同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 苦しみながらも見せた逆転劇:サッカー部
関西大学ラグビーAリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
'19夏の展望「...
岡山大に6点差で圧勝
夏合宿最終戦、勝利で飾れず
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
苦しみながらも見せた逆転劇:サッカー部
2019/05/03 HEAD LINE NEWS

関西学生サッカーリーグ2部A (2019年5月3日)

5月3日、京都先端大学人工芝グラウンドにて行われた関西学生サッカー2部Aリーグ第6節vs姫路獨協大戦。同志社は2-1で勝利した。

 

スタメンにはCBに朴(スポ2)、インサイドハーフに小池晃(法3)LWGに東(神1)CFに角振(経4)が入り、先発デビューを飾った。


 スターティングイレブン


5連勝を目指し先制点を狙いに行った同志社は角振を起点に開始早々から姫路獨協大ディフェンスを攻め立てる。決定機を2度3度作るもいずれも決められないでいると試合は均衡状態に。そのままスコアレスで前半を終える。

 

切り替えて後半に入りたい同志社だったがいきなり出鼻をくじかれる。50分、相手のゴールキックから自陣右サイドの裏に抜けられ欲しかった先制点を取られてしまう。しかしここで下を向く選手はいなかった。後半開始と同時に代わった長谷川(生命3)が攻撃を牽引。幾度となくチャンスを作ると、77分ついにスコアが動く。左サイドを突破した長谷川が切り替えし、右足でクロスをあげると後半からCFに入っていた東が頭で合わせ同点に。勢いに乗る同志社は攻撃の手を緩めない。80分にCKを得ると長谷川がファーで合わせ値千金の逆転ゴールを決める。守っては西中(政策4)を中心に気持ちのこもったディフェンスで跳ね返し続け試合を締めた。


同点弾を決めた東


途中出場ながら1得点1アシストの長谷川 


チームを鼓舞し続けた西中


この直近2試合はターンオーバーという形で新しい選手を使いつつ、連勝を伸ばしてきた。今節、昇格を争う大院大が負けたため首位になった同志社。次の試合は中1日で迎える。相手は去年同志社と同時に降格した甲南大だ。「疲れもあるし、しんどい試合になると思いますけど、チーム力で勝てることをこの2試合で証明できたと思うんでチーム全員で勝利を勝ち取りたい。」と西中は意気込む。連戦最後の試合にして迎えるビックゲーム。甲南大も打ち破り、優勝へとひた走る。

(文責:久保孝太 写真:内藤界)

同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について