同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 継投策も実らず、大敗喫す:硬式野球部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
関東の壁高し
敗北を力に変えて
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
継投策も実らず、大敗喫す:硬式野球部
2019/04/07 HEAD LINE NEWS
同大100000000-----1
近大10350101-----11

関西学生野球連盟春季リーグ戦 (2019年4月7日)

4月7日にわかさスタジアム(京都府)で行われた関西学生野球連盟春季リーグ第1節対近大2回戦において1ー11で敗北した。初戦を勝利で飾り、勢いそのままに連勝を目指した。結果は、近大打線に11失点を喫し、大敗に終わった。


2塁を死守する杉内


1回表、いきなり試合は動く。同志社打線の先頭打者・小川晃(商3)が四球で出塁すると、さらに盗塁を決め2塁に進む。2番打者・杉内(法4)は捕邪飛に倒れるも、一死2塁の場面で片岡がライト方向に二塁打を放ち、1点を先制。その裏、同志社の先発は新エース候補の溝田(スポ4)。


右腕を振り抜く溝田


先頭バッターから空振り三振を奪い幸先のいいスタートを切ったかに思われた。ところが、相手打線のクリーンアップに三連打を浴び、ゲームは振り出しに。さらに3回裏、二本のヒットを許すなど満塁を作られると、走者一掃のタイムリースリーベースを浴び、3点のリードを許す。「今日勝たなきゃいけない、チームからの期待など色々考えて力んでしまった。監督から求められた結果が出せてチームにも申し訳ない」と肩を落とした。4回裏、溝田に代わって登板した井上大(法2)も近大打線を止められない。上位打線に二者連続安打許すなど、3失点を喫しノックアウト。 


次に登板したのは難波(社4)。波に乗る近大打線に歯止めをかけたいところであったが、四者連続安打を与え、さらに2点を失った。8点のビハインドを追いかける同志社であったが、後半戦も打線が振るわない。投げては6回に難波、8回に仲野(法3)がそれぞれ1点を奪われた。


悔しむ仲野


終わってみれば、被安打13本の11失点と投手陣に課題の残る試合となった。「正直なところ、今年はスター選手はいない。ただし、平均的にレベルが高い投手陣が揃っている」と話すのは澁谷監督。オープン戦では好調を見せた豊富な投手陣を上手く活かす継投策が今後の鍵を握るだろう。

(本記:川瀨 蒼、撮影:内藤 界・藤田 彩花)


試合終了時の高尾(政3)


スタメン

(一)小川晃

(二)杉内

(三)片岡(経3)

(四)松本(スポ4)

(五)栗林(スポ3)

(六)鎌倉(社3)

(七)四川(社3)

(八)本間(スポ3)

(九)溝田



バッテリー

溝田、井上大、難波、仲野ー栗林

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について