同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 守備にほころび悔やまれた近大戦:硬式野球部
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
春季初の黒星
ミス修正へ
主将セレクション「アイスホ...
'19春の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
守備にほころび悔やまれた近大戦:硬式野球部
2019/04/08 HEAD LINE NEWS
近大120010000
同大100000000

関西学生野球連盟春季リーグ戦 (2019年4月8日)

4月8日にわかさスタジアム(京都府)で行われた関西学生野球連盟春季リーグ第1節対近大3回戦において1-4で敗北した。1勝1敗と両者譲らず迎えた最終戦。序盤にリードを許し、後半戦で粘りを見せるも好投手相手に完投負けを喫した。

試合終了後挨拶を終えた杉内(法4)

1回表、この日登板したのは今シーズンから先発を務める高橋(経2)。

先頭打者にレフト前ヒットを許すと、三番打者にセンターの頭上を超えるツーベースヒットを打たれ、先制点を奪われる。それでも、つづく打者二人をアウトに仕留め、最少失点でこの回を終えた。

力投を見せる高橋

その裏、同志社打線も反撃に打って出る。先頭打者は、「(好投手の村西に対し)低めの変化球やボールを見極めてストレートの球を完璧に捉えるよう心がけている」と話す小川晃(商3)。その小川晃が自慢の俊足を活かし内野安打を決めると、杉内がレフト前ヒット、松本(スポ4)がデッドボールで出塁する。二死満塁のチャンスで六番打者・鎌倉(社3)が見事な選球眼で押し出しのフォアボールを選び、同点に追いついた。

ところが2回表、またもやノーアウトでランナーを出すと、八番打者の打球にエラーが重なり失点を許す。

さらに、投手・村西にスクイズを決められ、2点のビハインドを追いかける展開に。

同志社打線は所々でランナーを出すも、あと一歩のところで得点には繋げられない。

反撃を試み出塁する工藤(文4)

その間、近大に1点の追加点を許すと、勝負は後半戦へ。

6回、7回、8回とそれぞれピンチを作るも、野手の好守や投手陣の力投でなんとか無失点で切り抜ける。

しかし、打線が最後まで反撃の狼煙をあげることができず、惜敗を喫した。

第1節を振り返って「ローゲームで戦っていきたい」という澁谷監督の言葉からは、着実な勝利への執念がうかがえる。

悲願の日本一に向け勝利を掴めるか、次節の関大戦に期待がかかる。(本記:川瀬 蒼、撮影:岡本莉奈・上辻創太)


スタメン

(一)小川晃(商3)

(二)杉内(法4)

(三)片岡(経3)

(四)松本(スポ4)

(五)鎌倉(社3)

(六)栗林(スポ3)

(七)四川(社3)

(八)本間(スポ3)

(九)高橋(経2)



バッテリー

高橋、村居(スポ4)、西村(法2)、道端(法1)ー栗林

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について