同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > リーグ優勝!いざ全国へ!:軟式野球部
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
'19ルーキー特...
長い戦いの末、全国ベスト1...
38年ぶり!上岡・三輪ペア...
‛19ルーキー特集:奥野義...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リーグ優勝!いざ全国へ!:軟式野球部
2019/04/17 HEAD LINE NEWS
立命大0000001003----4
同志社0000010005----6

関西六大学軟式野球春季リーグ戦 (2019年4月16日)

4月16日に古曽部球場(大阪府)にて、関西六大学軟式野球春季リーグ戦第9戦が行われた。同志社は立命大を相手に激戦を繰り広げ、延長10回タイブレークでサヨナラ勝ちをおさめた。これによりリーグ優勝が決定、全国大会への切符を手にした。


8勝無敗で迎えた今試合は、勝てばリーグ優勝が決まる大一番。相手は毎年優勝争いを繰り広げている宿敵・立命大だった。同志社は3年連続立命大に優勝を阻まれ全国出場を逃している。「先輩たちの悔しい思いを引き継いで、全国に行きたい(主将・平井 商3)」と意気込んで始まった春季リーグ戦、ついに決戦の時が来た。



円陣を組むナイン達と、駆けつけた応援団



先発するはエース・木崎(商3)。力のあるストレートと緩急のある変化球を操る本格派右腕だ。初回こそ出塁を許すも、2回以降は調子を上げて12人連続斬り。気迫溢れる投球で、立命打線を黙らせた。


一方の攻撃は、相手投手に苦しめられた。出塁はするものの、堅い守備の前にあと一本が出ない。スコアボードにはゼロが並び、両者無得点で前半戦を終えた。


10奪三振、気迫の投球を見せた



グラウンド整備を挟んだ6回裏、試合が動いた。先頭・楠元(社3)がフルカウントから四球を選んで出塁すると、盗塁に成功。さらに相手捕手がボールを逸らした間に進塁し、無死三塁とする。続く太田(法3)がセンターへ犠牲フライを放ち、待望の先制点を得た。


しかし、立命大はやはり宿敵だった。7回表、先頭打者が放った打球はレフトへ。フェンスを越えホームランとなった。先制の喜びも束の間、試合はすぐさま振り出しに戻された。



先制点に湧くベンチ



実力が拮抗したチーム同士の戦いは、予想通り1点が試合の鍵を握る緊迫した展開となった。「緊張切らした方が負けるぞ。」とベンチからは声がとんだ。


木崎がさらにギアを上げて力投を続け、同点のまま迎えた9回裏の攻撃。松井塁(商4)、川端(政策2)が連打で出塁すると、天内(法3)が四球を選んで1死満塁の好機を作った。だが、立命大も意地を見せる。後続が内野フライと三振に倒れて得点ならず。試合は、延長戦に突入した。


延長戦は無死満塁からのタイブレークで行われる。10回表、先頭打者に四球を与えて押し出しで1点を許す。さらに2死二、三塁でレフトへ2点タイムリーを放たれた。「やってしまったと思った(木崎)」。土壇場で3点の勝ち越しを許した。


嫌な流れが漂うかと思われた。しかし、同志社の士気はさらに上がった。「立命が3点取れるなら俺らも3点取れる。」ここまでのリーグ8戦で成長したチーム力、実力を発揮する。


無死満塁の状況から、先頭・楠元が「決めてくるわ。」とベンチに言い残して打席に立った。思い切り振ろう、とスイングし捉えた打球はライトへ。走者は2人生還し、宣言通りの2点タイムリーとなった。盛り上がる同志社陣営、点差は1点。


次打者は1番・太田。「後にいいバッターがいるから気楽に打席に立てた。」と冷静に1球目のボールを見逃す。皆が祈り見つめる中、2球目を振り抜いた。「いった、と思った」。打球は大きな弧を描き、ライトのフェンスを越えて消えていった。塁審が手を回してホームランを宣告。逆転サヨナラスリーラン。太田はガッツポーズを見せ、ベースを回った。「こんなことは今までの野球人生になかった」。ホームではナインが待ち受け、ヒーロー太田を迎え入れた。



ヒーロー太田を迎え入れる



抱き合う太田と木崎



試合終了、延長10回でサヨナラ勝ち。念願の優勝を手にした同志社ナインの目からは嬉し涙が溢れた。「みんなに助けてもらった。チームっていいもんだな(木崎)」。「みんなのおかげで優勝できた(平井)」。最後まで諦めない姿勢、どんな時でも盛り上げるチーム力に、勝利の女神は微笑んだ。駆け抜けたリーグ戦も残すは1戦。全勝で全国大会へ臨むため、最後まで戦い抜く。(文:犬飼静香、撮影:竹山麗奈)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について