同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > リーグ戦初勝利!:バレーボール部
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
'19ルーキー特...
'19ルーキー特...
長い戦いの末、全国ベスト1...
38年ぶり!上岡・三輪ペア...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リーグ戦初勝利!:バレーボール部
2019/04/15 HEAD LINE NEWS

関西大学バレーボール連盟男子1部春季リーグ戦 (2019年4月14日)

関西大学バレーボール部連盟春季リーグ男子1部春季リーグ戦 (2019年4月14日)

4月14日に立命館大学いばらきキャンパスで関西大学バレーボール連盟男子1部春季リーグ戦第3節が行われた。びわこ成蹊スポーツ大学を相手に、セットカウント3-0で勝利し、リーグ戦初勝利を飾った。


第一セットは終始同志社のペースだった。序盤で早くも4連続で得点し、たまらずびわこ大は一回目のタイムアウトを取った(7-2)。だが同志社の勢いは止まらない。相手のスパイクミスと西村(経2)のブロックアウトで点を繋ぐと、主将梅原が一枚ブロックで相手のスパイクをシャットアウト。「自分が止めるとチームが盛り上がる」(梅原)という言葉通り、同志社ベンチはこれ以上ない盛り上がりを見せた。さらに畳みかけるように藤谷(理工4)が冷静にサーブを前に落とし、合計9連続得点となった。勢いは最後まで止まらず、第一セットは大差で同志社が勝ち取った(25-11)。


相手エースのスパイクを叩き落とす梅原(心4)


最高の雰囲気で迎えた第二セット。後半まで最低でも2点は点差が開いた状態が続いた(19-15)。ここでびわこ大が執念を見せ、1点差まで追い上げた(20-19)。次の一点を巡るラリーは長いものとなった。リーグ初戦の対大商大戦では似たような状況での長いラリーを落とし、流れを相手に渡してしまった。不安が頭をよぎる。だが今日の同志社は違った。相手のスパイクを拾い、何度目かのチャンスが巡ってきた。セッター梅原はエース金光にラストボールを託した。「決めてやろうというよりも決まるという確信があった」(金光)。上体をひねりながら相手ブロックの指を狙い放ったスパイクはコート外まで弾き飛んだ(21-19)。正念場を乗り越えた同志社はそのまま得点を重ね、25-21で第二セットを取った。


今試合13得点と活躍した金光(商4)


このまま第3セットも取ってしまいたい同志社。柴田(文情1)のスパイクや伴(商1)のブロックで勢いに乗ると(13-9)、金光・藤谷も次々とアタックを決めた。するとびわこ大に焦りが出たのか立て続けにミスが続き大きく点差が開いた(21-14)。最後は田中が途中出場ながら3点目のAクイックを決め、試合終了(25-20)。びわこ大にストレート勝ちを果たした。


スパイクを打つ田中(法4)


3戦目にしての初勝利に主将梅原は「やっとかー、という感じです」と安心した表情を見せた。一方で試合内容については「自分達が練習でやってきたことはまだ出しきれていない」(梅原)と振り返り、気を引き締めた。今日の勝利をバネにし、これからもチームの完成を目指していく。(中川海太)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について