同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 20人でつかんだサヨナラ勝ち:硬式野球部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
2大会連続準V果たす!
新チームで大健闘
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
20人でつかんだサヨナラ勝ち:硬式野球部
2019/04/22 HEAD LINE NEWS
関学110000000-----2
同大00001000-----3

関西学生野球連盟春季リーグ戦 (2019年4月22日)

 4月22日にほっともっとフィールド神戸にて行われた関西学生野球春季リーグ第3節対関大3回戦、同志社は3-2で勝利した。序盤に先制されるも継投策で粘りを見せた。最終回1点ビハインドの場面で2点を獲得しサヨナラ勝ち。3回戦までもつれた関大戦は嬉しい幕切れとなった。


初回から関大にペースを握られた。先発仲野(法3)が初回、二回と点数を許してしまう。初回は先頭打者に右二塁打を許し、犠牲フライで簡単に先制点を献上。二回は四球で出したランナーに盗塁と失策で進塁され、犠牲フライで1点。流れをこちらに引き寄せるべく、なんとか反撃したいが相手投手肥後(関大)を攻略できない。

なんとしてでも勝ちたい同志社。その思いから奮闘する。4回から仲野に代わりマウンドへ道端(法1)が立つ。4、5回を3人で抑えチームにいいリズムを与える。「道端がテンポよく抑えてくれて流れがよくなった」。(澁谷監督)リリーフとして完璧な仕事をした道端を指揮官は高く評価した。

テンポよく打者6人を打ち取った道端

反撃の兆しが現れたのは5回。先頭の四川(社3)が右安打で出塁する。続く本間(スポ3)、足立(商4)の内野ゴロの間に塁を進め2死三塁となる。続く小川晃(商3)がセンターの頭上を越えるタイムリーツーベースを放ち、1点差に詰め寄る。第1節から好調な男が今日も結果を残した。

6、7回を任された髙橋(経2)も存在感を見せる。1回戦でチームを勝利に導いた速球で打者6人3奪三振。先発でも中継ぎでも頼りになる男だ。8、9回を任されたのは西村(法2)。速球派の髙橋とは一転、くせ球で西村は勝負する。8回を難なく抑え最終回のマウンドへ。1死一、二塁を背負い打席には前日2安打を放っている5番倉川(関大)。「自分はピンチに強いっちゃ強い」(西村)という言葉通り二ゴロに打ち取る。9回表終了時点でスコアは2-1、十分に逆転が狙える点差で最後の攻撃となった。


先頭打者の城下(法2)がレフトへ見事なヒットを放つ。続くはこの日当たっている7番四川。「来た球を思いっきり打とう」とバットを握る手に力を込める。結果は同点に追いつくタイムリーツーベースとなる。8番本間が敬遠、力投をした西村に代わり打席へ向かうは堀北(法1)。相手バッテリーのミスでランナー二、三塁。ツーストライクとなり振り抜いた5球目。犠牲フライとなり、サードランナーが生還。サヨナラ勝ちとなった。

 サヨナラ勝ちの流れを作った城下

ホームインの瞬間

喜びを爆発させる選手たち 

今日の試合は総力戦で挑んだ。粘り強く3点目を与えなかった投手陣、最終回で試合をひっくり返した打者陣。今季初の勝ち点を最高の形で獲得した。この勢いのまま第5節も勝ち点をつかみたい。

(文責:小田村克哉)

(撮影:大石きらり、岡本莉奈、水納愛美)


スタメン

(一)小川晃


(二)山内


(三)杉内


(四)松本


(五)片岡


(六)栗林


(七)四川


(八)本間


(九)仲野


バッテリー


仲野、道端、髙橋、西村ー栗林(スポ3)、城下

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について