望月監督が動く。早藤(商2)、竹田(商3)、大雄(政策2)と続けざまに攻撃的な選手を投入。1トップに入った竹田がコースを限定し、プレスで疲弊した加藤に代わった大雄が猛プレスをかける。この采配が見事に的中した。後半27分、相手のクリアミスに反応した大雄がキーパーとの1対1を制し値千金の勝ち越し点を奪う。後がなくなった京産大は猛攻を仕掛けるも西中(政策3)のカバーリングが光り、その1点を守り切った。



決勝弾の大雄


「内容は良くなかったが全員の勝ちたい気持ちが勝った結果だと思う」。主将・西中はそう振り返った。次の相手は立命大。昨年も決勝で当たり、2-4で苦渋をなめている。雪辱を果たすべくいざ西京極へ。京都1の称号は目の前だ。

(文責:久保孝太 写真:岩木博哉)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について