同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 雨の中リーグ戦2勝目!:アーチェリー部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
関カレ開幕!
'19秋の展望「...
’19秋の展望「自転車競技部」
立命大戦で目標達成【陸上ホ...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
雨の中リーグ戦2勝目!:アーチェリー部
2019/04/14 HEAD LINE NEWS

第59回関西学生アーチェリーリーグ戦 (2019年4月14日)

4月14日に摂南大学寝屋川キャンパスレンジ(大阪府)にて行われた第59回関西学生アーチェリーリーグ戦。同志社は京都大学と対戦した。この日は森田(理工4)、杉田(商4)、大隅(社3)、光永(商3)、加藤(商3)、長田(理工3)、鈴木(文情2)、飯塚(商1)が出場し、グランドトータル5139-4919で勝利した。第1戦のスコアには届かなかったものの、危なげなく京大を下しリーグ戦通算成績を2勝とした。



的を狙うメンバーたち



チームに勢いを与えた森田



小雨の中、50㍍ラウンドが開始された。序盤でチームに良い流れをもたらしたのが主将の森田だった。60点に迫る高得点を叩き出し、「自分でもびっくりするくらいいいスタートを切れた」。その後は「自分の中でためらう部分があった」と波に乗り切れなかったものの、第1戦を超える309点で前半戦を終えた。



構える大隅



リーグ初戦の杉田



「先週より調子が悪かった」と語った大隅だったが、堅実な行射で全てのスコアを50点台に乗せ、チームに貢献。光永は落ち着いたプレーで大隅と1点差に迫る318点となった。中盤のミスショットについては「調子的には良かったけど、1本の大きなミスがあった」と振り返った。本試合がリーグ初戦となった杉田も安定感を見せ315点と好発進を切り、全体スコア2438-2273で折り返した。



笑顔を見せる光永



リーグ戦初出場の鈴木



1年生ながらメンバー入りの飯塚



会場には同志社の応援が響き渡る。30㍍ラウンドでは多くの選手が30金、60金を叩き出す展開となった。「50㍍で落ち込んだところを30㍍で改善できた」と語る森田は50点台後半のスコアを連発し目標としていた650点を達成。トータルスコア667で同志社勢トップに立った光永は「先週より自信を持って打つことが出来て、良い試合が出来た」と振り返り、全国トップレベルの高得点である680点を見据えた。「チームの中では絶対1位を取りたかった」と語った大隅は光永に次ぐ666点をマーク。悔しさをにじませながら「もったいないミスが積み重なった」と分析し更なるレベルアップを誓った。リーグ戦初出場の期待のルーキー・鈴木と飯塚も緊張感の中健闘を見せ、京大に快勝した。



得点を発表しあうメンバーたち



高い集中力を要する競技であるアーチェリー。雨の中での試合は困難であるように思われた。しかし、コンディションが悪い中第1戦での課題を改善し結果へと繋げた。誰かが点数を落としたら、誰かが点数を上げるというチーム力の強さを見せつけた同志社らしい試合だった。本試合での収穫を糧に、第3戦も勝利へ突き進んでほしい。(井代奈那子)



以下詳細成績(50㍍トータル/30㍍トータル/グランドトータル)

1的 森田博大 309/342/651

2的 鈴木惠一朗 285/315/600

3的 大隅一樹 319/347/666

4的 飯塚健斗 291/327/618

5的 光永嶺 318/349/667

6的 加藤大宙 311/337/648

7的 長田來土 290/340/630

8的 杉田慎吾 315/344/659

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について