同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > まさかの逆転負け:バスケットボール部
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
悔い残るも課題見えた
2連勝の裏に見えた課題[J...
2019年度秋季リーグ開幕...
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
まさかの逆転負け:バスケットボール部
2019/05/03 HEAD LINE NEWS

関西学生バスケットボール選手権大会 (2019年4月28日)

4月28日に近畿大学記念会館にて行われた、第90回関西学生バスケットボール選手権大会本選トーナメント1回戦。同志社は流通科学大と対戦し、67-71で惜敗。ベスト8進出とはならなかった。


試合開始。


第1Qは相手がオールコートマンツーマンでプレッシャーを与えるが、速攻や古村(商4)のミドルシュートで早々に流れをつかむ。終始勢いは止まらず、同志社25-12流通科学大で第1Qを終える。


第2Qは田邊(商4)のバスケットカウントから始まる。相手のスリーが連続で決まるも、動じることなく同志社の攻撃は続く。中盤まで古村・田邊のインサイドコンビを中心に得点を重ねる。流れに乗ったままの同志社はアーリーオフェンスで攻め立て、更に相手を突き離す。同志社リードで前半終了。(43-31)


主将・田邊のシュート。


後半戦も同志社が中盤まで20点リードをキープ。しかし状況は終盤に差し掛かり一変した。ターンオーバーからの失点が重なり、10点差にまで詰め寄られる。追い上げを見せる相手に油断できないまま、第3Q終了。勝負は第4Qに託された。(61-51)


迎えた第4Q。逃げ切りたい同志社とは裏腹に相手がスリーを次々とリングに沈め、開始6分、ついに同点となる。緊迫した雰囲気の中、野坂(法2)のスリーが決まり再びリード(67-64)。このまま盛り返しを図りたいところだったが、ゾーンディフェンスを崩すことができず追加点が決まらない。残り1分半、勢いづいた相手のスリーで逆転される。さらに追加点を許し、試合終了。逆転負けを喫した。


試合終了直後の選手たち。


前半、同志社のペースでゲームメイクし大幅リードしていただけに、悔しい結果となった。「後半、向こうがゾーンディフェンスを敷いた時にうちが勝ってるのに後手に回ったのがミスを生んだ原因になって、チームとしてそれを修正できなかった」と田邊は敗因を語った。


また、「練習メニューとか練習強度に慣れてきたところがあって、その点が試合結果につながった」と大会前の練習の雰囲気を振り返り、「チームとしては練習の雰囲気、取り組みから変えていこうと話し合った」と田邊は明かした。

様々な課題が明確になった今大会。惜敗の悔しさを胸に、チームはまた次の西日本選手権に向け歩み始めた。(文責・岡本莉奈 撮影・内藤界)


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について