同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 圧勝スタートも:バスケットボール部
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
'19ルーキー特...
長い戦いの末、全国ベスト1...
38年ぶり!上岡・三輪ペア...
‛19ルーキー特集:奥野義...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
圧勝スタートも:バスケットボール部
2019/04/22 HEAD LINE NEWS

関西学生バスケットボール選手権大会 (2019年4月21日)

4月21日に立命館大学びわこ・くさつキャンパス(滋賀県)で行なわれた第90回関西学生バスケットボール選手権大会2回戦、対追手門学院大。99―59で勝利を収め、3回戦に進出した。

今季初となる公式戦、主将・田邉(商4)が怪我で不在の状況で始まった。第1Q、古村(商4)が開始8分で9点を決める活躍を見せ、リードを広げる。流れに乗り第1Qを8点リードで終えた。(23-15)相手の粘りで中々点数が離れない展開が続いた。試合が動いたのは第3Q。ディフェンスが機能し始め、ターンオーバーを誘発する。そのまま、速攻を連発し、第3Q,残り30秒で20点リードとなった。(61-40)そのまま勢いに乗り、点差を広げて試合を終えた。(99-59)


試合開始


活躍の古村

試合内容は良くなかった。「チームとして戦えなかった。」(加賀美HC)ディフェンスではヘルプの部分が上手くいかず、個人でのディフェンスになっていた。リバウンドも取られる場面が多く存在していた。


タイムアウト後の様子


次の相手は神戸大だ。今日の内容で挑んだら負ける可能性もある相手である。試合までの1週間、出てきた改善をし、一層引き締めていかないといけない。(文籍:宇佐美義人、写真:岡本莉奈)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について