同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ヘッドライン > 2連勝で勝ち点獲得ならず:硬式野球部
関西大学ラグビーAリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
'19夏の展望「...
岡山大に6点差で圧勝
夏合宿最終戦、勝利で飾れず
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2連勝で勝ち点獲得ならず:硬式野球部
2019/05/06 HEAD LINE NEWS
同志社001000001-----2
関学大00130000×-----4

関西学生野球連盟春季リーグ戦 (2019年5月6日)

5月6日にほっともっとフィールド神戸(兵庫県)にて行われた関西学生野球春季リーグ第5節対関学大2回戦。同志社は4-2で敗北を喫した。ピンチで溝田(スポ4)が踏みとどまれず、4失点。チャンスであと一本が出ていれば、十分に勝てる試合であった。



序盤は好投を見せた


初回は無得点に終わったが、工藤(文4)の好走塁もあっていい形でチャンスを作った。同志社の先発はエース溝田。難なく3人で抑え、攻撃に流れを引き寄せる。試合が動いたのは三回表。先頭の溝田が自らを援護するように、痛烈な二塁打を放つ。続く小川晃(商3)がバントを決め、1死三塁とする。工藤が三振に倒れ、迎えるは主将杉内(法4)の打席。「最初の1点を大事にしていくと言っていたので、1点取れたのは良かった」(杉内)。ライトにタイムリーヒットを打ち、先制点を挙げた。



先制の一打を放った杉内



その裏、突如として溝田の制球が乱れる。「点をやってはいけないとか色々考えすぎた」(溝田)。3連続で四球を出し、無死満塁にしてしまう。踏ん張りたいところだったが、杉内の野選で同点に追いつかれる。4回には連打を浴び、立て続けに得点を許す。追加点を防ぐためにここで難波(社4)がマウンドに上がる。後続を打ち取り、救援としての役割を果たす。5回にも得点圏にランナーを進めたが、得点は入らず。6回以降もチャンスを作るが、得点に繋がらない。苦しい状況の中、中継ぎ陣が奮闘する。6回まで難波が無失点に抑え、7回から西村(法2)がマウンドへ。追加点を与えず、チームに勢いをもたらす。



度重なるピンチを凌いだ難波



3点差を追う最終回。代打城下(法2)が四球で出塁し、代わった河内(政策2)が盗塁を決める。続く代打杉森(法1)が三振し、2死二塁で迎える打者は小川晃。ライトに上手く弾き返し、1点を返す。2番工藤もヒットでチャンスを広げる。



9回に一矢報いた小川晃



「ここでの一本はどういった形であれ繋がないといけなかった」(杉内)。杉内が遊ゴロに打ち取られ、試合終了。2戦で勝ち点獲得とはならなかった。たとえ投手が0点に抑えても、得点を決めなければ勝つことは出来ない。ただチームが勝つために泥臭く出塁する。綺麗なヒットは必要ない。貪欲に明日の勝利を掴みに行く。(文責:佐々木太一、撮影:水納愛美、岡本莉奈、大石きらり、宇藤誌峰)


スタメン

(一)小川晃

(二)工藤

(三)杉内

(四)松本(スポ4)

(五)片岡(経3)

(六)栗林(スポ3)

(七)四川(社3)

(八)本間(スポ3)

(九)溝田


バッテリー

溝田、難波、西村、-栗林


同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について