同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 打線振るわず、勝ち点持ち越し:硬式野球部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
悔しさ滲む、まさかの敗北
笹尾組 涙のVで1部残留
第1回 時國隼輔
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
打線振るわず、勝ち点持ち越し:硬式野球部
2019/04/21 HEAD LINE NEWS
同大000000000-----0
関大00000201-----3

関西学生野球連盟春季リーグ戦 (2019年4月21日)

421日にほっともっとフィールド神戸(兵庫県)にて行われた関西学生野球連盟春季リーグ第2節対関大2回戦、同志社は0-3で敗北した。今季初の勝ち点に王手をかけ挑むも、好投手・高野を前に打線が振るわず完封負けを喫した。

 

4回に好守備を見せチームの士気をあげた杉内(法4)

1回表、同志社の攻撃はこの日も今季打率・384と絶好調の小川晃(3)から始まる。

先制しゲームを優位に進めたいところであったが、先発・高野(関大)を打ち崩せず、三者凡退に終わった。

代わって、同志社の先発は溝田(スポ4)。「(立ち上がりは)テンポよく投げられたし、カットボールが良くスプリットもよかった」(溝田)。こちらも高野に劣らず、変化球を駆使した投球で関大打線を三者凡退に抑える。

4回には主将・杉内が難しいバウンドを上手く処理し、アウトに仕留めるなど守備陣も奮闘する。同志社・関大とも一進一退の攻防を繰り広げるも、両先発が力投を続け同点のまま前半戦を終えた。

 

監督から助言をもらう溝田・栗林(スポ3)

6回表、溝田の好投に応えたい同志社打線は、杉内が出塁し先制のチャンスを作る。

打席に入るのは、対近大一回戦で試合を決定づける一振りを放った松本(スポ4)

杉内がつくったチャンスをものにしたい松本

2ストライク2ボールからの5球目、松本の打球は前に転がるもサードゴロに終わり、1点が奪えない。

その裏、焦りが見え始めた同志社に関大打線が襲いかかる。

この回の先頭打者に左安打を許すと、さらに四球と安打で満塁のピンチを迎える。

これまで好投を続けてきた溝田であったが、相手の四番打者に見事に捉えられ、2点タイムリーヒットを喫した。

 

今試合好投を見せた溝田

反撃の糸口を掴みたい同志社打線は、8回にノーアウトから本間が四球で出塁するも後続が倒れ、得点に結びつけることができない。

さらに、1点を追加された同志社は0-3で敗北を喫した。最後まで、相手投手・高野を攻略できなかった同志社打線は今季の平均得点が2点を下回る沈黙ぶりだ。

 「明日はどんな形でもいいと思うんで、全員総力戦で相手の気合を上回ります」(杉内)

連日好投を見せる投手陣に加え、打線が火を噴くか明日の大一番に期待がかかる。

(文責:川瀬 蒼、撮影:佐々木太一)

スタメン

 

(一)小川晃

 

(二)工藤(文4)

 

(三)杉内

 

(四)松本(スポ4)

 

(五)片岡(経3)

 

(六)栗林(スポ3)

 

(七)四川(社3)

 

(八)本間(スポ3)

 

(九)溝田

 

バッテリー


 溝田、村居(スポ4)、西村(法2)ー栗林

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について