同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 初戦突破!!:女子バスケットボール部
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
主将セレクション「アイスホ...
'19春の展望「...
新チーム初白星!【ラクロス...
ダブル入賞!チームを勢い付けた!
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
初戦突破!!:女子バスケットボール部
2019/04/13 HEAD LINE NEWS

全関西女子学生バスケットボール選手権記念大会 (2019年4月13日)

4月13日、大阪国際大学松下町校地にて行われた全関西女子学生バスケットボール選手権記念大会第1戦、同女大は奈良女大相手に106-40と大差をつけ勝利した。

第1Q、先に流れをつかんだのは同女大だった。河合(同女4)の1on1からの岸(同女2)によるリバウンドシュートで先制。勢いのよいスタートを切った。ディフェンスではスティールを多く獲得し攻撃のチャンスを増やす。ゴール下でファールをもらいフリースローを打つ機会も多く、積極的な攻撃をみせた。

試合開始

1on1を仕掛ける後藤(社4)


第2Qでは、下級生中心のメンバーでゲームを作り、1年生にとっては初舞台となった。村山(同女2)のスリーポインシュートでコートを盛り上げると、第1Q同様にディフェンスからの良い流れで得点を重ねる。前半終了時点で48-17とリードを大きく広げる。

後半に入ってもチーム全体の好ディフェンスは続いた。竹崎(同女2)によるゴール下でのセンタープレーや松本(同女2)とのセットプレーも光り、相手に主導権を渡さないままゲームは流れた。最後は106-40と圧勝。幸先の良い初戦突破となった。

ゴール下シュートを放つ竹崎(上)・松本(下)


大会に向けて練習してきたという“プレッシャーを与えるディフェンス”に関して、主将・後藤は「簡単なミスでいらない失点を与えてしまった。」と振り返った。一方で、「ベンチにいるメンバー全員が出て、それぞれが自分の役割を果たせたのは良かった。」と新体制になってからの初勝利に安堵の表情をみせた。第2戦は対和歌山大。全員バスケでの勝利に期待がかかる。(福田千乃・藤城明子)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について